WiMAX比較!WiMAXおすすめキャンペーン プロバイダを比較


WiMAX ギガ放題 実質月額料金の比較


「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 月額料金 比較  2019年12月6日
36カ月の平均月額料金 キャッシュバックを受取失敗したときの平均月額料金 キャッシュバック金額 公式サイト
No1 GMO 2年 2,789円 4,208円 34,050円 サービス終了
No2 ソネット 3,380円 0円 公式サイトへGo!
No3 GMO 3,198円 4,226円 37,100円 公式サイトへGo!
No4 Broad WiMAX 3,572円 0円 公式サイトへGo!
No5 DTI WiMAX 3,518円 0円 公式サイトへGo!
BIGLOBE 3,508円 4,341円 30,000円 公式サイトへGo!
UQ WiMAX 4,018円 4,380円 13,000円 公式サイトへGo!
nifty 3,365円 4,198円 30,000円 公式サイトへGo!
カシモWiMAX 3,723円 0円 公式サイトへGo!
Wi2ワイワイ君全プロバイダーを表示する

注意)キャッシュバック、月額料金だけで比較、判断すると、故障の補償やその他のオプションサービスで泣く可能性があるので、金額だけでなくサービス全体を見て判断するのがポイントです。
ギガ放題 平均月額料金 出方算法の説明

36カ月の平均月額料金の出方算法は、GMO ギガ放題 3年 キャッシュバック 42,000を例にすると、以下のような計算式で算出しています

  • 1~2カ月 3,609円/月額 × 2カ月 = 7,218円
  • 3~24カ月 4,263円/月額 × 22カ月 = 93,786円
  • 25~36カ月 4,263円/月額 × 12カ月 = 51,156円
  • 7,218円 + 93,786円 + 51,156円 -(マイナス) 42,000円 = 115,060円
合計 115,060円 ÷ 36カ月 = 3,060円

実質月額 3,060円
例)「1カ月目は980円~」と言ったような広告をよく見ますが、実際は「2カ月目以降4,180円」といったような価格で、「消費者センターに訴えたるぅ~」と思うような表記が多いのが、WiMAX 2+に限らずスマホやポケットWiFiです。

このサイトでは、ギガ放題の実質月額がいくらなのかキッチリ計算比較して、安くて信用の高いプロバイダを推奨しています!

WiMAXの比較の基本 4ステップ

WiMAXの比較、選択の前に、「WiMAXはどのプロバイダでも速度、接続エリア、性能に差はでない」という前提条件を覚えてください。

納得のできるWiMAXの契約をするには、4ステップの比較、選択でできます。
Wi2ワイワイ君WiMAXは2017年12月段階で28,154,100ユーザーを(契約件数)を超えました。これは、ドコモ、au、SoftBankに次ぐ契約件数です。

日本国民の総数は、1億2700万人ですので、日本人の約5人に1人がWiMAXを使用していることになります。

Wi2ワイワイ君WiMAXはどのプロバイダでも速度、接続エリア、性能に差はでません。

WiMAXはUQ WiMAX、ソネット、GMO、BIGLOBE など、どのプロバイダ(MVNO)を選んでも速度、速度制限、接続エリアなど性能に差はでません。

これは契約先(プロバイダ)が異なるだけで、実際に使っている回線はUQ コミュニケーションズの提供するUQ WiMAXの回線をすべての事業者が使っているからです。

WiMAXはUQ コミュニケーションズが、回線、基地局、機器などすべてを運営、管理しています。

UQ WiMAXの再販事業者としてプロバイダが存在しているだけで、どの契約先(プロバイダ)のWiMAXも、実際の運営、管理はUQ コミュニケーションズが UQ WiMAXと同様に、回線、基地局、機器を運営、管理しているので、速度、接続エリア、性能は完全に同じです。


Wi2ワイワイ君STEP1  ギガ放題 VS 上限7ギガ
まず、WiMAXには「ギガ放題」と「上限7ギガ」の契約がありますが、月間100ギガは使える「ギガ放題」を9割以上の人が選んでいます。安価で大量の通信が可能なのは、WiMAXの「ギガ放題」だけです。


Wi2ワイワイ君STEP2  キャッシュバック VS ギガ放題 月額料金そのものを割引
以前の割引方法は「キャッシュバック」だけでしたが、最近では、ギガ放題 月額料金そのものが安く、高額のキャッシュバックと比較しても引けを取らない割引額のソネットやブロードワイマックスなどのプロバイダの人気があります。

キャッシュバックの受取方法は各社バラバラで、難易度が高いプロバイダから、親切なプロバイダまで様々、キャッシュバックの受け取り忘れもかなりいるようです。

いずれにしてもキャッシュバックを受け取るまで様々な手続きが必要で「わずらわしいさ」があり、ギガ放題 月額料金そのものを割引には、それがありません。

「キャッシュバック」か「ギガ放題 月額料金そのものを割引」か十分に比較検討して、選択してください。


Wi2ワイワイ君STEP3  プロバイダーのアフターサービス、オプションサービスのチェック

無料、有料サービスが充実しているか?まったく無いか?でWiMAXライフも大きく変わってきますので、十分に比較し選択する必要があります。

例えば、アフターサービス、オプションサービスの充実したソネットでは、

  • 電話やネットでWiMAX 2+ルーター設定やPCの設定の相談が1年間無料
  • WiMAXルーターの自然故障、落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没などのトラブルの際に、無料で修理または交換が1年間無料
  • セキュリティソフトのカスペルスキーが1年間無料
で、合計12,600(税抜)のオプションサービスを無料で受けられることになります。

「22カ月目以降は機種変更0円で最新機種に変更可能」、「auスマホ料金が月1,000円割引」など様々なサービスが無料で受けられます。


Wi2ワイワイ君STEP4  WiMAXルーター(機種)選び

WiMAXルーターは、現在、2019年1月に発売された最高性能のW06、日本製のWX05、据え置き型のHOME02、HOME02があります。

WiMAXルーターを持ち運ぶ人は、W06、WX05が候補ですが、性能面から見てW06が圧倒的ですのでW06以外の選択肢はないです。

据え置き型をお考えの方は、据え置き型の決定的な弱点でバッテリーを搭載していないので、停電のとき通信が遮断されてしまい、停電が復旧してもWiMAXルーターを再起動するなど面倒な作業があるます。

W06は携帯用の開発されており、当然バッテリーが搭載されていますので、性能も優れたW06をオススメします。
ちょっとずるいプロバイダに注意
初期費用は、UQ WiMAXを含め、どのプロバイダも通常ゼロ円です(初期費用という項目はそもそもないです ※auのみ例外)

事務手数料は、各社3000円を設定しているところが大半です。

auのみ初期費用を18,857円徴収していますが、他のプロバイダでは、キャッシュバックと間違えやすいような方法で初期費用18,857円割引と宣伝しているプロバイダがあり注意が必要です(Broad WiMAXなど)。

例)Broad WiMAXは他のプロバイダが無料の初期費用を、初期費用18,857円割引キャンペーンといった言ったケースで広告しているので注意が必要です。

「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 支払総額 比較  2019年12月6日
36カ月の支払総額 キャッシュバックを受取失敗したときの支払総額 キャッシュバック金額 公式サイト
No1 GMO 2年 66,954円 101,004円 34,050円 サービス終了
No2 ソネット 121,680円 0円 公式サイトへGo!
No3 GMO 115,060円 152,160円 37,100円 公式サイトへGo!
No4 Broad WiMAX 128,626円 0円 公式サイトへGo!
No5 DTI WiMAX 126,670円 0円 公式サイトへGo!
BIGLOBE 126,310円 156,310円 30,000円 公式サイトへGo!
UQ WiMAX 144,680円 157,680円 13,000円 公式サイトへGo!
nifty 121,140円 151,140円 30,000円 公式サイトへGo!
カシモWiMAX 134,048円 0円 公式サイトへGo!
3WiMAX 廃止 廃止 廃止

「Flat ツープラス ギガ放題2年)」プラン 月額料金 比較  2019年12月6日
24カ月の平均月額料金 キャッシュバックを受取失敗したときの平均月額料金 キャッシュバック金額 公式サイト
UQ WiMAX 3,963円 4,380円 13,000円 公式サイトへGo!
「Flat ツープラス ギガ放題2年)」プラン 支払総額 比較  2019年12月6日
24カ月の支払総額 キャッシュバックを受取失敗したときの支払総額 キャッシュバック金額 公式サイト
UQ WiMAX 95,120円 105,120円 13,000円 公式サイトへGo!
Wi2ワイワイ君自己紹介。通称「ボケ」です。

ネットワークスペシャリストの国家資格を保有しています。

コンピュータとの付き合いは、30年くらいで、SE30歳説のとおり現役を引退し、ノンビリと余生を過ごしています。サイトは趣味と実益を兼ねて運営しています。

WiMAXやその他モバイル通信をご検討中の方にお伝えしたいのは、いろいろな比較サイトがありますが、本当にWiMAXの通信方式や技術が理解できて、そのうえでWiMAXのメリット、デメリットを紹介しているのか?否かというところです。

WiMAXにはメリット、デメリット両方あります。LTEと比較した場合、電波の周波数帯域や基地局の整備、端末の性能など、優れている点、顕著に劣っている点があり、予算次第では、WiMAXはベストな選択にならないケースもあります。

このサイトでは、価格だけではなく、WiMAXの本来の価値を解りやすく通信のプロフェッショナルから見た観点で伝えていきます。


WiMAX 比較 キャンペーン


  • WiMAX 比較 第1位 ソネット So-net ギガ放題 36カ月 月額固定 3,380円 ギガ放題がキャッシュバックなしでも安い! 2019年12月6日

    WiMAX 比較 第1位 ソネット So-net

    ソネット ロゴ  親会社がソニーのソネットは会員数は200万人以上の大手プロバイダです。

    ソネットを第1位に押す理由は、ギガ放題の月額料金が36カ月固定3,380の驚異的な月額固定料金を実現しているところと、便利無料サービスの豊富さです。

    キャッシュバックがなくても、合計36,000のキャッシュバックに相当する割引をギガ放題 月額基本料金だけで実現しています。

    ソネットはWiMAXで最も安心して利用できるプロバイダー(MVNO)で、他のプロバイダと比較すると、

    • ギガ放題 月額固定料金が安い。キャッシュバックなしでも、ギガ放題 36カ月固定3,380という驚異的な安さ!

      合計36,000のキャッシュバックに相当する割引をギガ放題 月額基本料金だけで実現。
    • 電話やネットでWiMAX 2+ルーター設定やPCの設定を相談が1年間無料。
    • WiMAXルーターの自然故障、落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没などのトラブルの際に、無料で修理または交換が1年間無料。
    • セキュリティソフトのカスペルスキーが1年間無料。
    • 2年10カ月目以降は、機種変更0円で最新WiMAXルーターに変更可能。
    • auスマホ料金が月1,000円割引。
    などなど高品質で多彩な無料サービスは他のプロバイダと比較にならず、圧倒的なサポートを受けられます。

    1年間無料のオプションサービスを合計すると、12,600になり、ギガ放題 割引額と合わせると、39,960円で、キャッシュバックや基本料金の割引ばかりが目立ちますが、見えない部分での割引額としてはかなり大きいです。

    ギガ放題 月額固定3,380なので、キャッシュバックを受け取る必要もない!キャッシュバック受け取りのわずらわしさから解放されよう!


    ソネットWiMAXキャンペーンのアフターサービスがスゴイ!

    ソネットのアフターサービスは他のプロバイダと比較するとNo1のサポートと言っていいと思います。


    特に「So-net 安心サポート」の電話(21時まで)とリモートサポート(遠隔操作)、「So-net くらしのお守りワイド」、「2年10カ月目以降にはWiMAX 2+ の最新ルーターを無料でプレゼント!」は素晴らしいサービスです。

    「So-net 安心サポート」「セキュリティソフトのカスペルスキー」「So-net くらしのお守りワイド」は1年間無料で、合計すると12,600のオプションサービスが無料になります。1年目で止めても問題ありません。


    • ソネット ロゴ  「So-net 安心サポート」はインターネットやパソコンの疑問を電話サポート(9:00~21:00)、リモートサポートでも解決。

      初心者も安心して使えるサービスが1年間無料!

      WiMAX 2+ルーターの初期設定や、パソコンの通信設定も、電話で何度でも聞けるので、パソコンが苦手な人でも安心してWiMAX 2+を利用できます。

      詳しい説明 URL So-net 安心サポート

      ※ 1年後継続して「So-net 安心サポート」を利用する場合は300円/月の料金が発生します。1年で止めても問題ありません。
    • ソネット ロゴ  セキュリティソフトのカスペルスキー 500円/月が1年間無料!

      インストール可能台数 5台

      詳しい説明 URL ソネット カスペルスキー セキュリティ

      ※ 1年後継続して「カスペルスキー セキュリティ」を利用する場合は500円/月の料金が発生します。1年で止めても問題ありません。
    • ソネット ロゴ  「So-net くらしのお守りワイド」でWiMAX 2+ ルーターの機器保証サービス 450円/月が1年間無料!

      鍵のトラブル、水回りのトラブル、窓ガラスのトラブルサポートも付いてきます。

      詳しい説明 URL So-net くらしのお守りワイド

      ※ 1年後継続して「So-net くらしのお守りワイド」を利用する場合は450円/月の料金が発生します。1年で止めても問題ありません。
    • ソネット ロゴ  auスマホ料金が最大月1,000円割引。
    • ソネット ロゴ  申し込み日の翌日発送。機種が届いてからすぐに使える。
    • ソネット ロゴ  2年10カ月目以降にはWiMAX 2+ の最新ルーターを無料でプレゼント!

      2年10カ月も経つとWiMAX 2+の通信速度もかなり速くなっているはず。そんなとき、欲しいWiMAX 2+の最新ルーターを無料で貰えちゃうスッゴイサービスです。

      2年10カ月も待てないという人は、契約年数に応じて価格が安くなっていく仕組みで、有料で最新WiMAX 2+のルーターを購入できます。
    ソネットのキャンペーンは、

    受け取り難易度が高いキャッシュバック キャンペーンではなく、ギガ放題月額料金そのものが安いキャンペーンです。


    ソネットWiMAXキャンペーンのWiMAXルーター(WiMAX機種)はすべて無料!

    2年10カ月目以降は機種変更0円で最新機種に変更できる

    さらに、

    2年10カ月目以降は、機種変更0円で最新機種に変更できます。

    キャンペーンのキャッシュバックの受け取りの心配もなく、2年10カ月目以降には新機種をタダで貰える安心感はソネットだけです。



    W06、WX05、W05、HOME L02、HOME 01は無料です。

    WiMAXルーターの機種によって料金が変わることはありません。すべて無料です。

    「Flat ツープラス ギガ放題(3年)」プラン 月額料金内訳
    「クレードルセット」は、W06:クレードル自体がない、WX05:3,686円、W05:3,290円、WX04:0円 予備バッテリーもプレゼント です。

    クレードルはWiMAX端末を、ポンと置くだけで充電してくれる便利なやつです。

    充電をうっかり忘れる可能性も減るし、インテリア的にも配線がゴチャゴチャしないから、とても便利です。

    クレードルは購入必須アイテムですので、購入することをオススメします。

    ソネットWiMAXキャンペーン auスマホユーザーはauスマホ料金が月1,000円割引



    auスマホユーザーは、auスマートバリュー mineが適用されます。

    auピタットプランのスーパーカケホ/カケホで1GBまでは割引対象外、

    auピタットプランのスーパーカケホ/カケホで2GBまで、シンプルで1GB超~2GBまでは月500円割引、

    auピタットプランのスーパーカケホ/カケホ/シンプルで2GB超~20GBまで、auフラットプランは月1,000円割引になります。

    割引金額が大きいので、auユーザーはWiMAX 2+と合わせて使うと、すごくお得です。


    ソネットWiMAXキャンペーンの料金体系がスゴイ!

    WiMAXで最初にキャッシュバックを止めて、月額料金を大幅に下げたのがソネットです!

    他社も追随しましたがソネットとの違いは、ソネットは月額料金がずっと固定で3,380円。

    他社は最初は安く段々と月額料金がアップしていく変動制で、ギガ放題 月額料金 1,380円とかトンデモない安価な広告を見ますが、あれは後々料金がアップしていくので最終的には高額になってしまう落とし穴があります。

    WiMAXを使うなら、圧倒的にギガ放題がお得なのですが、ギガ放題とノーマルプラン(月間データ量が7GBまで)の月額の実質料金は以下のとおりです。

    ソネット 「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 月額料金内訳 2019年12月6日

    ソネット「Flat ツープラス ギガ放題(3年)」プラン 月額料金内訳

    「ハイスピードプラスエリアモード」利用時にオプション料 1,005円/月はかかりません。
    ソネット「Flat ツープラス ギガ放題(3年)」の月額料金は月額平均 3,380円は スゴク安い。

    キャッシュバックではなく、基本料金が安いので、キャッシュバックの受け取りの心配がない。絶対オススメ!


    ソネット 「Flat ツープラス(7ギガ 3年)」プラン 月額料金内訳 2019年12月6日

    「Flat ツープラス(3年)」プラン 月額料金内訳

    「ハイスピードプラスエリアモード」利用時にオプション料 1,005円/月はかかりません。
    ソネット「Flat ツープラス (3年)」の月額料金は月額平均 3,020円は普通よりちょっと安い。


    ソネットとGMOのWiMAXギガ放題 料金比較

    
    「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 月額料金 比較  2019年12月6日
    36カ月の平均月額料金 キャッシュバックを受取失敗したときの平均月額料金 キャッシュバック金額 公式サイト
    No2 ソネット 3,380円 0円 公式サイトへGo!
    No3 GMO 3,198円 4,226円 37,100円 公式サイトへGo!
    「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 支払総額 比較  2019年12月6日
    36カ月の支払総額 キャッシュバックを受取失敗したときの支払総額 キャッシュバック金額 公式サイト
    No2 ソネット 121,680円 0円 公式サイトへGo!
    No3 GMO 115,060円 152,160円 37,100円 公式サイトへGo!
    注意)キャッシュバック、月額料金だけで判断すると、故障の補償やその他のオプションサービスで泣く可能性があるので、金額だけでなくサービス全体を見て判断するのがポイントです。


    数字はバッチリあってます。

    ソネットとGMOの決定的な違いは、

    • ソネットはキャッシュバックを受け取る必要がなく、ギガ放題 月額基本料金が安い。
    • GMOは圧倒的なキャッシュバック金額でギガ放題 月額平均料金も安いのですが、キャッシュバックを受け取り忘れが怖い。
    単純にこの違いをどう見るかです。

    ソネット、GMOともにアフターサービス、オプションサービスは業界1、2位を争うレベルなので比較するのが難しいです。

    忘れがち、すっとぼけ、心配性な人はソネットをおすすめします!


    So-netとGMOのWiMAXアフターサービス、オプションサービスの比較

    So-net、GMOのアフターサービス、オプションサービスはWiMAXプロバイダ(MVNO)で1、2位を競う充実ぶりです。

    GMOは「電話サポート、リモートサポート(遠隔操作)」がなく、So-netは「WiFiスポット」はあるのですが使い物になりません。


    ソネット ロゴ  So-netは1年間無料のオプションサービスが3つ

    若干有利かなと思えるのはSo-netで、1年間無料のオプションサービスが3つあり

    • 「WiMAXルーターの自然故障、落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没などのトラブルの際に、無料で修理または交換。450円/月(税抜)
    • 「電話サポート、リモートサポート(遠隔操作)300円/月(税抜)」
    • 「セキュリティソフト(カスペルスキー)300円/月(税抜)」
    1年間無料です。

    1年間無料のオプションサービスは金額にすると、12,600円(税抜)になり、キャッシュバックや基本料金の割引ばかりが目立ちますが、見えない部分での割引額としてはかなり大きいです。

    特にうれしいのは、一番オプションサービスで必要なサービスの「WiMAXルーターの落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没と自分の責任で故障したケースでも、1年間無料」のところです。


    GMO ロゴ  GMOは1年間無料のオプションサービスが1つ

    GMOは
    • 「セキュリティソフト(マカフィーマルチアクセス)500円/月(税抜)」
    1年間無料です。


    GMOはWi2の1時間100円のオプションエリア、Wi2premium_club、Wi2premiumが無料

    特徴的なのは、GMOのWi2の1時間100円のオプションエリア、Wi2premium_club、Wi2premiumが無料、正確にはGMOポイントを利用して無料になっているところです。

    Wi2は全国20万カ所以上に接続ポイントのあるWiFiスポットサービスですが、高速で安定したWi2premium_club、Wi2premiumの有料エリアも多く便利ですがお金のかかるサービスです。

    ボケ(筆者)もWi2premium_clubは日常的に使っていますが非常に速く安定したサービスで気に入っています。


    GMOのおしいところ

    GMOのオプションサービスで残念なところは、「電話サポート、リモートサポート(遠隔操作)」がないところです。

    自分で何でもできる人には全く必要ないサービスですが、WiMAXの接続設定などに不安がある人にとってはありがたいサービスです。


    ソネットは、アフターサービス、オプションサービスともに穴がなく、サービスはとても充実しています。

    それ以外は、どちらもほとんど遜色ないサービスを展開しています。

    So-net、GMOのWiMAXアフターサービス、オプションサービスの比較表(税抜)
    So-net GMO
    WiMAXルーターの自然故障の際に、無料で修理または交換 450円/月
    1年間無料
    300円/月
    2カ月無料
    WiMAXルーターの自然故障、落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没などのトラブルの際に、無料で修理または交換 500円/月
    1カ月無料
    電話サポート、リモートサポート(遠隔操作)
    300円/月
    1年間無料

    毎月最初のご相談1件については、相談料金が無料。 2件目以降は1件につき1,200円の相談料金が発生。
    なし
    セキュリティソフト 300円/月
    1年間無料
    500円/月
    1年間無料
    WiMAXルーター機種変更 2年10カ月で無料 2年10カ月で無料
    auスマホ料金が最大月1,000円割引 あり あり
    WiMAXルーター発送日 申し込み日の翌日発送。 平日:15時30分まで、土・日・祝日:14時までの申し込みは即日発送。
    WiFiスポット
    362円/月

    BBモバイルポイント、フレッツスポットを利用可能。 注意 どちらもアクセスポイントが少ないので使えません。
    362円/月

    接続ポイント20万カ所以上のWi2が利用可能。1時間100円のオプションエリア、Wi2premium_club、Wi2premiumが無料。
    グローバルIP なし なし


  • WiMAX 比較 第2位 GMO キャッシュバックが37,100円が強烈! 2019年12月6日

    WiMAX 比較 第2位 GMO

    GMOとくとくBBは、とにかくキャッシュバック キャンペーンがスゴイく、常に他のプロバイダ(MVNO)と比較にならないWiMAX業界のNo1のキャッシュバックを実現しています。

    具体的には、他のプロバイダのキャッシュバックと比較し1円でも負けていれば、翌日には必ずキャッシュバックを値上げで対抗します。

    12月現在は、キャッシュバック最大で37,100円でキャッシュバック 業界No1。

    GMOのキャッシュバックは、W06、WX05、W05は本体のみで32,050円~37,100円

    W06はクレードルが存在しないので、本体のみで32,000円、 WX05は本体のみで32,000円、クレードル込みで29,000円、

    W05は本体のみで37,100円、クレードル込み33,100円で、

    卓上型のSpeed Wi-Fi HOME L02、WiMAX HOME 01が31,050のキャッシュバックなので、最新の携帯型WiMAX 2+ルーターは実質32,050円と考えてよいでしょう。


    W06とW05の違いは、デザインとハイスピードプラスエリアモードで、W05は758Mbps/75Mbpsで、W06は1,237Mbps/75Mbpsと1ギガの壁を突破しました。

    WiMAX 2+のみの通信では、W06とW05ともに558Mbps/30Mbpsですので、WiMAX 2+しか使わないのであれば、W05のキャッシュバックが断然お得です。

    キャッシュバック37,100円はスゴイんですが、GMOの本当に安いプランは「ギガ放題 2年プラン」です。

    「ギガ放題 2年プラン」のキャッシュバックは32,400円で、ギガ放題 月額実質料金を計算すると、2,789円のブッチギリの安さ!

    「ギガ放題 2年プラン」は激安だったのであっという間に売切れのサービス終了になってしまいました。


    GMO WiMAXキャンペーン2年契約には注意点が2つあります

    1つ目の注意点 2年契約では au 4G LTE 800MHzは有料
    2年契約では au 4G LTE 800MHz(ハイスピードエリアプラスモード)は、1か月間で1度でも使用するとその月はハイスピードエリアプラスモード使用料として1,005円かかります。

    3年契約では無料ですので3年契約がオススメです。
    2つ目の注意点 キャッシュバックの受け取り難易度
    キャッシュバックの受け取りは指定された手続きどおりに行えば良いので難易度は高くないです。

    下に詳しく説明しましたので、あらかじめ読んで納得してから決めましょう。
    au 4G LTE 800MHz(ハイスピードエリアプラスモード)を使用を使わない場合で、キャッシュバック狙いなら絶対2年プランがブッチギリにお得です!だったのであっという間に売切れのサービス終了になってしまいました。

    GMO WiMAXキャンペーンのアフターサービス

    • GMO ロゴ  安心サポート 月額料金300円(2カ月無料)

      普通に使用して故障した場合、故障修理が無料になります。外部損傷、水濡れ、全損は対象となりません。

      詳しい説明 URL GMO 安心サポート
    • GMO ロゴ  安心サポートワイド 月額料金500円(1カ月無料)

      水濡れ、故障修理が無料になります。

      詳しい説明 URL GMO 安心サポートワイド
    • GMO ロゴ  セキュリティソフトのマカフィーマルチアクセス 500円/月(税抜)が1年間無料!

      インストール可能台数 5台

      詳しい説明 URL GMO マカフィーマルチアクセス

      ※ 1年後継続して「マカフィーマルチアクセス」を利用する場合は500円/月の料金が発生します。1年で止めても問題ありません。
    • GMO ロゴ  平日:15時30分まで、土・日・祝日:14時までの申し込みは即日発送。
    • GMO ロゴ  auスマホ料金が最大月1,000円割引。
    • GMO ロゴ  WiFiスポット Wi2 2カ月 無料。Wi2は月額362円(税抜)です。

      Wi2の1時間100円のオプションエリア、Wi2premium_club、Wi2premiumで支払った料金は、全額GMOポイントになります。

      1GMOポイント1円として使えます。


      還元ポイントをGMOとくとくBB月額料金に使えば、オプションエリア利用料金は実質0円
      5時間使えば500円ですが、GMOポイントも500ポイントになり、GMOポイントをGMOのWiMAXの支払いに使うことができます。

      つまり、Wi2premium_club、Wi2premiumの1時間100円のオプションエリアは無料で使えるという仕組みです。

      詳しいページ オプションエリアチケット購入料金は、購入した月の翌月にGMOポイントで購入金額分ポイント還元いたします

    • GMO ロゴ  2年10カ月目以降にはWiMAX 2+ の最新ルーターを無料でプレゼント!

      2年10カ月も経つとWiMAX 2+の通信速度もかなり速くなっているはず。そんなとき、欲しいWiMAX 2+の最新ルーターを無料で貰えちゃうスッゴイサービスです。

      2年10カ月も待てないという人は、契約年数に応じて価格が安くなっていく仕組みで、有料で最新WiMAX 2+のルーターを購入できます。

    GMO WiMAXキャンペーンのWiMAXルーター(WiMAX機種)ごとのキャッシュバック 2019年12月6日

    GMOの特徴は、WiMAXルーターの種類と契約年数によってキャッシュバック金額が変わることです。特に気をつける必要があるのが、WiMAXルーターによってキャッシュバックが無いものもあります!

    GMOのWiMAXルーター(WiMAX機種)ごとのキャッシュバック 2019年12月6日
    機種契約年数キャッシュバッククレードルセット
    キャッシュバック
    ハイスピードプラスエリアモード
    (au 4G LTE)
    W063年32,000円クレードルは存在しません無料
    2年終了1,005円/月
    WX053年32,000円29,000円無料
    2年終了1,005円/月
    W053年37,100円33,100円無料
    2年終了1,005円/月
    Speed Wi-Fi HOME L023年31,050円無料
    2年終了1,005円/月
    WiMAX HOME 013年31,050円無料
    2年終了1,005円/月

    GMO WiMAXキャンペーンのキャッシュバック受け取り方法

    お約束のキャッシュバックの受け取りは指定された手続きどおりに行えば良いので難易度は高くないです。

    GMOとくとくBB キャッシュバックの受け取り方(公式サイトより抜粋)

    1)キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛に「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」を送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

    2)基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。

    3)ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合はキャッシュバックを受け取れません。
    GMOのキャッシュバックの受け取り方を簡単に説明すると

    • 1.GMOとくとくBBでWiMAXを契約する際、GMOとくとくBBが運営するGMOとくとくBBのメールアドレスを作成する必要があります。
    • 2.作成したBBのメールアドレスに11か月目に「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」が届きます。
    • 3.「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」の指示に従い、キャッシュバックの振り込み先口座を登録すれば完了です。
    • 4.キャッシュバックの振り込み先口座を登録があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。
    • 5.ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座(金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義)のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合、キャッシュバック特典は適用されません。((+_+))
    ポイントは、2.のメールの届く日が、11か月目の何日か?わからないところと5.受取口座の不備です。

    2.は普段使うメールアドレスとも異なるアドレスなので、うっかり忘れる可能性大です。

    5.金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義を間違えない事です。

    GMOはソネットと同じく一定期間WiMAXを利用すると最新機種に変更できるサービスがあります。ソネットと同様に「2年10カ月目以降は機種変更0円で最新機種に変更できる」といった神対応サービスです


    GMO WiMAXキャンペーンの料金体系

    「GMOとくとくBB ギガ放題3年)」プラン 月額料金内訳 2019年12月6日

    GMOとくとくBBギガ放題2年プラン

    GMOとくとくBBギガ放題2年プラン

    「ハイスピードプラスエリアモード」利用時にオプション料 1,005円/月はかかりません。
    GMO「ギガ放題(3年)」の月額料金は月額平均 3,198円は スゴク安い!

    【算出式】
    \7,218(3,609×1~2カ月)+ \144,942(4,263×3~36カ月)= \152,160(1~36カ月の総額)/ 36カ月 = 月額平均 4,226円は 高い!

    しかしキャッシュバックがあるので、今回はキャッシュバック37,100円で計算。

    \152,160(1~36カ月の総額)- \37,100(キャッシュバック)= \110,060(キャッシュバックを引いた1~36カ月の総額)/ 36カ月 = 月額平均 3,198円は スゴク安い!


    「GMOとくとくBB ギガ放題2年)」プラン 月額料金内訳 2019年12月6日

    爆速で販売終了になりました。

    GMOとくとくBBギガ放題2年プラン

    GMOとくとくBBギガ放題2年プラン

    「ハイスピードプラスエリアモード」利用時にオプション料 1,005円/月がかかります。
    GMO「ギガ放題(2年)」の月額料金は月額平均 2,789円は ブッチギリの業界最安値!

    【算出式】
    \7,218(3,609×1~2カ月)+ \93,786(4,263×3~24カ月)= \101,004(1~24カ月の総額)/ 24カ月 = 月額平均 4,208円は 高い!

    しかしキャッシュバックがあるので、今回はキャッシュバック32,400円で計算。

    \101,004(1~24カ月の総額)- \32,400(キャッシュバック)= \66,954(キャッシュバックを引いた1~24カ月の総額)/ 24カ月 = 月額平均 2,789円は 激安!


    「GMOとくとくBB(2年)」プラン 月額料金内訳 2019年12月6日

    販売終了になりました。

    GMOとくとくBBライト2年プラン

    GMOとくとくBBライト2年プラン

    「ハイスピードプラスエリアモード」利用時にオプション料 1,005円/月がかかります。
    GMO「通常プラン7ギガ(2年)」の月額料金は月額平均 2,254円 激安!

    【算出式】
    \3,609(3,609×1~24カ月)= \86,616(1~24カ月の総額)/ 24カ月 = 月額平均 3,609円は 高い!

    しかしキャッシュバックがあるので、今回はキャッシュバック32,400円で計算。

    \86,616(1~24カ月の総額)- \32,400(キャッシュバック)= \54,116(キャッシュバックを引いた1~24カ月の総額)/ 24カ月 = 月額平均 2,254円は 激安!
    これでお解りのとおり、GMOはキャッシュバックが全て!

    キャッシュバックを受け取れれば絶対安いが、受け取り忘れがGMO WiMAXキャンペーン キャッシュバックの問題。

    キャッシュバックを受け取る心配のいらないソネットか、絶対忘れないから大丈夫という人はGMOといった感じでしょう。

    なお、ボケ(筆者)はウッカリさんなのでソネット派です。



  • WiMAX 比較 第3位 Broad WiMAX ギガ放題 月額基本料金 3,572円 ギガ放題がキャッシュバックなしでも安い! 2019年12月6日

    WiMAX 比較 第3位 Broad WiMAX

    Broad WiMAXのギガ放題は、3年契約で平均3,572で、かなりお得な価格設定です。

    料金は、
    1~2カ月目 2,726円、3~24カ月目 3,411円、25~36カ月目 4,011円、平均3,572と、後半になるにしたがって、支払価格が高くなる料金設定です。

    キャッシュバックではなく、ギガ放題 月額料金そのものを安くしているのはソネットとBroad WiMAXですが、

    ソネットとの決定的な違いは、ソネットは2年10カ月目以降は、機種変更0円で最新機種に変更できますがBroad WiMAXにはそういったサービスはありません。

    キャンペーンのキャッシュバックの受け取りの心配もなく、2年10カ月目以降には新機種をタダで貰える安心感はソネットだけです。



    他社からBroad WiMAX乗り換える際に契約解除料金がかかる場合、最大19,000円まで負担

    Broad WiMAX独自のサービスで、これはいいと思うサービスは、他社のWiMAX、Softbank Air、Ymobile Pocket WiFiからBroad WiMAXへ乗り換える際に契約解除料金がかかる場合、最大19,000円まで負担してくれるサービスがあります。

    • 現在使っているWiMAXが契約途中で、WiMAXルーターが結構古いから、最新のWiMAXルーターでギガ放題 月額料金も安くしたい
    • 下り最大481Mbpsというスペックのはずですが、おそろしく遅いと評判のSoftbank Airが使い物にならないから超高速なWiMAXに乗り換えたい
    • イオンなどのショッピングモールで「通信上限ありません」という話で契約したのに、実際は月7ギガバイトが上限で3,696円もするYmobile Pocket WiFiを今すぐやめてWiMAX ギガ放題にしたい

    WiMAX 比較 第3位 Broad WiMAX

    という、まっとうなワガママを叶えてくれるスゲェサービスです。

    この契約解除料金最大19,000円まで負担サービスは、他社のサービスと比較しても、ソネットの2年10カ月目以降、最新機種無料でGETサービスくらいしか匹敵するするサービスはありません。

    ソネットの2年10カ月目以降は、機種変更0円で最新機種に変更できるサービスか、Broad WiMAXの解除料金がかかる場合、最大19,000円まで負担してくれるサービスか、必要に応じて選んでください。

    アフターサービスなど総合的にみると、ソネットのギガ放題の月額料金が36カ月固定3,380のキャンペーンの方がメリットが大きいです。


    Broad WiMAXのアフターサービス

    • Broad WiMAX ロゴ  安心サポートプラス 550円/月(税抜)

      WiMAXルーターの自然故障、水濡れなどでで故障した際に無料で修理を行えるオプションサービスです。

      水濡れ保障は6カ月以上の利用が条件です。6カ月に1回保障が受けられます。

      詳しい説明 URL Broad WiMAX 安心サポートプラス
    • Broad WiMAX ロゴ  MyBroadサポート 907円/月(税抜)

      WiMAXの初期設定、PCのWiMAXとの接続設定、パソコンやスマホのお困りごとを電話サポートとリモートサポート(遠隔操作)で、365日、受付 9:00~21:00までサポートしてくれるオプションサービスです。

      詳しい説明 URL Broad WiMAX MyBroadサポート
    • Broad WiMAX ロゴ  auスマホ料金が最大月1,000円割引。
    • Broad WiMAX ロゴ  契約期間3年で途中解約した場合、「違約金なし」で別のプロバイダに乗り換えることが可能です。

      注意点)乗換対象のプロバイダは、固定回線のプロバイダに限定されており、別のWiMAXプロバイダへの乗り換えはできません。

    初期費用 18,857円は他のプロバイダでは無料だがBroad WiMAXでは条件付で無料

    もう1つ注意が必要なのは、「Web割キャンペーン」として初期費用の18,857円の割引と広告されていますが、ソネット、GMO、BIGLOBEなど一般的に初期費用はゼロ円です。

    初期費用の18,857円の割引を受けるには、3つの条件があります。

    • クレジットカード払い
    • 安心サポートプラス 550円/月(税抜)に入る
    • MyBroadサポート 907円/月(税抜)に入る
    安心サポートプラス 550円/月(税抜)、MyBroadサポート 907円/月(税抜)は「商品到着後に無料で解約可能です」が解約を忘れると、1,574円(税込)で毎月料金が発生します。


    もし、商品到着後に、安心サポートプラス、MyBroadサポートの解約を忘れると、2年契約で1,574円×24カ月で37,776、3年契約で1,574円×36カ月で56,664かかり、安いWiMAXプロバイダを選んだはずが本末転倒な結果になってしまいます。

    Broad WiMAXの契約途中の解約は、通常の解約金のほかに違約金 10,260円(税込)が発生する

    どのプロバイダ(MVNO)も契約途中の解約は解約金が発生しますが、Broad WiMAXの場合、以下のような違約金が発生します。

    • 12ヶ月以内 解約金 20,520円(税込)+ 違約金 10,260円(税込)
    • 13~24ヶ月以内 解約金 15,120円(税込)+ 違約金 10,260円(税込)
    • 25ヶ月目以降 解約金 10,260円(税込)
    • 更新月 解約金 0円
    Broad WiMAXの「Web割キャンペーン」は初期費用の18,857円を無料にするキャンペーンですが、他のプロバイダでは初期費用は無料です。

    他のプロバイダでは無料の初期費用ですが、BroadWiMAXでは「Web割キャンペーン」を適用しないと、初期費用18,857円がかかります。

    1~24ヶ月以内に解約した場合、他社では発生しない費用の「Web割キャンペーン」違約金 10,260円(税込)が発生してしまいます。

    「解約金なし」で乗換対象のプロバイダは、固定回線のプロバイダに限定

    更に注意が必要なのは、契約期間3年で途中解約した場合、「解約金なし」で別のプロバイダに乗り換えることが可能となっていますが、乗換対象のプロバイダは、固定回線のプロバイダに限定されており、別のWiMAXプロバイダへの乗り換えはできません。


    契約と途中で解除するとき、指定された乗換対象の固定回線のプロバイダを選択しなかった場合、普通に契約解除料が発生します。

    「2年10カ月目以降にはWiMAX 2+の最新ルーターを無料でプレゼント!」がない

    ソネット、GMO、BIGLOBE、UQ WiMAXにはある「2年10カ月目以降にはWiMAX 2+の最新ルーターを無料でプレゼント!」がBroad WiMAXにはありません。

    このため更新月が来たら、別のWiMAXプロバイダに乗り換えて最新WiMAXルーターを手に入れるのがベストです。

    なお、ソネット、GMO、BIGLOBE、UQ WiMAXにはある、WiMAXルーターの新機種への機種変更は以下のような内容で、2年10カ月目をむかえなくてもWiMAX 2+の最新ルーターを購入することもできます。

    うらやまじい・・・


    Broad WiMAXとSo-netのギガ放題 料金比較

    
    「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 月額料金 比較  2019年12月6日
    36カ月の平均月額料金 キャッシュバックを受取失敗したときの平均月額料金 キャッシュバック金額 公式サイト
    No2 So-net 3,380円 0円 公式サイトへGo!
    No4 Broad WiMAX 3,572円 0円 公式サイトへGo!
    「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 支払総額 比較  2019年12月6日
    36カ月の支払総額 キャッシュバックを受取失敗したときの支払総額 キャッシュバック金額 公式サイト
    No2 So-net 121,680円 0円 公式サイトへGo!
    No4 Broad WiMAX 128,626円 0円 公式サイトへGo!
    注意)キャッシュバック、月額料金だけで判断すると、故障の補償やその他のオプションサービスで泣く可能性があるので、金額だけでなくサービス全体を見て判断するのがポイントです。


    数字はバッチリあってます。

    Broad WiMAXとSo-netの料金体系はとても似ています。

    どちらも、キャッシュバック制ではなく、ギガ放題 月額料金を安く設定した料金体系です。

    違いはSo-netのギガ放題は月額固定料金制なのに対し、Broad WiMAXは初年度は安く、段々と値上がりしていく料金体系をとっています。

    どちらにしても支払金額はほとんど変わりません。


    Broad WiMAXとSo-netの決定的な違いは、2つあります。
    1つ目 Broad WiMAXにしかない違約金 10,260円(税込)がある。

    So-netの契約期間中の途中解約の解約金は、他のプロバイダーとまったく同じです。

    Broad WiMAXも契約期間中の途中解約の解約金は他のプロバイダーとまったく同じですが、契約から24カ月以内に解約すると、違約金 10,260円(税込)が発生します。

    この違約金はBroad WiMAXにだけある違約金で他のプロバイダーにはありません。
    2つ目 アフターサービス、オプションサービスの違い。

    So-netのアフターサービス、オプションサービスはWiMAXプロバイダーの中でも1、2位をほこるサービスですが、Broad WiMAXではソネットのような充実したサービスはありません。
    この2点を踏まえてソネットとBroad WiMAXは比較すると良いです。


    Broad WiMAXとSo-netのWiMAXアフターサービス、オプションサービスの比較

    Broad WiMAX、So-netのアフターサービス、オプションサービスは、Broad WiMAXはちょっと貧弱、So-netは超充実です。

    So-netはアフターサービス、オプションサービスともに穴がなく、サービスはとても充実しています。

    Broad WiMAXは、「セキュリティソフト」「WiMAXルーター機種変更」「WiFiスポット」「グローバルIP」がありません。


    So-netは1年間無料のオプションサービスが3つ

    若干有利かなと思えるのはSo-netで、1年間無料のオプションサービスが3つあり

    • 「WiMAXルーターの自然故障、落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没などのトラブルの際に、無料で修理または交換。450円/月(税抜)
    • 「電話サポート、リモートサポート(遠隔操作)300円/月(税抜)」
    • 「セキュリティソフト(カスペルスキー)300円/月(税抜)」
    1年間無料です。

    1年間無料のオプションサービスは金額にすると、12,600円(税抜)になり、キャッシュバックや基本料金の割引ばかりが目立ちますが、見えない部分での割引額としてはかなり大きいです。

    特にうれしいのは、一番オプションサービスで必要なサービスの「WiMAXルーターの落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没と自分の責任で故障したケースでも、1年間無料」のところです。



    Broad WiMAXは1年間無料のオプションサービスはありません。


    Broad WiMAXで特徴的なのは、
    他社のWiMAX、Softbank Air、Ymobile Pocket WiFiから乗り換える際に契約解除料金がかかる場合の費用負担」があり、

    最大19,000の費用負担をしてくれるサービスがあります。


    現在他社のWiMAX、Softbank Air、Ymobile Pocket WiFiを使用しており、更新月ではないが最新のWiMAXルーターが欲しい場合、Broad WiMAXの乗り換えサービスを使えば解約金をBroad WiMAXが負担してくれます。

    Broad WiMAXとSo-netのWiMAXアフターサービス、オプションサービスの比較表(税抜)
    Broad WiMAX So-net
    WiMAXルーターの自然故障の際に、無料で修理または交換 550円/月 450円/月
    1年間無料
    WiMAXルーターの自然故障、落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没などのトラブルの際に、無料で修理または交換
    電話サポート、リモートサポート(遠隔操作) 907円/月
    300円/月
    1年間無料

    毎月最初のご相談1件については、相談料金が無料。 2件目以降は1件につき1,200円の相談料金が発生。
    セキュリティソフト なし 300円/月
    1年間無料
    WiMAXルーター機種変更 なし 2年10カ月で無料
    auスマホ料金が最大月1,000円割引 あり あり
    WiMAXルーター発送日 不明 申し込み日の翌日発送。
    WiFiスポット なし
    362円/月

    BBモバイルポイント、フレッツスポットを利用可能。 注意 どちらもアクセスポイントが少ないので使えません。
    グローバルIP なし なし
    他社のWiMAX、Softbank Air、Ymobile Pocket WiFiから乗り換える際に契約解除料金がかかる場合の費用負担 最大19,000円 なし


  • WiMAX 比較 第4位 DTI WiMAX ギガ放題 36カ月 月額平均 3,518円 ギガ放題がキャッシュバックなしでも安い! 2019年12月6日

    WiMAX 比較 第6位 DTI ドリーム・トレイン・インターネット

    ちょっと驚いたのですが、DTI WiMAXが思い切った値下げをしました。

    それもかなりの金額で、ギガ放題 月額平均料金は3,518円まで値下げしました。

    DTIは当初、三菱電機の系列会社としてスタートし、正式名称は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット、僕らの夢を乗せて走る列車です。

    日本のインターネットの最初のプロバイダーIIJの創業者の1人である「吉村伸」を技術顧問に招いて華々しくスタートしたのですが、

    地味というか目立たないというか堅実というか?あまり華のないプロバイダーとして三菱電機傘下でやってきましたが、東京電力の子会社になり、2007年株式会社フリービットの子会社になりました。


    サービスの内容を見ていくと、ソネット、Broad WiMAXと同様にキャッシュバックではなくギガ放題 月額料金を大幅に割引く料金体系になっています。

    スゴイのは、ソネット(3,380円)Broad WiMAX(3,572円)DTI WiMAX(3,518円)で料金は3社ともほぼ変わりません。

    DTI WiMAXキャンペーンのデメリット

    DTIには、充実したアフターサービス、オプションサービスがありません。DTIのオプションサービスは、以下の3つです。

    • 機器修理保証サービス
    • グローバルIPオプション
    • WEBサイトフィルタリングサービス
    注意)

    DTI WiMAXには20カ月以上の利用で無料で新機種に乗り換えできるプランがありますが、このプランはギガ放題 月額基本料金が4,000円に値上げされてしまい、結果的に支払総額は高額になってしまうので注意してください。

    オプションサービスとして以下のサービスは必須だと思うのですが、それがありません。

    • 電話サポート・リモートサポート(遠隔操作)なし
    • セキュリティソフト(ウィルススキャン)なし
    • 2年10カ月目以降にはWiMAX 2+ の最新ルーターを無料でプレゼント!なし
    全部自分でやる!という人はDTI WiMAXで困りません。

    普通の人は、電話サポート・リモートサポート(遠隔操作)セキュリティソフト(ウィルススキャン)は最低限オプションとして欲しいし、2年10カ月目以降にはWiMAX 2+ の最新ルーターを無料でプレゼント!が無いのもがっかりです。


    DTI WiMAXのアフターサービス

    • DTI ロゴ  安心サポート 300円/月(税抜)2カ月無料

      WiMAXルーターが自然故障したとき、WiMAXルーターの無償での修理(または交換)をおこなうサービスです。


      安心サポートワイド 500円/月(税抜)

      WiMAXルーターが自然故障、水濡れ(過失含む)したとき、WiMAXルーターの無償での修理(または交換)をおこなうサービスです。

      注意)WiMAX回線との同時申し込みが条件となります。回線契約後、安心サポートの追加申し込みはできません。
    • DTI ロゴ  グローバルIPオプション 96円/月(税抜)

      WiMAX 2+対応機器に割り当てするIPアドレスで、1つのグローバルIPアドレスを必ず占有することができます。
    • DTI ロゴ  iフィルター for DTI 300円(税抜)初月無料

      インターネット上の有害サイトへのアクセス制限を行うWebフィルタリングサービスです。(アプリのインストールが必要になります)

      iフィルター for DTIの詳しい説明 URL iフィルター for DTI

    DTIとSo-netのWiMAXアフターサービス、オプションサービスの比較

    So-netのアフターサービス、オプションサービスはWiMAXプロバイダ(MVNO)で1、2位を競う充実ぶりです。

    対してDTI WiMAXのアフターサービス、オプションサービスはとても少なく、必要だと思われるアフターサービス、オプションサービスがありません。

    ソネット ロゴ  So-netは1年間無料のオプションサービスが3つあり

    • 「WiMAXルーターの自然故障、落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没などのトラブルの際に、無料で修理または交換。450円/月(税抜)
    • 「電話サポート、リモートサポート(遠隔操作)300円/月(税抜)」
    • 「セキュリティソフト(カスペルスキー)300円/月(税抜)」
    1年間無料です。

    1年間無料のオプションサービスは金額にすると、12,600円(税抜)になり、キャッシュバックや基本料金の割引ばかりが目立ちますが、見えない部分での割引額としてはかなり大きいです。

    特にうれしいのは、一番オプションサービスで必要なサービスの「WiMAXルーターの落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没と自分の責任で故障したケースでも、1年間無料」のところです。


    So-net、DTI WiMAXのアフターサービス、オプションサービスの比較表(税抜)
    So-net DTI
    WiMAXルーターの自然故障の際に、無料で修理または交換 450円/月
    1年間無料
    300円/月
    2カ月無料
    WiMAXルーターの自然故障、落下などによる故障、破損、全損、水濡れ、水没などのトラブルの際に、無料で修理または交換 500円/月
    電話サポート、リモートサポート(遠隔操作)
    300円/月
    1年間無料

    毎月最初のご相談1件については、相談料金が無料。 2件目以降は1件につき1,200円の相談料金が発生。
    なし
    セキュリティソフト 300円/月
    1年間無料
    なし
    WiMAXルーター機種変更 2年10カ月で無料 なし
    auスマホ料金が最大月1,000円割引 あり あり
    WiMAXルーター発送日 申し込み日の翌日発送。 不明
    WiFiスポット
    362円/月

    BBモバイルポイント、フレッツスポットを利用可能。 注意 どちらもアクセスポイントが少ないので使えません。
    なし
    グローバルIP なし 96円/月
    Webフィルタリングサービス
    あり

    セキュリティソフトに含まれています。
    300円/月
    初月無料

  • WiMAX 比較 第5位 BIGLOBE クレジットカード払いのみ高額キャッシュバック 2019年12月6日

    WiMAX 比較 第4位 BIGLOBE

    BIGLOBEのキャンペーンは、支払をクレジットカードにした場合、最大で30,000円のキャッシュバックを受けられます。

    ただし月額基本料金の平均額が4,341円と他社と比べて高いので、キャッシュバックを考慮してもお得感は薄いです。

    支払を口座振替にすると、キャッシュバックは20,000円しかもらえません。

    W06、WX05、L02どの機種でも30,000円のキャッシュバックを受けられます。

    クレードルセットについては別売としか書いていないので、実際いくら?なのか不明です。

    キャッシュバックの受け取り難易度は以前はこれ無理だよって感じだったのですが、現在はメチャ分かりやすくなりました。

    ソネットギガ放題 月額料金は36カ月固定3,380の驚異的な月額固定料金を実現しています。キャッシュバックがなくても、合計36,000のキャッシュバックに相当する割引をギガ放題 月額基本料金だけで実現しています。

    GMOは「12月現在では、キャッシュバック最大で37,100円でキャッシュバック 業界No1です。

    ソネット、GMOの2強と比較すると、BIGLOBEのキャンペーン キャッシュバック30,000円はあと少し増額してほしいですね。

    BIGLOBEの契約途中の解約金

    契約と途中で解除するとき、契約解除料が発生します。BIGLOBEの場合、以下のような契約解除料が発生します。

    WiMAX 比較 第4位 BIGLOBE 契約解除料

    だけじゃなかった!マジで~BIGLOBE 24カ月未満解約の罠
    例外)BIGLOBEは24カ月未満で解約した場合、WiMAXルーターの残金が解約金にプラスされる。

    BIGLOBEは初期契約時、WiMAXルーターを800円(税抜)×24回払いで分割購入したことになっています。

    毎月800円ずつ割引される仕組みで、24カ月目でWiMAXルーターの料金を払い終わることになります。

    25カ月目以降、毎月800円の割引はなくなります。

    たとえば、3か月で解約した場合、解約金19,000円(税抜)と「端末代800円×21カ月で16,800円(税抜)」で合計35,800円(税抜)の解約金が発生します。

    BIGLOBEのアフターサービス

    • BIGLOBE ロゴ  2年10カ月目以降にはWiMAX 2+ の最新ルーターを無料でプレゼント!

      2年10カ月も経つとWiMAX 2+の通信速度もかなり速くなっているはず。そんなとき、欲しいWiMAX 2+の最新ルーターを無料で貰えちゃうスッゴイサービスです。

      2年10カ月も待てないという人は、契約年数に応じて価格が安くなっていく仕組みで、有料で最新WiMAX 2+のルーターを購入できます。
    • BIGLOBE ロゴ  BIGLOBEお助けサポート 475円/月(税抜)

      「BIGLOBEお助けサポート」は475円/月(税抜)で、365日(年中無休)、受付 9:00~21:00、何回かけても無料 での電話サポート、リモートサポートサービスです。2カ月無料。

      WiMAX 2+ルーターの初期設定や、パソコンの通信設定だけでなく、プリンターの接続、エクセルの使い方、メールアドレスの追加方法、アプリのインストールなどなど様々な疑問や問題を解決してくれます。

      月に何回相談しても475円/月(税抜)で、電話料金は0120なのでかかりません。

      詳しい説明 URL BIGLOBEお助けサポート
    • BIGLOBE ロゴ  auスマホ料金が最大月1,000円割引。
    BIGLOBEが残念なのは、ソネットのようにアフターサービスが充実していないところです。

    例えば、

    • WiMAX 2+ルーターが壊れた
    • コンピュータウィルス対策用のソフトを使いたい
    など、ソネットなどでは実現できているアフターサービスが少な目で、若干売り切りといったイメージが強いところです。


    GMOでも、オプションサービスで月々300円~500円かかりますが(補償内容により異なる)、WiMAX 2+ルーターの故障時の修理無料のサービスがあります。

    WiMAX 2+ルーターの故障時の修理無料のサービスは絶対必要なサービスですので、もう少しアフターサービスを充実させてほしいところです。


    BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法

    BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法

    【キャッシュバック特典について】

    1)特典の受け取り手続きができる期間は特典適用月(クレジットカードなど口座振替以外のお支払いの場合はサービス開始から13カ月、口座振替のお支払いの場合はサービス開始から7カ月)の翌日(月初2日目)から45日間です。

    45日以内にお手続きいただけない場合、キャッシュバック特典は無効となります。

    2)クレジットカードなど口座振替以外のお支払いの場合はサービス開通翌月を1カ月目として12カ月目、口座振替のお支払いの場合はサービス開通翌月を1カ月目として6カ月目 が特典適用月となります。

    サービスが開始されたら、BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」をご確認ください。

    3)「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。

    指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込みが行われます。

    4)キャッシュバックに関する各種連絡は、特典適用月の月初1日目に連絡先メールアドレス宛にご連絡いたします。日常お使いのメールアドレスをBIGLOBEのマイページからご登録ください。

    5)金融機関名、口座番号等入力いただいた内容に問題があった場合は、あらためてメールにてお伝えします。その場合は、メールの内容にそって、手順1から、再度手続きを行ってください。

    キャッシュバックの受け取りに関するBIGLOBE詳細ページ
    BIGLOBEのキャッシュバック方法は、キャッシュバックの受け取りに関するBIGLOBE詳細ページ に詳しく説明されています。

    BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方を簡単に説明すると

    1.キャッシュバック特典の有効期限
    キャッシュバック特典は特典適用月がある、支払いがクレジットカードと口座振替で特典適用月が異なる。

    特典適用月は、クレジットカードはサービス開始から13カ月の月初2日目、口座振替の支払いはサービス開始から7カ月の月初2日目で、この日から45日以内にキャッシュバックの手続きをしないとキャッシュバック特典は無効になる。鬼だ ((+_+))
    2.キャッシュバック特典適用月
    クレジットカードなど口座振替以外のお支払いの場合はサービス開通翌月を1カ月目として12カ月目がキャッシュバック特典適用月です。

    口座振替の支払いの場合はサービス開通翌月を1カ月目として6カ月目がキャッシュバック特典適用月です。

    上記は 1.の説明と同じことを言っています。

    サービスが開始されたら、BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」を確認する。
    3.振込希望の金融機関情報の登録
    「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になるので、振込希望の金融機関情報を登録する。

    指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込みが行われる。
    4.キャッシュバック連絡先メールアドレスの登録
    キャッシュバックに関する各種連絡は、特典適用月の月初1日目に連絡先メールアドレス宛に連絡する。

    日常使用しているメールアドレスをBIGLOBEのマイページから登録する。

    日常使用しているメールアドレスを連絡先のメールアドレスに登録できるのは、Good Job!素晴らしい。

    他のプロバイダ(MVNO)では、最初にプロバイダ(MVNO)のメールアドレスを作って、そのアドレスへキャッシュバックの受け取り方法の連絡が来るケースが多いのです。

    普段利用しているメールアドレスを使えるのは、本来当たり前のサービスだと思うのですが、WiMAXのキャッシュバックではめずらしいのです。

    これは、Good Job!素晴らしい。
    5.登録いただいた金融機関名、口座番号等の内容に問題があった場合
    金融機関名、口座番号等入力いただいた内容に問題があった場合は、あらためてメールにてお伝えします。

    その場合は、メールの内容にそって、手順1から、再度手続きを行ってください。

    これは、Good Job!素晴らしい。

    キャッシュバックの受け取りを、多くのプロバイダー(MVNO)が複雑怪奇にしている理由は、キャッシュバックの受け取り失敗を狙っているとしか思えない状況です。

    多くのプロバイダーは、金融機関名、口座番号等の情報を間違って登録してしまい、プロバイダーがお客様のキャッシュバック指定口座に振込できない状態になったら、ラッキーと思っているのではないかな?と疑ってしまうほどキャッシュバックの受け取りは複雑です。

    UQ WiMAXですら、金融機関名、口座番号等の情報を間違って登録してしまった場合、振込ができない状態を、UQ側からお客様に連絡するか不明で、また、何日以内に正しい金融機関名、口座番号等を登録しないとキャッシュバックが無効になるかもわからないということも分からないそうです。

    なお、上記の情報はUQ WiMAXのUQお客様センターに電話(0120-959-001)をし確認をしています。

    鬼のようなキャッシュバック受け取り手続きが多い中、これは、Good Job!素晴らしい。

    以前とは比べものにならないほど分かりやすくなったBIGLOBEキャッシュバックですが、まだキャッシュバックの受け取りで納得いかないところがあります。

    「2)BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」をご確認ください。」のあと、

    「3)「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。」で口座番号等を入力して数日後振り込みされるのですが、

    2)の段階で「振込希望の金融機関情報を入力」ができれば、絶対にキャッシュバックの受け取りを忘れることはないはずです。

    しかし、以前からはすごく分かりやすくなったので、とても評価プラスです。

    BIGLOBEの料金体系 がっつりキャッシュバックが欲しい方

    見たことあるような料金表ですが、BIGLOBEの料金表、最初はよくわからず、へ・・・?と思っちゃいますね。

    BIGLOBE Flat ツープラス ギガ放題3年)月額料金内訳 2019年12月6日
    BIGLOBE Flat ツープラス ギガ放題(3年)

    「ハイスピードプラスエリアモード」利用時にオプション料 1,005円/月はかかりません。
    BIGLOBE「ギガ放題(3年)」の月額料金は月額平均 3,508円は 高~い!

    【算出式】
    \7,390(3,695×1~2カ月)+ \148,920(4,380×3~36カ月)= \156,310(1~36カ月の総額)/ 36カ月 = 月額平均 4,341円は 高~い!

    しかしキャッシュバックがあるので、今回はキャッシュバック30,000円で計算。

    \156,310(1~36カ月の総額)- \30,000(キャッシュバック)= \126,310(キャッシュバックを引いた1~36カ月の総額)/ 36カ月 = 月額平均 3,508円は 高~い!

    BIGLOBE Flat ツープラス ギガ放題2年)月額料金内訳 2019年12月6日
    BIGLOBE Flat ツープラス ギガ放題(2年)

    「ハイスピードプラスエリアモード」利用時にオプション料 1,005円/月がかかります。
    BIGLOBE「ギガ放題(2年)」の月額料金は月額平均 3,072円は 結構安い。

    【算出式】
    \7,390(3,695×1~2カ月)+ \96,360(4,380×3~24カ月)= \103,750(1~24カ月の総額)/ 24カ月 = 月額平均 4,322円は 高い!

    しかしキャッシュバックがあるので、今回はキャッシュバック30,000円で計算。

    \103,750(1~24カ月の総額)- \30,000(キャッシュバック)= \73,750(キャッシュバックを引いた1~24カ月の総額)/ 24カ月 = 月額平均 3,072円は GMOの次に安い!

    BIGLOBE Flat ツープラス (3年)月額料金内訳 2019年12月6日
    BIGLOBE Flat ツープラス (3年)

    「ハイスピードプラスエリアモード」利用時にオプション料 1,005円/月はかかりません。
    BIGLOBE「通常プラン7ギガ(3年)」の月額料金は月額平均 2,861円は 結構安い。

    【算出式】
    \3,695×1~36カ月= \133,020(1~36カ月の総額)/ 36カ月 = 月額平均 3,695円は 高い!

    しかしキャッシュバックがあるので、今回はキャッシュバック30,000円で計算。

    \133,020(1~36カ月の総額)- \30,000(キャッシュバック)= \103,020(キャッシュバックを引いた1~24カ月の総額)/ 36カ月 = 月額平均 2,861円は 結構安い。


  • WiMAX 比較 第6位 UQ WiMAX 最大13,000円もらえるぞ! 2019年12月6日

    WiMAX 比較 第5位 UQ WiMAX

    UQ WiMAXのキャンペーンは、最大13,000円もらえるぞ!

    W06、L02だともらえないぞ!
    WX05、HOME01だと5,000円だぞ!
    W05、L01sだと 13,000円だぞ!

    キャンペーンは塩対応ですが、オプションサービスが豪華なところです。

    特に目をひくのは、「2年10カ月目以降にはWiMAX 2+の最新ルーターを無料でプレゼント!」と「UQ Wi-Fiプレミアム」は素晴らしいサービスです。


    「2年10カ月目以降にはWiMAX 2+の最新ルーターを無料でプレゼント!」は内容のとおりで、2年10カ月目以降にWiMAX 2+の最新ルーターを無料でプレゼント!されます。

    2年10カ月も待てないという人は、契約年数に応じて価格が安くなっていく仕組みで、有料で最新WiMAX 2+のルーターを購入できます。

    Wi2ワイワイ君「UQ Wi-Fiプレミアム(無料)」は全国に20万カ所以上あるWiFi Spotの、Wi2、Wi2_club、1時間100円のWi2premium_club、Wi2premiumすべてを無料で使えます。

    Wi2、Wi2_club、Wi2premium_club、Wi2premiumのWiFi Spotは、たとえば喫茶店では、スタバは当然、タリーズ、エクセルシオール、ドトール、カフェ・ド・クリエ、ベローチェ、サンマルク、コメダコーヒー、UCC上島珈琲、珈琲館、ルノアール、PRONTO、マック、モスなど、接続ポイント以外の喫茶店を探すのが大変なほど普及しています。

    特にWi2premium_clubは使用したことがある人なら分かると思いますが、超高速で最高速は 6.9Gバイト 以上です。

    筆者はこのサービスを知らずに、Wi2premium_clubを毎月6000円以上使っていました。高速で安定した通信ができるので、喫茶店に入ってPCを開くときには、ついついWi2premium_clubを使ってしまうど、高速です。

    その他にも、WiMAXルーターの補償サービス、セキュリティソフト、グローバルIPの割当、リモートで問題解決などオプションサービスはとても豪華です。

    WiMAX 比較 第4位 UQ WiMAX

    UQ WiMAXのアフターサービス

    UQ WiMAXのアフターサービスはとても充実しています。

    唯一おしいのが、「おまかせサポート」はソネットの「So-net 安心サポート」と同じようなオプションサポートですが、

    「おまかせサポート」はリモート(遠隔操作)のみ、

    「So-net 安心サポート」は電話(21時まで)とリモートサポートの両方あり、電話で聞きながら自分で設定したり、リモートしてもらうのと、リモートだけとでは分かりやすさが全然違います。

    「2年10カ月目以降にはWiMAX 2+の最新ルーターを無料でプレゼント!」と「UQ Wi-Fiプレミアム」は素晴らしいサービスです。


    • 2年10カ月目以降にはWiMAX 2+ の最新ルーターを無料でプレゼント!

      UQ WiMAX ロゴ  2年10カ月も経つとWiMAX 2+の通信速度もかなり速くなっているはず。そんなとき、欲しいWiMAX 2+の最新ルーターを無料で貰えちゃうスッゴイサービスです。

      なお、UQ WiMAXは、UQ WiMAXと同じ条件で、ソネット、BIGLOBE、BIC WiMAX SERVICE、ワイヤレスゲート、ASAHIネットのWiMAX 2+の最新ルーターを無料で貰えるサービスの窓口も兼ねています。
      
      WiMAXルーターの新機種への機種変更表(税抜)
      契約期間 W06 WX05
      利用開始月~12ヶ月 20,000円 20,000円
      13~18ヶ月 12,000円 12,000円
      19~21ヶ月 6,000円 6,000円
      22~33ヶ月 20,000円 20,000円
      34ヶ月以上 2,000円 0円
      契約期間 L02 HOME 01
      利用開始月~12ヶ月 20,000円 20,000円
      13~18ヶ月 12,000円 12,000円
      19~21ヶ月 6,000円 6,000円
      22~33ヶ月 6,000円 6,000円
      34ヶ月以上 2,000円 0円
      契約期間 W05
      利用開始月~12ヶ月 20,000円
      13~18ヶ月 12,000円
      19~21ヶ月 6,000円
      22~33ヶ月 6,000円
      34ヶ月以上 0円
      UQ WiMAX 受付窓口はこちら UQ WiMAX機種変更(WiMAX 2+ → WiMAX 2+)受付窓口

    • UQ WiMAX ロゴ  Wi2ワイワイ君UQ Wi-Fiプレミアムが無料で利用できます。

      UQ Wi-FiプレミアムはWi2、Wi2_club、1時間100円のWi2premium_club、Wi2premiumすべてを無料で使えます。
    • UQ WiMAX ロゴ  端末補償サービス 380円/月

      WiMAXルーターの自然故障、部分破損、全損、水濡れ、火災による焼失、盗難、紛失などのトラブルの際に、同一機種、同一色(同一色が在庫切れの場合は別の色)のWiMAXルーターに交換してくれるオプションサービスです。

      交換してくれるWiMAXルーターはリフレッシュ品です。リフレッシュ品とは外側カバーの新品交換、品質の確認を行った上で、新品同様の状態に初期化した機器です。

      交換の際に負担金があり、自然故障で1年目は無料交換、2年目は自然故障、初回3,300円、2回目5,300円の負担金がかかります。

      部分破損、水濡れ、全損、火災による焼失、盗難/紛失は1年目から初回3,300円、2回目5,300円の負担金がかかります。

      交換は1年に2回までとします。詳しい説明 URL UQ WiMAX 端末補償サービス

      UQ WiMAX 端末補償サービス
    • UQ WiMAX ロゴ  端末あんしん補償 500円/月

      WiMAXルーターが自然故障、水漏、物損した場合、お見舞金として最大3万円まで、お客様の口座へお支払いするオプションサービスです。

      WiMAXルーターが自然故障した場合、1年目はメーカー保証、2年目以降 最大3万円、水漏、物損した場合、1年目 最大2万円、2年目以降 最大3万円の補償が受けられます。

      詳しい説明 URL UQ WiMAX 端末あんしん補償
    • UQ WiMAX ロゴ  セキュリティーソフト 500円/月

      WEBROOT(3台までインストール可能)、カスペルスキー(3台までインストール可能)、マカフィー(3台までインストール可能)のいずれか1つを利用できるオプションサービスです。
    • UQ WiMAX ロゴ  グローバルIPアドレスオプション 96円/月

      WiMAX 2+対応機器からインターネット接続する際にグローバルIPアドレスを割り当てするサービスです。

      詳しい説明 URL グローバルIPアドレスオプション

      UQ WiMAX グローバルIPアドレスオプション
    • UQ WiMAX ロゴ  おまかせサポート 350円/月(税抜)

      トラブルの時、電話サポート、リモートサポート(遠隔操作)でサポートが受けられるサービスです。

      WiMAXルーターだけでなく、インターネットの設定、プリンターやデジタルカメラ等の設定などをサポートします。

      月に何回相談しても350円/月(税抜)で、電話料金は0120なのでかかりません。

      詳しい説明 URL おまかせサポート

    • UQ WiMAX ロゴ  その他のオプションサービス

      詳しい説明 URL オプションサービス

    UQ WiMAXのキャッシュバックの受け取り方法

    UQ WiMAXのキャッシュバックの受け取り方法

    【キャッシュバック方法】

    1)ご契約月の翌々月にお申込み時にご登録いただいたEメールアドレスにご連絡いたします。

    2)ご連絡のEメールに記載されたURLのページからご指定の口座情報を入力ください。

    ※入力いただいた口座情報に不備がある場合は、キャッシュバックのお振込みができませんので、必ず正しい情報の入力をお願いいたします。

    3)口座情報ご入力後、原則翌営業日までにご指定の口座にキャッシュバック金額をお振込みいたします。

    ※お客様がご利用になる金融機関によっては、お振込みまでに数日要する場合もございます。

    URL:キャッシュバックについて
    UQ WiMAXのキャッシュバックの受け取り方を簡単に説明すると

    1.ご契約月の翌々月にEメールアドレスに連絡がきます
    ご契約月の翌々月にお申込み時にご登録いただいたEメールアドレスにご連絡いたします。
    2.キャッシュバック振込先口座情報の登録
    ちょっとびっくりしちゃったのは、

    ※入力いただいた口座情報に不備がある場合は、キャッシュバックのお振込みができませんので、必ず正しい情報の入力をお願いいたします。

    これ、本気で言っていました。

    UQお客様センター(0120-959-001)に電話して、キャッシュバックの振込先口座情報に不備があった場合、どうなるのでしょうか?

    たとえば、UQ側から、「キャッシュバック振込先口座情報に不備がありますので、正しい振込先口座情報を登録してください。」などの連絡はあるのでしょうか?

    と尋ねたところ、「わかりません。」という回答でした。

    また、「キャッシュバックの権利は、何日以内に処理しないと無効になってしまうといったようなことはありますか?」

    と尋ねたところ、これも「わかりません。」という回答でした。

    「正しい振込先口座情報を登録してください。」とのことです。

    えぇ~、UQ WiMAXがこれでいいんでしょうか?とかなりびっくりしました。
    3.キャッシュバック金額をお振込み
    口座情報ご入力後、原則翌営業日までにご指定の口座にキャッシュバック金額をお振込みいたします。

    ※お客様がご利用になる金融機関によっては、お振込みまでに数日要する場合もございます。
    正直、UQお客様センターの回答には衝撃でした。一番信頼できるUQがキャッシュバックはこの不親切さなのか?といった感想です。


  • WiMAX 比較 第7位 nifty WiMAX ギガ放題 36カ月 月額平均 3,365円 キャッシュバック キャンペーン 30,000円!2019年12月6日

    niftyのWiMAXキャンペーンはキャッシュバック30,000円!です。

    キャッシュバック キャンペーンを展開しているのは、GMO、nifty、BIGLOBEの3社になりますが、キャンペーン金額はGMOがぶっちぎってます。

    しかし、GMOのキャッシュバック37,100円は、WiMAXルーターがW05の場合で、W06だと32,000円、WX05だと32,000円のキャッシュバックになります。

    「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 月額料金 比較  2019年12月6日
    36カ月の平均月額料金 キャッシュバックを受取失敗したときの平均月額料金 キャッシュバック金額 公式サイト
    No3 GMO 3,198円 4,226円 37,100円 公式サイトへGo!
    nifty 3,365円 4,198円 30,000円 公式サイトへGo!
    BIGLOBE 3,508円 4,341円 30,000円 公式サイトへGo!
    「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 支払総額 比較  2019年12月6日
    36カ月の支払総額 キャッシュバックを受取失敗したときの支払総額 キャッシュバック金額 公式サイト
    No3 GMO 115,060円 152,160円 37,100円 公式サイトへGo!
    nifty 121,140円 151,140円 30,000円 公式サイトへGo!
    BIGLOBE 126,310円 156,310円 30,000円 公式サイトへGo!
    注意)キャッシュバック、月額料金だけで判断すると、故障の補償やその他のオプションサービスで泣く可能性があるので、金額だけでなくサービス全体を見て判断するのがポイントです。


    最新機種のW06、WX05のキャッシュバックはGMOが一番ですが、GMO、nifty、BIGLOBEのキャッシュバック金額は大幅には違いません。

    では、何を基準にプロバイダー(MVNO)を選べば良いか?というと、アフターサービスオプションサービス充実さです。

    アフターサービス、オプションサービスは圧倒的にSo-net、GMOが優れていますので、キャッシュバック系で選ぶなら、やはりキャッシュバックが一番高くアフターサービス、オプションサービスの優れたGMO以外の選択肢はないと思います。


    雑談)ニフティサーブってご存知ですか?

    知っている人なら結構PCの使用歴は長いと思います。

    インターネットが普及する前に流行ったパソコン通信がニフティサーブで、nifty WiMAXは脈々と受け継がれた変化していった通信の中で生き残った、由緒正しい存在です。

    nifty WiMAXキャンペーンのアフターサービス

    • nifty ロゴ  常時安全セキュリティ24

      常時安全セキュリティ24はセキュリティソフトのカスペルスキーを使用したセキュリティサービスです。
      カスペルスキー 500円/月(税抜)が3カ月間無料!

      注意)通常販売されているカスペルスキーは、Windows、Mac、Android、iOSに対応しているので、iPhoneやiPadにもインストールできます。

      常時安全セキュリティ24のカスペルスキーは、Windows、Mac、Androidにしか対応していないので、iOSを使用しているiPhoneやiPadにはインストールできません。

      インストール可能台数 3台

      詳しい説明 URL 常時安全セキュリティ24
    • nifty ロゴ  niftyあんしんWiFi VPN 150円/月(税抜)

      Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)の通信をVPN(Virtual Private Network)通信にします。

      通常では必要ないサービスですので、入らなくてよいと思います。


  • WiMAX 比較 第8位 カシモWiMAX ギガ放題 36カ月 月額平均 3,723円!2019年12月6日

    カシモ ロゴ
    カシモWiMAXってご存知ですか?ボケは全然知りませんでした。

    カシモWiMAXには「最安級プラン」と「新端末プラン」の2つのプランがあって、最初は何が違うのか良くわかりませんでした。

    よく見ると「最安級プラン」は、W05、HOME L01Sしかなく、「新端末プラン」は、W06、WX05、HOME L02、HOME01のラインナップになっています。

    カシモWiMAXキャンペーンはWiMAXルーターがリユース品の噂

    「最安級プラン」は「新端末プラン」といくら違うのか計算したところ、「最安級プラン」のギガ放題 月額平均料金は3,621円、総支払額で130,368円、「新端末プラン」のギガ放題 月額平均料金は3,723円、総支払額で134,048円、3年間でその3,680円しか違わないのです。

    なんか?腑に落ちないな?と思っていろいろ検索していたら、カシモWiMAXの親会社は本業がスマホのリユース事業(中古のスマホを整備して販売する)で、カシモWiMAXも旧端末はリユース品だという噂話が結構あります。

    あくまで噂ですので、信じる信じないは読者次第ですが、ボケ(筆者)としては「あるかもね?」といった感じです。

    カシモWiMAXキャンペーンはオプションサービスがほぼ無い

    カシモWiMAXで気になるのは、オプションサービスがほぼ無いことです。

    端末修理保証サービスの安心サポートと、U-NEXTしかありません。

    もう1つ、どうしても気になったのが、カシモWiMAXの資本金が2,000万円しかないところです。

    親会社は株式会社マーケットエンタープライズという東証マザーズに上場している会社なのですが、子会社で事業をやるにしても流石に資本金が2,000万円でWiMAXプロバイダ事業(MVNO)をやるところは見たことがありません。

    極論すれば、資本金が少ないということは経営基盤がぜい弱だということで、何か問題があったら倒産する可能性も十分考えられるわけです。

    WiMAXプロバイダ(MVNO)は、UQ WiMAXが提供しているサービスの再販事業者ですので、何か問題があってカシモWiMAXがどうにかなってしまってもUQ WiMAXが面倒を見てくれることは確実だと思いますが気になりますよね。

    カシモWiMAXキャンペーンのアフターサービス

    • カシモ ロゴ  端末修理 安心サポート 300円/月(税抜)

      WiMAXルーターが自然故障したとき、WiMAXルーターの無償での修理(または交換)をおこなうサービスです。

      注意)WiMAX回線と同時のお申し込みが条件です。

      外部損傷、水濡れ、全損、盗難、紛失は対象となりません。

      端末修理 安心サポート 300円/月(税抜)の詳しい説明 URL 端末修理 安心サポート 300円/月(税抜)

家電量販店でWiMAXを購入するデメリット

YAMADA電気(ベスト電器)のYAMADA WiMAX(2年)4,294円/月(税抜)、ビックカメラ(コジマ、ソフマップ)のBICWiMAX、大手家電量販店グループのエディオンは4,323円/月(税抜)、ケーズデンキのKT WiMAXは4,380円/月(税抜)、ヨドバシのワイヤレスゲートは4,730円/月(税抜)と家電量販店のWiMAXは料金が高いです。

また、ソネット、GMOなどプロバイダー業務をおこなっている通信事業者ではないので、サポートサービス、オプションサービスが貧弱です。

家電量販店の店員さんがWiMAXに特段詳しいか?というと詳しくありません。WiMAXは家電量販店で付加価値を付けて販売できないので、ソネット、GMO、Broad WiMAX、DTI WiMAXなど通信事業者の方が付加価値(サポートサービス、オプションサービス)を付けやすく、また通信事業者はネットで販売しているのでコストがかからず、料金も大幅に割引できます。

家電量販店でWiMAXを購入するメリットは「ない」でしょう。

WiMAXの比較は、キャンペーン、ギガ放題の金額だけを比較する

WiMAXはUQ WiMAX、ソネット、GMO、BIGLOBE など、どのプロバイダ(MVNO)を選んでも、速度、速度制限、接続エリアなど性能に差はでません

これは契約先(プロバイダ)が異なるだけで、実際に使っている回線はUQ コミュニケーションズの提供するUQ WiMAXの回線をすべての事業者が使っているからです。

WiMAXはUQ コミュニケーションズが、回線、基地局、機器などすべてを運営、管理しています。

UQ WiMAXの再販事業者としてプロバイダが存在しているだけで、どの契約先(プロバイダ)のWiMAXも、実際の運営、管理はUQ コミュニケーションズが UQ WiMAXと同様に、回線、基地局、機器を運営、管理しているので、速度、接続エリア、性能は完全に同じです。

プロバイダごとに性能を比較する必要は全くないです。

WiMAXの比較ポイントは、「ギガ放題の月額料金」と「キャンペーン(キャッシュバックが多い)」の2つを徹底的に比較すると良い選択ができます。

機種(WiMAXルーター)は、どのプロバイダでも無料または1円が多く、クレードルは有料というケースが多いです。
Wi2ワイワイ君WiMAX比較!WiMAXおすすめキャンペーン プロバイダを比較   UQ WiMAX および、再販事業者 MVNO 各社の「ギガ放題の実質価格」と各社の「キャンペーン」をわかりやすく、まとめました。

WiMAXなら3,500円前後で100ギガ超/月 利用可能です。速度はなんと最大1,237Mbps/75Mbpsです。
WiMAX 比較

WiMAXのキャンペーンを比較する前に、絶対に読んでほしいこと。

WiMAXのキャンペーンを比較する前に、絶対に読んでほしいこと。

WiMAXは、2年契約3年契約があります。

3年契約では、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)が無料です。

2年契約では、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)は月額1,005円かかります(ひと月の中で1度でも au 4G LTE 800MHz を使えばその月は1,005円プラス請求されます)。

WiMAX 2+の速度は通常、カッコ内(下り/上り)W06、W05(558Mbps/30Mbps)、WX05、WX04(440Mbps/30Mbps)で、モバイル端末、スマホと比較してもトップレベルに速いです。

しかし、遮蔽物・障害物(コンクリートの壁、ビルの高層階、大型ショッピングセンター、地下鉄)に弱く、遮蔽物・障害物がある場合、WiMAX 2+の通信速度を十分発揮できない特徴があります。

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)は、WiMAX唯一の弱点である遮蔽物・障害物に強い電波で、WiMAX唯一の弱点を補ってくれます。

遮蔽物・障害物の中ではWiMAXを使わないという前提条件がある人は、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)は必要ないので2年契約でも大丈夫ですが、どんな場所で使うかわからない人は、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)が無料になる3年契約をオススメします。

WiMAXのハイスピードエリアプラスモードとは

WiMAXは「WiMAX 2+」と「au 4G LTE 800MHz」の電波を併用し超高速通信するハイスピードエリアプラスモードがあります。

au 4G LTE 800MHzは、遮蔽物・障害物に強く安定した通信ができ、電波の特徴がどんな場所でも特につながりやすい性質を持っていることから、プラチナバンドと呼ばれています。

WiMAX 2+の遮蔽物・障害物に弱いという唯一の弱点を、au 4G LTE 800MHz(ハイスピードエリアプラスモード)で完全にカバーできます。


ハイスピードエリアプラスモードは、W06(1,237Mbps/75Mbps、W05(758Mbps/75Mbps)、WX05、WX04(440Mbps/75Mbps)で、超高速通信が可能です。

WiMAX 2+が他社のWiFIルーターやスマホのテザリングより圧倒的なのは、ギガ放題 3,500円前後で100ギガ超/月の通信ができる通信料金の圧倒的な安さと、ハイスピードプラスエリアモードの、1,237Mbps/75Mbpsの通信速度No1のサービスだからです。

※ W06(1,237Mbps/75Mbps)は、NTTドコモ、au、SoftBank、Ymobileと全機種と比較して、最速の通信速度です。
Wi2ワイワイ君WiMAX比較!WiMAXおすすめキャンペーン プロバイダを比較   UQ WiMAX および、再販事業者 MVNO 各社の「ギガ放題の実質価格」と各社の「キャンペーン」をわかりやすく、まとめました。

WiMAXなら3,500円前後で100ギガ超/月 利用可能です。速度はなんと最大1,237Mbps/75Mbpsです。

WiMAXの解約手続きと解約金のプロバイダごとの比較

Wi2ワイワイ君  結論
WiMAXの解約手続きと解約金を比較しました。

結果としては、GMOBroad WiMAXBIGLOBEを除くプロバイダは、同じ金額になります。

GMO、Broad WiMAX、BIGLOBEを除くプロバイダは、どのプロバイダも解約金は一緒で、更新月のみ若干違いがあるので注意が必要です。

解約金は契約月から12ヶ月以内は20,520円(税込)、13~24ヶ月以内は15,120円(税込)、25ヶ月目以降10,260円(税込)、更新月 0円で、更新月を過ぎると10,260円(税込)かかります。

WiMAX契約期間中の解約時の解約金 違約金の比較

WiMAX契約期間中の解約時の解約金 違約金の比較表(税込)
12ヶ月以内 13~24ヶ月以内 25ヶ月目以降 36ヶ月目 37ヶ月目 38ヶ月目以降 その他
So-net 20,520円 15,120円 10,260円 10,260円 更新月 0円 10,260円
GMO 26,784円 26,784円 10,260円 10,260円 更新月 0円 10,260円
Broad WiMAX 20,520円 15,120円 10,260円 10,260円 更新月 0円 10,260円 Web割キャンペーン違約金 1~24ヶ月以内
10,260円
DTI 20,520円 15,120円 10,260円 10,260円 更新月 0円 10,260円
BIGLOBE 20,520円 15,120円 10,260円 更新月 0円 10,260円 10,260円 初期契約時、WiMAXルーターを800円(税抜)×24回払いで分割購入したことになっています。24カ月未満で解約した場合、残金が解約金にプラスされます。
UQ WiMAX 20,520円 15,120円 10,260円 10,260円 10,260円 更新月 0円
nifty 20,520円 15,120円 10,260円 10,260円 更新月 0円 10,260円
カシモ 20,520円 15,120円 10,260円 10,260円 更新月 0円 10,260円
注意点は、解約金がかからない更新月が、プロバイダ(MVNO)ごとに若干異なるところです。

ソネット、GMO、Broad WiMAX、DTI、nifty、カシモWiMAXは「37カ月目」が更新月で解約金がかかりません。BIGLOBEはは「36カ月目」、UQ WiMAXは「38ヶ月目」が更新月で解約金がかかりません。

全体で更新月の統一をしてほしいですね。気をつけないと間違ってしまいそうです。

契約途中で解約した場合、他のプロバイダより余計な費用がかかるプロバイダ

例外)GMOは1~24ヶ月以内の解約金が高い。26,784円(税込)

GMOの1~24ヶ月以内の解約金は、26,784円(税込)で、他社の12ヶ月以内 20,520円(税込)、13~24ヶ月以内 15,120円(税込)と比べると、12ヶ月以内で6,264円(税込)、13~24ヶ月以内で11,664円(税込)高くなっています。

GMOの高額キャッシュバックは、まさに業界の鬼のような金額ですが、高額キャッシュバックを実現している裏では、途中解約に厳しい!という仕組みがあります。
例外)Broad WiMAXは途中解約した場合、10,260円(税込)を解約金として追加で支払う必要がある。

WiMAXの初期費用はBroad WiMAX、auを除くすべてのプロバイダが無料です。

Broad WiMAXでは3つの条件があり、クレジットカード払い、安心サポートプラス 550円/月(税抜)に入る、MyBroadサポート 907円/月(税抜)に入ることを条件に初期費用を18,857円を無料にしています。

Broad WiMAXの3つの条件のうち、2つ、安心サポートプラス 550円/月(税抜)、MyBroadサポート 907円/月(税抜)は初月に止めて問題ありませんので、必要のない人は必ず初月に止めましょう。

Broad WiMAXは途中解約した場合、1~24ヶ月以内だと解約金の他に、初期費用無料にした18,857円のうち、10,260円(税込)を解約金として追加で支払う必要があります。
例外)BIGLOBEは24カ月未満で解約した場合、WiMAXルーターの残金が解約金にプラスされる。

BIGLOBEは初期契約時、WiMAXルーターを800円(税抜)×24回払いで分割購入したことになっています。

毎月800円ずつ割引される仕組みで、24カ月目でWiMAXルーターの料金を払い終わることになります。

25カ月目以降、毎月800円の割引はなくなります。

たとえば、3か月で解約した場合、解約金19,000円(税抜)と「端末代800円×21カ月で16,800円(税抜)」で合計35,800円(税抜)の解約金が発生します。
WiMAXの契約期間中の解約金の比較
詳しい説明 URL WiMAXの解約手続きと解約金の比較 | So-net、GMO、Broad WiMAX、BIGLOBE、UQ WiMAX、DTI、nifty、カシモWiMAXなどの主要プロバイダの解約金 2019年12月6日


キャッシュバック受け取り方法と月額固定制の比較 キャッシュバックの落とし穴 絶対読んでください。
WiMAXのキャンペーンは、キャッシュバック オンリーだったのが、キガ放題 月額料金を高額のキャッシュバックを受け取った時と同じくらいの割引をした金額設定で、キガ放題 月額料金 固定性にしたキャンペーンの2つに分かれます。

キガ放題 月額料金を割り引いているのは、ソネット、Broad WiMAXで、その他のプロバイダ(MVNO)はキャッシュバックです。

ソネット、Broad WiMAXはキャッシュバックの受け取りはないく、月々のキガ放題の料金が安くなっているので、契約後面倒な手続きは一切ありません。


WiMAXのキャンペーンは、キャッシュバック料金に目をうばわれがちですが、実はキャッシュバックはプロバイダ(WiMAX接続事業者)によっては受け取り難易度がとても高いのです。

皆様は、

  • WiMAXサービス加入時にキャッシュバックを受け取れる
  • WiMAXサービス加入時にキャッシュバックを受け取る自分の銀行口座を指定する
などの方法を普通に連想すると思いますが、実はそんな簡単な方法で受取ができるプロバイダは1つもありません。

上記のようなキャッシュバックの受け取りの難易度と、安いキガ放題 月額料金 固定性のどちらを選ぶか、じっくり比較する必要があります。

GMOのキャッシュバックの受け取り方法 手順通りに手続すれば問題なし
GMOとくとくBB キャッシュバックの受け取り方(公式サイトより抜粋)

1)キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛に「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」を送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

2)基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。

3)ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合はキャッシュバックを受け取れません。
GMOのキャッシュバックの受け取り方を簡単に説明すると

1.BBのメールアドレスの作成
GMOとくとくBBでWiMAXを契約する際、GMOとくとくBBが運営するGMOとくとくBBのメールアドレスを作成する必要があります。
2.「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」の受け取り
作成したBBのメールアドレスに11か月目に「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」が届きます。
3.キャッシュバックの振り込み先口座を登録
「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」の指示に従い、キャッシュバックの振り込み先金融機関の金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義を登録すれば完了です。
4.「ご案内メール」送信日から翌月の末日までに手続きをしないと、キャッシュバックは無効
「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」送信日から翌月の末日までにお受取口座(金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義)のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合はキャッシュバックを受け取れません。鬼だ((+_+))
と言ったように、手順通りに手続すれば問題なしです。

ポイントは、メールの届く日が、11か月目の何日か?わからないところです。

普段使うメールアドレスと異なるBBのメールアドレスなので、普通はうっかり忘れるか、BBのメールアドレスの存在そのものを忘れてしまうでしょう。

どのプロバイダ(MVNO)も契約時にキャッシュバックを受け取る銀行口座を登録できません。

キャッシュバックを受け取る銀行口座を契約時に登録できれば、キャッシュバックの受け取りを忘れることはゼロになるはずです。

わざわざこんなに複雑にする必要があるのは、やはりキャッシュバックの受け取り忘れを狙っているのではないかと疑ってしまうのも無理はないと思います。



旧BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法 難易度 高 ((+_+))
BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法(公式サイトより抜粋)

  1. WiMAXを申込みしたら、BIGLOBE会員専用ページ(マイページ)よりアンケートに答える。
  2. サービス開始翌月を1カ月目として、12カ月目までの継続利用を確認後、振替払出証書が郵送される。(※ 郵送に1カ月以上かかる場合がある。)
  3. 振替払出証書は郵便局またはゆうちょ銀行にて換金する。
なんで、ここまで面倒な手続きをしないとキャッシュバックを受け取れないのか、もう意味がわかりません。

BIGLOBEもマズイと思ったのか、さすがに不評すぎたキャッシュバックの受け取り方法を、かなり改善してきました。

新BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法 難易度 低 (*'ω'*)
BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法

【キャッシュバック特典について】

1)特典の受け取り手続きができる期間は特典適用月(クレジットカードなど口座振替以外のお支払いの場合はサービス開始から13カ月、口座振替のお支払いの場合はサービス開始から7カ月)の翌日(月初2日目)から45日間です。

45日以内にお手続きいただけない場合、キャッシュバック特典は無効となります。

2)クレジットカードなど口座振替以外のお支払いの場合はサービス開通翌月を1カ月目として12カ月目、口座振替のお支払いの場合はサービス開通翌月を1カ月目として6カ月目 が特典適用月となります。

サービスが開始されたら、BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」をご確認ください。

3)「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。

指定口座受け取りの手続き完了から数日後にご指定の口座へ振り込みが行われます。

4)キャッシュバックに関する各種連絡は、特典適用月の月初1日目に連絡先メールアドレス宛にご連絡いたします。日常お使いのメールアドレスをBIGLOBEのマイページからご登録ください。

5)金融機関名、口座番号等入力いただいた内容に問題があった場合は、あらためてメールにてお伝えします。その場合は、メールの内容にそって、手順1から、再度手続きを行ってください。

キャッシュバックの受け取りに関するBIGLOBE詳細ページ
BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方を簡単に説明すると

1.キャッシュバック特典の有効期限
キャッシュバック特典は特典適用月がある、支払いがクレジットカードと口座振替で特典適用月が異なる。

特典適用月は、クレジットカードはサービス開始から13カ月の月初2日目、口座振替の支払いはサービス開始から7カ月の月初2日目で、この日から45日以内にキャッシュバックの手続きをしないとキャッシュバック特典は無効になる。鬼だ ((+_+))
2.「キャッシュバック対象月」を必ず確認する
WiMAXのサービスが開始されたら、BIGLOBEのマイページにログインして、「キャッシュバック対象月」を必ず確認する。
3.キャッシュバックの振込希望の金融機関情報の登録
「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になるので、キャッシュバックの振込希望の金融機関情報を登録する。

指定した金融機関名、口座番号等に不備があった場合、再度手続きをする。

ナイス! 普通は振込先 金融機関名 口座番号に不備があった場合、キャッシュバックは無効になるのですが、BIGLOBE、ここはスッゴクよい!
4.キャッシュバックに関する各種連絡事項用のメールアドレスを登録する
キャッシュバックに関する各種連絡は、特典適用月の月初1日目に連絡先メールアドレス宛に連絡がくる。

連絡先メールアドレスは、日常使用しているのメールアドレスをBIGLOBEのマイページから登録する。
BIGLOBEのキャッシュバック方法は、キャッシュバックの受け取りに関するBIGLOBE詳細ページ に詳しく説明されています。

以前よりずっとわかりやすくなったBIGLOBEですが、まだまだキャッシュバックの受け取りで納得いかないところがあります。

「2)BIGLOBEのマイページにログインし、「キャッシュバック対象月」をご確認ください。」のあと、

「3)「キャッシュバック対象月」の月初2日目午後より、BIGLOBEマイページで指定口座の手続きが可能になりますので、振込希望の金融機関情報を入力してください。」で口座番号等を入力して数日後振り込みされるのですが、

2)の段階で「振込希望の金融機関情報を入力」ができれば、絶対にキャッシュバックの受け取りを忘れることはないはずです。

この辺の仕組みが、なんで最初から金融機関情報を登録できないのだろう。キャッシュバックの受け取り忘れを完全に防止するには最初から登録した方が絶対受け取り忘れは減るはずだ。

(あわよくば払わないで済ませたいという、あざとさを感じるてしまうのは間違いだろうか?)((+_+))


しかし、以前からはかなり解りやすくなったので、かなり評価プラスです。(๑•̀ㅂ•́)و.


旧ソネットのキャッシュバックの受け取り方法 難易度 なし (*'▽')
So-net キャッシュバックの受け取り方(公式サイトより抜粋)

1)お申し込みから11カ月後の15日にSo-netよりキャッシュバックお受取手続き (ソネット de 受取サービス) のご案内メールをお送りします。

2)メール内容に沿って手続きを行ってください。
1.キャッシュバックの案内メールの送信日
WiMAXの申し込みから、11カ月後の15日にソネットよりキャッシュバックお受取手続き (ソネット de 受取サービス) のご案内メールがくる。
2.メールの内容にしたがってキャッシュバックの手続きをおこなう
メールの内容にしたがってキャッシュバックの手続きをおこなう。
とても解りやすいですね。ソネット ナイス キャッシュバック!(*'▽')

現在、ソネットはキャッシュバックを廃止、

ギガ放題の月額料金を36カ月固定料金とし、キャッシュバックを受けた時と同じレベルの3,380円まで下げてきました。


ギガ放題の月額料金は4,380円ですので、ソネットのギガ放題 月額固定料金 3,380円は、36,000円分のキャッシュバックに相当します。

プロバイダー(MVNO)がWiMAXサービスを提供するのに、他社より有利な条件のキャッシュバックを無理をして設定して、経営が圧迫するのを避けるために、キャッシュバックの受け取り忘れを狙った複雑なキャッシュバック受け取り方法を提示させられるより、月額基本料金がずっと変わらず安い方が絶対にユーザーは嬉しいはずです。

もうキャッシュバックの受け取りを忘れたらどうしようという悩みから、ソネットなら完全に解放されます!


UQ WiMAX 難易度 とっても低い
1)ご契約月の翌々月にお申込み時にご登録いただいたEメールアドレスにご連絡いたします。

2)ご連絡のEメールに記載されたURLのページからご指定の口座情報を入力ください。

3)口座情報ご入力後、原則翌営業日までにご指定の口座にキャッシュバック金額をお振込みいたします。

1.契約の翌々月に登録したEメールアドレスに連絡がくる
契約月の翌々月に、申込み時に登録したEメールアドレスに連絡がくる。
2.キャッシュバックを受け取りたい銀行口座情報を登録する
連絡がきたEメールに記載されたURLのページから、指定の銀行口座情報を登録する。
3.キャッシュバック金額のお振込み
銀行口座情報 登録後、原則翌営業日までに指定の口座にキャッシュバック金額が振込まれる。
 UQ WiMAX 公式サイトへGo!


キャッシュバックを受け取る方法を、各社複雑にしている理由は、当然受け取れないことを望んでいるからなんです。 ((+_+))

普通に考えて、普段使っていないメールアドレスに11カ月以降の厳密な日はわからない、いつか送られてくるメールに気が付くほど、気をつけている人なんていないと思います。

業界全体でキャッシュバックの受取失敗率はどのくらいなんでしょうね?当然、あきらかにはされません。

そんな受け取り難易度が鬼のキャッシュバックより、月額料金をはじめから安くしておいてくれたほうが、どれだけスッキリするか、考えるまでもないと思います。

そんな理由から、ソネットはギガ放題 月額料金を最初から下げて、キャッシュバックを廃止しているので、キャッシュバックを受け取るわずらわしさもなく、とても良いプランです。

ソネットを第1位に押す理由は、ギガ放題の月額料金が36カ月固定3,380の驚異的な月額固定料金を実現しているところです。


WiMAX 比較 通信モード

WiMAXの通信モードの比較。ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモード

WiMAXじゃなくて、WiMAX 2でもなくて、WiMAX 2+ハイスピードモードハイスピードプラスエリアモードって、ネーミングセンスの無さに涙がでるほど分かりにくいWiMAX。


現在WiMAXと呼ばれるものは、WiMAX 2+のことで、WiMAX 2+は、ハイスピードモードハイスピードプラスエリアモードの2種類のモードを持っています。

WiMAXの進化の過程で、WiMAX < WiMAX 2 < WiMAX 2+ < ハイスピードモード < ハイスピードプラスエリアモード と進化してきました。

WiMAXの歴史 ※下り/上り
  • 2009年 40Mbps/15.4Mbps WiMAX
  • 2013年 110Mbps/10Mbps ハイスピードモード WiMAX 2
  • 2015年 220Mbps/10Mbps ハイスピードモード WiMAX 2+
  • 2016年 440Mbps/30Mbps ハイスピードモード WiMAX 2+
  • 2016年 590Mbps/75Mbps ハイスピードプラスエリアモード WiMAX 2+ と au 4G LTE 800MHz 併用
  • 2018年 558Mbps/30Mbps ハイスピードモード WiMAX 2+
  • 2018年 708Mbps/75Mbps ハイスピードプラスエリアモード WiMAX 2+ と au 4G LTE 800MHz 併用
  • 2019年 1,237Mbps/75Mbps ハイスピードプラスエリアモード WiMAX 2+ と au 4G LTE 800MHz 併用

WiMAX 2+ ルーター W06とWX05の比較


WiMAX ルーター W06 WX05 スペック比較表
下り/上り
W06
W06
WX05
WX05
WiMAX 2+ 558Mbps/30Mbps 約7.1時間
4×4MIMO + 3CA 変調方式256QAM
×
440Mbps/30Mbps × 約8.1時間
4×4MIMO + CA
220Mbps/30Mbps 約9時間 約11.5時間
110Mbps/30Mbps 約11.6時間 約14時間
WiMAX 13.3Mbps/10.2Mbps × ×
au 4G LTE 800MHz
ハイスピードプラスエリアモード
1,237Mbps/75Mbps 約5時間 ×
958Mbps/75Mbps 約6.5時間 ×
440Mbps/75Mbps × 約8.0時間
連続待受時間 ウェイティング 38時間 50時間
休止状態 800時間 700時間
最大同時接続台数 Wi-Fi通信 16台 10台
Bluetooth通信 × 3台
USB 1台 1台
大きさ 幅 128mm
高さ 64mm
奥行 11.9mm
幅 111mm
高さ 62mm
奥行 13.3mm
重さ 約125g 約128g
画面サイズ 約2.4インチ 約2.4インチ
カラー ブラック×ブルー
ホワイト×シルバー
ソニックレッド
ピュアホワイト
バッテリー取り外し&交換 内蔵のためメーカーに送り交換 可能
その他機能 ワンタイムHS+A
WiMAXハイパワー(440Mbps/30Mbps)
ハイパフォーマンス(440Mbps/30Mbps)
ノーマル(440Mbps/30Mbps)
エコ(220Mbps/30Mbps)
ビームフォーミング
発売時期 2019年1月25日 2018年11月8日
製造メーカー HUAWEI NEC


W06とWX05のハイスピードモードの比較

軽~るくまとめると、ハイスピードモードはWiMAX 2+の電波を使っていて、通信の下り/上りの速度は、 W06、W05558Mbps/30MbpsWX05、WX04、L01sは440Mbps/30Mbpsで通信可能です

W06とWX05のハイスピードプラスエリアモードの比較

ハイスピードプラスエリアモード、はWiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzの電波を使っていて、通信の下り/上りの速度は、 W061,237Mbps/75Mbps(東京都、埼玉県、愛知県、大阪府のみ)、WX05は、440Mbps/75Mbpsで通信可能です。

WiMAX 2+の通信(電波)だけでも、W06 558Mbps/30Mbps または WX05 440Mbps/30Mbpsの通信速度で、ハイスピードプラスエリアモードは最大1,237Mbps/75Mbpsなので、WiMAX 2+がスゴク高速なのがわかります。

ハイスピードプラスエリアモードでは、W061,237Mbps/75Mbpsを実現し、とうとう1ギガの壁を全キャリア(docomo、au、SoftBank、Ymobile、楽天、UQ WiMAX)最初に突破しました。

1ギガ以上での通信を5Gと呼びますが、最初に5Gを達成したのはWiMAX 2+で、現在でもWiMAX 2+だけです。

WiMAX 2+ ルーター W06とWX05の違い2:通信方法、速度の比較

W06

W06の通信方式

W06のWiMAX 2+の通常の通信方式であるハイスピードモードは、

  • 4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)
  • 3CA(キャリアアグリゲーション)
  • 変調方式256QAM
という通信技術を使用し、WiMAX 2+の通信速度は558Mbps/30Mbps約7.1時間 連続通信可能です。

WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzの電波を併用するハイスピードプラスエリアモードでは、1,237Mbps/75Mbpsという驚異的な速度を実現していますが、バッテリーの消費が大きく約5時間の使用にとどまっています。

WX05

WX05
WX05 のWiMAX 2+の通常の通信方式であるハイスピードモードは、

  • 4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)
  • 3CA(キャリアアグリゲーション)
という、UQコミュニケーションズが当初より予定していた通信方式です。

WiMAX 2+の通信速度は440Mbps/30Mbpsです。

WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzの電波を併用するハイスピードプラスエリアモードで、通信速度440Mbps/75Mbps を実現し、バッテリーの消費も 約8時間 連続通信可能で、バッテリーの消費時間から考えると現実的に使える性能です。


W06とWX05の比較ポイントの1つにバッテリーのもちの良さがあります。

更に、WX05には、4つのWiMAX 2+の通信モードが備わっております。

  • WiMAXハイパワー(440Mbps/30Mbps)
  • ハイパフォーマンス(440Mbps/30Mbps)約8.1時間
  • ノーマル(220Mbps/30Mbps)約11.5時間
  • エコ(110Mbps/30Mbps)約14時間

WiMAXハイパワー
WiMAXハイパワーは「特に屋内利用時の電波が入りにくい場所での通信速度を20%向上する機能」です。

WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzの電波を併用するハイスピードプラスエリアモードでは、遮蔽物、閉鎖した空間にも強いプラチナバンドのau 4G LTE 800MHzが使えるので接続できないことはほぼありませんが、WiMAX 2+だけだと接続できない場所があります。

そのような場所で、WiMAXハイパワーを使用すると接続できる可能性がグッと向上します。

ハイパフォーマンス(440Mbps/30Mbps)はWiMAX 2+の通常速度の通信で約8.1時間通信可能です。

ノーマル(220Mbps/30Mbps)は約11.5時間、エコ(110Mbps/30Mbps)約14時間通信可能で、バッテリーがなくなってきたとき、ノーマルやエコモードすることで通信を続行できます。

「ワンタイムHS+A」が超便利
WX05
WX05には、「ワンタイムHS+A」という機能があり、ハイスピードプラスエリアモードの速度制限がかかる7ギガを超過することを防ぐ機能があります。

具体的には、「ワンタイムHS+A」で、指定したハイスピードプラスエリアモードの通信量に達すると、自動的にハイスピードモードに戻すという機能です。

ハイスピードプラスエリアモードは7ギガを超過した場合、ハイスピードプラスエリアモード、ハイスピードモードの両方を128Kbpsに速度制限してしまい、月末を超えないと解除されないという、WiMAX 2+最大のワナがあります。

この、最大のワナを回避できる優れた機能が「ワンタイムHS+A」です。

この機能は、WiMAX 2+ルーター全機種に搭載してほしいです。

WiMAX 2+ ルーター Speed Wi-Fi HOME L02とWiMAX HOME 01の比較


WiMAX ルーター Speed Wi-Fi HOME L02 WiMAX HOME 01 スペック比較表
下り/上り
Speed Wi-Fi HOME L02
WiMAX 2+ Speed Wi-Fi HOME L02
WiMAX HOME 01
WiMAX HOME 01
WiMAX 2+ 558Mbps/30Mbps ×
440Mbps/30Mbps ×
WiMAX 13.3Mbps/10.2Mbps × ×
au 4G LTE 800MHz
ハイスピードプラスエリアモード
WAN側
1,237Mbps/75Mbps
LAN側
1,000Mbps/75Mbps
×
440Mbps/75Mbps ×
最大同時接続台数 Wi-Fi通信 40台
(2.4GHz 20台、5GHz 20台)
20台
(2.4GHz 10台、5GHz 10台)
有線LAN規格 2台 2台
USB × ×
大きさ 幅 93mm
高さ 178mm
奥行 93mm
幅 70mm
高さ 155mm
奥行 100mm
重さ 約436g 約338g
カラー ホワイト ホワイト
電源 電源はACアダプタのみ 電源はACアダプタのみ
製造メーカー HUAWEI NEC
Speed Wi-Fi HOME L02の通信イメージ
WiMAX 2+ Speed Wi-Fi HOME L02

WiMAX HOME 01の通信イメージ
WiMAX HOME 01

Speed Wi-Fi HOME L02、WiMAX HOME 01の弱点 内蔵バッテリーがないので停電時に接続が切れてしまう

Speed Wi-Fi HOME L02、WiMAX HOME 01はどちらも据え置き型のWiMAX 2+ ルーターで、AC電源からのみ電力供給可能で、内蔵バッテリーはありません。

据え置き型のルーターの重要なポイントは、停電時に使えるか?のですが、Speed Wi-Fi HOME L02、WiMAX HOME 01どちらもバッテリーを内蔵していないので、停電時は使用できません。

別途、UPS(無停電電源装置)を購入すると便利に使えます。

もちろん、UPSがなくても自動的に接続復旧するので、停電時がなおれば自動的に復旧し使用できるようになります。


Speed Wi-Fi HOME L02ならW06をおすすめします

WiMAX 2+ で据え置き型ルーターの検討をしている方は、AC電源に常につなぎっぱなしでないと使用できないルーターより、ちょっと置き場所を変えたい、旅行に持っていきたいなど、移動する必要が出た場合とても困ります。

Speed Wi-Fi HOME L02のWiMAX 2+ (ハイスピードモード)は558Mbps/30Mbpsで、携帯型のW06と同じ速度です。

Speed Wi-Fi HOME L02とW06のハイスピードプラスエリアモードも1,237Mbps/75Mbpsで同じ速度なので、普段は据え置きとして使用して、必要時に携帯可能なW06の方が使い勝手がよいので、W06をおすすめします。


WiMAX HOME 01ならW06、WX05をおすすめします

WiMAX HOME 01のWiMAX 2+ (ハイスピードモード)は440Mbps/30Mbpsで、WX05と同じ速度です。

WiMAX HOME 01とWX05のハイスピードプラスエリアモードも440Mbps/75Mbpsで同じ速度ですので、W06同様に携帯可能な使い勝手の良いW06、WX05をおすすめします。

また、W06、WX05は携帯型ですので当然バッテリーを内蔵しており、停電時も関係なく使用できます。


WiMAX ルーター W05 WX04 スペック比較表
下り/上り
W05
W05
WX04
WX04
WiMAX 2+ 558Mbps/30Mbps
558Mbps/75Mbpsで通信
4x4MIMO 変調方式256QAM(3CA)
×
440Mbps/30Mbps ×
440Mbps/50Mbpsで通信
4×4MIMO + CA
220Mbps/30Mbps ×
110Mbps/30Mbps ×
WiMAX 13.3Mbps/10.2Mbps × ×
WiMAX 2+
au 4G LTE 800MHz
758Mbps/75Mbps ×
440Mbps/75Mbps ×
重さ131g128g
大きさ 幅 130mm
高さ 55mm
奥行 12.6mm
幅 111mm
高さ 62mm
奥行 13.3mm
バッテリー 440Mbps 約9時間 約8.1時間
220Mbps × 約11.5時間
110Mbps × 約13.8時間
13.3Mbps × ×
WiMAX 2+
au 4G LTE 800MHz
約4.3時間
758Mbps/75Mbps
WiMAX 2 + au 4G LTE 800MHz
約8時間
440Mbps/75Mbps
WiMAX 2 + au 4G LTE 800MHz

WiMAX 2+ ルーター W05とWX04の比較

W05 W05
W05のWiMAX 2+(ハイスピードモード)の下り/上りの速度は、 W05558Mbps/30Mbpsで通信可能です。

WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzの電波を使用するハイスピードプラスエリアモードの下り/上りの速度は、 W05758Mbps/75Mbps通信可能です。

W05 W05
W05のWiMAX 2+(ハイスピードモード)の下り/上りの速度は、 WX04は、 440Mbps/30Mbpsで通信可能です。

WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzの電波を使用するハイスピードプラスエリアモードの下り/上りの速度は、 WX04は、440Mbps/75Mbpsで通信可能です。

WiMAX 2+の電波だけでも、558Mbps/30Mbps または 440Mbps/30Mbpsの通信速度なので、WiMAX 2+がスゴク高速なのがわかります。


スマホで使っているLTEの下りの速度は150Mbps~225Mbpsと比較すると、とても速いことが分かりますね。


さらに、最新のWiMAX 2+の機種 W05、WX04、L01sは、は、ハイスピードプラスエリアモードを使用できます。

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX 2+とau 4G LTE 800MHz(150Mbps/25Mbps)を併用できるので、W05758Mbps/75MbpsWX04、L01sは、440Mbps/75Mbpsで通信できます

  • ハイスピードモードとは、WiMAX 2+標準的な通信のことで、WiMAX 2+の電波を使用して通信します。

    ハイスピードモード対応の機種は、W05、WX04、L01sの3機種だけです。

    W05は、558Mbps/30Mbpsで連続約9時間通信可能です。

    WX04は、440Mbps/30Mbpsで連続約8.1時間通信可能です。

    L01sは、440Mbps/30Mbpsで、据え置き型でACアダプタで電源を供給します。

    ※下りとは各種サーバがWX04に向けて情報を送信すること。上りとはWX04がサーバに向けて情報を送信すること。

  • ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX 2+の電波と、au 4G LTE 800MHzの電波を併用して通信することです。

    ハイスピードプラスエリアモード対応の機種は、W05、WX04、L01sの3機種だけです。

    W05は、758Mbps/75Mbpsで連続約4.3時間通信可能です。

    WX04は、440Mbps/75Mbpsで連続約8時間通信可能です。

    L01sは、440Mbps/75Mbpsで、据え置き型でACアダプタで電源を供給します。

WiMAX 2+ ルーター W05とWX04の比較 違い2:通信速度

W05の通信方式

W05 のWiMAX 2+の通常の通信方式であるハイスピードモードは、

  • フォーバイフォー マイモ(4×4MIMO)
  • キャリアアグリゲーション(3CA)
  • 変調方式256QAM
という最新の通信方式で、WiMAX 2+ ハイスピードモードの通信速度は558Mbps/30Mbps約9時間連続通信可能です。

WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzの通信を併用するハイスピードプラスエリアモードでは、758Mbps/75Mbps という驚異的な速度を実現していますが、バッテリーの消費が大きく約4.3時間しか使用できません。


WX04 は、UQコミュニケーションズが当初より予定していた通信方式で、

  • フォーバイフォー マイモ(4×4MIMO)
  • キャリアアグリゲーション(CA)
を使用しています。

WiMAX 2+の通信速度は440Mbps/30Mbpsを実現し、約8.1時間連続通信可能です。

WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHz の通信を併用するハイスピードプラスエリアモードで、通信速度440Mbps/75Mbps を実現し、バッテリーの消費も約8時間連続通信可能で現実的に使える性能です。

Wi2ワイワイ君WiMAXの機種を比較 WX05とW06 どっちが良いかズバリWiMAX機種比較 WiMAX 2+の最新機種 WX05とW06、WX04とW05、Speed Wi-Fi HOME L02とWiMAX HOME 01を詳しく比較しました。

WiMAX 比較 通信方式

4G(第4世代の移動体通信方式)を実現する4×4MIMO、CA

現在の通信方式で最新のものは、4G通信(第4世代の移動体通信方式)と呼ばれています。なお、1つ前の第3世代は、ガラケーやiPhone3Gです。

4G通信(第4世代の移動体通信方式)を実現する方式は、4×4MIMO(フォーバイフォー マイモ)、CA(キャリアアグリケーション)で、各社研究開発を進めていますが、WiMAXが1番にサービスを開始しました。

4×4MIMO(フォーバイフォー マイモ)、CA(キャリアアグリケーション)はLTEでも採用されている技術で、4G通信の中核となる技術です。

キャリア各社は、LTEでそれぞれ実証実験を重ねて、WiMAXに追随する体制です。

4×4MIMO フォーバイフォーマイモ と CA キャリアアグリゲーション

WiMAX 2+の周波数帯域は、2.4GHz、5GHzを使用しています。複数のアンテナで同時に通信する技術と、複数の周波数帯域を1つにまとめ上げる技術を組み合わせて、WiMAX 2+は高速通信を実現しています。

  • WiMAX 2+は、4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)と呼ばれる技術と、CA(キャリアアグリゲーション)と呼ばれる技術を併用し通信しています。

    • 4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)の4×4は、基地局に4つのアンテナWiMAXルーターに4つのアンテナを使用し通信することを意味しています。

      MIMOはMultiple Input and Multiple Outputの略で複数の電波の受信、複数の電波の送信を意味しています。

      4×4MIMOとは、基地局とWiMAXルータがそれぞれ4つのアンテナで通信する仕組みです。
    • 4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)


    • CA(キャリアアグリゲーション)とは、

      Carrier wave(キャリア ウェーブ 電波)Aggregation(アグリゲーション 集合)の略で、

      異なる2つ以上の電波を集合させ束ねて、速度を上げる仕組みです。
    CA(キャリアアグリゲーション)

256QAM変調方式

256QAM変調方式 256 Quadrature Amplitude Modulation の略。

直訳すると、直交振幅変調?となんとなく通信技術に詳しい人だけがわかる意味不明な言葉に。

変調方式という言葉から、データ密度をゴニョゴニョして、より高密度にして送信する技術だろうという予想ができます。

ソフトバンクの説明では、「無線通信における変調方式の1つで、情報密度を高めて一度に運べるデータ量を増加させる技術」だそうです。

昔から通信速度の向上は、一度に送信する情報の密度をギュッと固めて沢山送るというのがセオリーなので、これも同じような感じです。

変調方式256QAMを使用しているのは、W06とW05で、本来440Mbps/30Mbbpsの通信速度であるところを、変調方式256QAMで558Mbps/30Mbpsに高速化しています。

知っておいたほうがいい 1G(第1世代の移動体通信方式 1979年)~ 5G(第5世代の移動体通信方式 2020年)

  • 1G(第1世代の移動体通信方式) 1979年 アナログ方式の第一世代通信システム。NTTの前身の日本電信電話公社が、「自動車電話サービス」として開始。

    1985年、「ショルダーホン」のデビュー。 総重量約3kgの肩かけ式です。最近では芸人「平野ノラ」が、肩からかけてるアレです。

  • 2G(第2世代の移動体通信方式) 1993年 デジタル方式の2Gの運用を開始する。

    デジタル化により、メールの送受信が可能になり、ポケットベルPHSが登場する。

  • 3G(第3世代の移動体通信方式) 2001年 Mbpsレベルの桁違いに高速なデータ通信が可能な3Gの運用開始。

    国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した通信システム。

    ntt docomo、J-フォンが、NTT docomo・ノキア・エリクソンが開発した「W-CDMA」規格、KDDI(au)は、米クアルコムが開発した「CDMA2000」規格を採用した。

    ガラケーiPhone3Gはこの第3世代の移動体通信方式を使用しています。

  • 4G(第4世代の移動体通信方式)2018年時点ではここですね。

    「MT-Advanced」規格に準拠する通信方式。2015年から、ntt docomo、au、SoftBankが「LTE-Advanced」、au(UQ コミュニケーションズ)が「WirelessMAN-Advanced」(WiMAX 2)で運用開始。

  • 5G(第5世代の移動体通信方式) 2020年、通信速度10Gbpsの実現予定。通信速度を向上させるため、800MHz~1GHzの高周波数帯域を確保する必要がある。
えぇPHSって2Gなんですね。

音声はクリアだし、昔はよく通信が途切れましたが、今は電車でも自動車でもまったく途切れません。

そう、現役ボケはPHSユーザーです。でも、2020年にサービスを終了するとダイレクトメールが来ました。

PHSを採用している企業は多く、霞が関の中央官庁もPHSを配布しています。

PHSユーザー(PHSは旧Willcom)は2020年からはYmobileの携帯かスマホを使わなくてはいけないのですが、国内通話でどの携帯キャリアにかけても、固定電話にかけても何時間かけても無料の「スーパーだれとでも定額」が無料になります。

それから、2001年~2014年まで頑張ったのは3Gだったんですね。

FOMAとかありましたね。感慨深い。

WiMAX 比較 電波

WiMAX 比較 電波 基地局数 通信技術

通信速度、つながりやすさは、電波基地局数通信技術がすべてを決めています

電波と基地局数と通信技術で、どれが通信に与える影響が大きいかは、圧倒的に電波基地局数です

通信技術だけで、良い電波と基地局数に勝つことは無理です

はじめに電波基地局数。次に通信技術が重要です

4G通信の基礎となっている通信技術の4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)、CA(キャリアアグリゲーション)は速度やつながりやすさに影響を与えていますが、電波と基地局数ほど大きな影響をあたえるのは難しいのが現実です。

WiMAX 比較 周波数帯域

通信事業者に割り当てられた電波は現在、700Mhz、800Mhz、900Mhz、1.5GH、1.7GH、2.1GHz(2GHz)、2.4GHz(2.5GHz)、3.5GHz、5GHzです。

700Mhz、800MHz、900Mhz帯は、とくにツナガリやすい性質をもった電波で、その希少性からプラチナバンドとも呼ばれています。

これらの周波数帯域の電波を、NTTドコモ、au、SoftBank、UQコミュニケーションズに割り当てています。

平等に割り当てたいところですが、各社、割り当てられている周波数帯域が違います。

WiMAXには、電波の転送速度の速い2.4GHz、5GHzが割り当てられています。



WiMAX 比較 パケット通信

スマホでWEBを見たり、YouTubeを見たりするときに使う通信をパケット通信といいますが、スマホのパケット通信と音声通話に割り当てている電波が違うケースもあります。

パケット通信には、4G(LTE)、音声通話には3G(CDMA)のように、それぞれ使い分けているケースです。

1台のスマホに複数の電波を割り当てて、音声通話とパケット通信など機能ごとに使い分けているのです。

2018年には、4G(LTE)で音声通話も可能な、VoLTEという技術も利用されるようになり、ムダな周波数帯域の分離をおこなわなくてすむようになりつつあります。

モバイルWiFiルーターやWiMAX 2+に使っている電波とスマホに使っている電波も違います。



電波の中で700Mhz帯、800MHz帯、900Mhz帯はプラチナバンドといい、とてもつながりやすい特徴のあります。

山間部や、遮蔽物の中、新幹線など、電波のツナガリにくいエリアでも、つなげることができます。

プラチナバンドで全ての通信ができれば良いのですが、重要性の高い通信、たとえば音声通話は重要性が高いので、プラチナバンドは音声通話に優先的に割り当てるなど重要性を優先しています。

プラチナバンドが万能か?と言われると、プラチナバンドのメリットは、とてもツナガリやすい特徴と、電波が遠くへ飛ぶ特徴があります。

逆に、プラチナバンドのデメリットは、周波数帯が低いので、速度が周波数帯の高い電波より遅いというデメリットがあります。

電波は周波数帯域が低いとつながりやすく遠くまで飛びます。周波数帯域が高いとまっすぐに高速に飛んでいく習性があります

スマートフォンも携帯電話も、つながらないことには意味がないので、いくら速い通信が可能でも、つながりやすさがもっとも重要です。



電波は、水道管と水に似ています。

太い水道管からは沢山の水が出てきますが、細い水道管からは少しの水しか出てきません。

同じように、たとえば700MHz帯の700、701、702~799まで全ての帯域すべて使えるのなら太い水道管と同じで沢山通信ができますが、NTTドコモ、au、SoftBank、UQコミュニケーションズに平等に電波を割り当てなくてはいけません

結果的に、700MHz帯の扱える電波は、それぞれのキャリアで20MHzずつしかなく、水道管に例えると細い水道管になってしまい、水は少ししか出ません。

このため、プラチナバンドのように貴重な電波は音声通話に、それ以外の電波はパケット通信に割り当てるという優先順位があります。



検討されているサービスや機種が、プラチナバンドを使用しているのか?別の帯域の電波を使用しているのか?別の帯域なら、1.5GHのように、プラチナバンドに近い帯域か、5GHzのようにプラチナバンドからは遠い帯域だが、高速通信できる帯域かで性能が決まってしまうのです。

現在では新技術の4×4MIMOやCAで複数の帯域の電波をまとめて使う技術があるので、1つの周波数帯域単体で通信していた時代より、つながりやすく高速な通信が実現されています。

NTTドコモがわかりやすい資料を作ってありました。電波の特性

WiMAX 2+の比較  4G(第4世代の移動体通信方式)NTTドコモ

ドコモ ロゴ    NTTドコモは、1288MbpsMbps/131.3Mbpsのサービスを2019年から試験を開始しました。

NTTドコモの1288Mbps/131.3MbpsはLTE通信なので、当然プラチナバンドだよね?つながりやすい最強電波で1Gbps近い速度ってすごいね。

今回NTTドコモが使っている周波数帯域は、

3.5GHz、3.5GHz、2GHz、1.7GHz、800MHzを、4×4MIMOCA256QAM、でまとめて1288Mbps/131.3Mbpsを実現しています。

NTTドコモの通信技術は、いままでは3.5GHz、3.5GHz、1.7GHzしか使っていなかったので、WiMAX 2+の通常通信とほぼ変わらないつながりやすさだったのですが、プラチナバンドである800MHzを加えることで、WiMAX 2+の通常通信(ハイスピードモード)よりつながりやすく、WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzを併用するハイスピードプラスエリアモードとほぼ変わらない通信速度とつながりやすさになりました。

NTTドコモの場合、パケット(通信料金)が高いので、高速化は良いことですが多くのパケットを使ってしまう可能性が高くなることになります。

WiMAX 2+の優位性は、WiMAX 2+と通常電波とau 4G LTE 800MHzの電波を併用するハイスピードプラスエリアモード 1,237Mbps/75Mbpsの通信が7ギガバイトまで無料だということと、WiMAX 2+の通常通信であるハイスピードモード 558Mbps/30Mbpsは 10ギガバイト以上3日で使用しないと速度制限はないという、通信速度の速さで現在No1であることと、通信料金の安さです。

NTTドコモの料金体系はWiMAX 2+よりかなり高いので、現在のところNTTドコモのモバイルWiFiルーターにアドバンテージは、ほぼありません。

また、1288Mbps/131.3に対応したモバイルWiFiルーターの発売の予定はなく、NTTドコモのモバイルWiFiルーターは、WiFi STATION N-01J 通信速度 PREMIUM 4G® 788Mbps のみで、NTTドコモは今後モバイルWiFiルーターの販売を止めるのではないかと考えられます。

988Mbps/75Mbps 対応機種
Xperia XZ2 SO-03K、Xperia XZ2 Premium SO-04K、AQUOS R2 SH-03K、Galaxy S9 SC-02K、Galaxy S9+ SC-03K、HUAWEI P20 Pro HW-01K、Xperia XZ2 Compact SO-05K

WiMAX 2+の優位性、NTTドコモの弱点

2018年、NTTドコモは受信時最大1288Mbps/送信時最大131.3Mbpsの試験を開始しました。

2019年、WiMAX 2+は1,237Mbps/75Mbpsを実現しサービス開始していますので、現状ではWiMAX 2+有利です。

また、通信料金がNTTドコモよりWiMAX 2+の方が格段に安いので、通信量の多い人はWiMAX 2+が圧倒的に有利です。


WiMAX 2+の料金を格安に提供できるのは、WiMAX 2+の通信技術が、NTTドコモ、au、SoftBankが採用しているLTEとは全く異なるためと、総務省のキャリア3社(NTTドコモ、au、SoftBank)に対するスマホ本体無料などのアカラサマな値引きを禁止するとう方針があるためです。

WiMAX 2+は、キャリア3社ではないことと、格安スマホサービスに参入していますが、基本はWiMAX 2+サービスの提供がメインの事業になるので、総務省からのお達しはありません。

WiMAX 2+単体での最高速度は558Mbps/75Mbpsですが、WiMAX 2+とau 4G LTE 800MHzを併用したハイスピードプラスエリアモードでは1,237Mbps/75Mbpsです。

WiMAX 2+は更に高速化の余地が高く、WiMAX 2+がより高速化されることで、ハイスピードプラスエリアモードもより高速化されていくでしょう。

また、WiMAX 2+の使用可能なau 4G LTE 800MHzはプラチナバンド800MHz帯ですので、周波数帯域の高いNTTドコモの電波(3.5GHz、3.5GHz、1.7GHz)より圧倒的につながりやすい特徴があります。



懸念材料は、au 4G LT 800MHzの帯域を使いすぎると、スマホユーザーの音声通話に影響がでるので、WiMAXユーザーがau 4G LTE 800MHzを無制限にバンバン使える期待はできないと思います。



NTT ドコモ PREMIUM 4G® CA(キャリアアグリケーション)技術の導入 受信時最大1288Mbps/送信時最大131.3Mbps 試験開始
受信時最大1288Mbps//送信時最大75Mbps ドコモ


NTT ドコモ 4×4MIMO(フォーバイフォー マイモ)技術の導入
4×4MIMO ドコモ


NTT ドコモ 256QAM(キューエーエム)技術の導入
256QAM(キューエーエム) ドコモ


NTTドコモの所有する周波数帯域は、700Mhz、800MHz、1.5GH、1.7GH、2.1GHz(2GHz)、3.5GHzです。

700Mhz(Band28)、800MHz(Band26(19(6))) 、1.5GH(Band21)、1.7GH(Band9)、Band1(2.1GHz(2GHz))、Band42(3.5GHz)がそれぞれのBandです。

元々国営企業という面もあり、NTTドコモは他の通信キャリアより若干たくさんの周波数帯域を所有しています。

モバイルデータ通信に保有する周波数帯域に、現在より有利な周波数帯域を使用してくる可能性はゼロではないので、今後に期待です。

WiMAX 2+の比較  4G(第4世代の移動体通信方式) au

4G(第4世代の移動体通信方式) auとWiMAX 2+の比較

auは傘下のUQ コミュニケーションズが展開するUQ WiMAXで、通信方式にWiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)4×4MIMO、CAを使用した使用した4G通信サービスを始めていて、下り440Mbps/30Mbps~558Mbps/30Mbpsの性能を実現しています。

UQ コミュニケーションズは、KDDIが筆頭株主の会社ですが、完全子会社ではないので、auとは別の会社として扱われていますが、技術はauから協力を受けています。


KDDIが筆頭株主であるUQ WiMAX社は、WiMAX 2+で周波数帯域2GHz、3.5GHzを使い、LTE通信で、4×4MIMOCAを使用し下り1,237Mbpsを実現しサービス開始しました。

WiMAX 2+の2.4GHz、5GHzと比較すると、2GHz、3.5GHzなので、大きくは変わらない周波数帯域です。

プラチナバンド(700MHz~900MHz)のようなつながりやすい帯域ではないので、つながりやすさはWiMAX 2+、NTTドコモのLTE 1288Mbpsとあまり変わらないでしょう

携帯電話やスマホの普及で音声通話を優先する必要があり、プラチナバンドをパケット通信に使う余裕はあまりないのでしょう。

auの4G LTE、WiMAX 2+の4×4MIMO、キャリアアグリゲーション、256QAMで超高速通信

au 受信時最大1,237Mbps/送信時最大112.5MbpsMbps 開始
受信時最大958Mbps/送信時最大不明Mbps au


au 受信時最大958Mbps/送信時最大112.5MbpsMbps 開始
受信時最大958Mbps/送信時最大不明Mbps au


au CA(キャリアアグリケーション)技術の導入
キャリアアグリケーション au


au 4×4MIMO(フォーバイフォー マイモ)技術の導入
4×4MIMO au


auの所有する周波数帯域は、700MHz、800MHz、1.5GHz、1.7GHz、2.1GHz(2GHz)、3.5GHzです。

700MHz(Band28)、800MHz(Band26(18))、1.5GHz(Band11)、1.7GHz(Band3)、2.1GHz(2GHz)(Band1)、3.5GHz(Band42)がそれぞれのBandです。

WiMAX 2+の比較  4G(第4世代の移動体通信方式) SoftBank

4G(第4世代の移動体通信方式) SoftBankとWiMAX 2+の比較

SoftBankは下り400Mbpsの4Gサービスを展開中です。
SoftBankのLTEがなんだかおかしいのです。

2018年段階では受信時最大612Mbpsだったのですが、2019年段階では受信時最大400Mbpsに下がっています。

2019年段階では受信時最大400Mbps
受信時最大612Mbps/送信時最大不明Mbps SoftBank
2018年段階では受信時最大612Mbps
受信時最大612Mbps/送信時最大不明Mbps SoftBank

SoftBank ロゴ   この絵を見ると、やる気あるのかSoftBankと思っちゃいますね。

おそらく、
  • ユーザーが増加しているにも関わらず、基地局などの設備投資を十分に行えてない
  • 広告宣伝費などをかけすぎて、基地局の設備投資や新技術開発いお金がまわっていない
可能性が高いでしょう。 SoftBankの4Gの周波数帯域は2.5GHz、3.5GHzで、「NTTドコモの3.5GHz、3.5GHz、1.7GHz」「auの2GHz、3.5GHz」「WiMAX 2+の2.4GHz、5GHz」とほぼ同じですね。

NTTドコモ、au同様、SoftBankもプラチナバンド(700MHz~900MHz)はモバイルWiFiルーターには使用していません

SoftBankは他にも、700Mhz、900Mhz、1.5GH、1.7GHz(1.8GHz)、2.1GHz(2GHz)、2.4GHz(2.5GHz)、3.5GHzと、複数の周波数帯域を持っているので、今後もっと低い周波数帯域を使用した4Gを展開してくるようなら注目です。

700Mhz(Band28)、900Mhz(Band8)、1.5GH(Band11)、1.7GHz(1.8GHz)(Band9)、2.1GHz(2GHz)(Band1)、2.4GHz(2.5GHz)(Band38を含む41)、3.5GHz(Band42)がそれぞれのBandです。

現在のところ、WiMAX 2+のほうがリーズナブルなので、SoftBankのモバイルWiFiルーターはお得ではありません。


周波数帯域一覧表 Band MHz GHz ドコモ、au、SoftBank、楽天、UQ WiMAXごとに比較

4G 使用周波数帯域の比較 NTTドコモ au SoftBank WiMAX 2+ 楽天(1)

NTTドコモ 988Mbps/75Mbps 3.5GHz、3.5GHz、1.7GH
au 958Mbps 2.1GHz(2GHz)、3.5GHz
SoftBank 612Mbps 2.4GHz(2.5GHz)、3.5GHz
WiMAX 2+ 2.4GHz、5GHz

4G 使用周波数帯域の比較 NTTドコモ au SoftBank WiMAX 2+ 楽天(2)

700Mhz 800Mhz 900Mhz 1.5GH 1.7GH 2.1GHz 2.4GHz 3.5GHz 5GHz
NTTドコモ 4G 4G
au 4G 4G
SoftBank 4G 4G
WiMAX 2+ 4G 4G
4Gに使用する周波数帯域は、

  • NTTドコモ
    • 1.7GHz、3.5GHz、3.5GHz
  • au
    • 2.1GHz(2GHz)、3.5GHz
  • SoftBank
    • 2.4GHz(2.5GHz)、3.5GHz
    • Y!mobile
      • 1.7GHz(1.8GHz)
    • YahooWiFi
      • ソフトバンクと同じ
  • WiMAX 2+ 2.4GHz、5GHz
で、やや、1.7GHzを使用しているNTTドコモが有利のように見えますが、各社ほぼ横並びと言えるでしょう。

表にしてみると面白いですね。700MHz、800MHz、900MHz、1.5GHzは、どの通信事業者も4Gには割り当ててません

完全に接続困難なエリア用として割り当てているのでしょう。



インターネットの通信は、パケット通信と言って、遅延が発生しても何度も送信してくれるように設計されているので、多少の遅さがでても仕方ないという割り切りが見えますね。

しかし、ちょっと変なんですよね。NTTドコモがLTEのことをXi(クロッシィ)と命名し、宣伝していたころは、パケット通信もプラチナバンドを割り当てていたはずです。

現在、4Gの通信方式を見る限り、3キャリアともにプラチナバンドはおろか、1.5GHzすらパケット通信に割り当てていないのです

周波数帯域一覧表 Band MHz GHz ドコモ、au、SoftBank、楽天、UQ WiMAXごとに比較

下の表は、通信事業者各社が周波数帯域ごとに、どの程度の電波の割り当てが行われているかを現したものです。

ある周波数帯域を使ってもよいことになっても、同じ周波数帯域を2つの事業者が使うと、電波は混線してしまい、正しく通話、通信ができなくなります

そこで、700MHz帯域の周波数帯域なら、718Mhz~748Mhz(30MHz)、773Mhz~803Mhz(30MHz)が使用可能な帯域で、合計60MHzの帯域が使用可能です。

これをNTTドコモ、au、SoftBank(イー・アクセス)3社均等に20MHzずつ重複しないように割り当てるわけです。

700MHz帯の割り当て
  • NTTドコモ
    • Band 28
      20MHz 下り783-793MHz/上り728-738MHz
  • au
    • Band 28
      20MHz 下り773-783MHz/上り718-728MHz
  • SoftBank(イー・アクセス)
    • Band 28
      20MHz 下り793-803MHz/上り738-748MHz


FDD-LTE通信方式は、「上り」と「下り」で異なる周波数帯域を使用します。

FDD-LTE通信方式は、3G、700Mhz、800Mhz、900Mhz、1.5GHz、1.7GHz(1.8GHz)、2.1GHz(2GHz)で使用されており、多くは3G、3.9G、4G通信に利用されています。



TDD-LTE通信方式は、「上り」と「下り」で同じ周波数帯域を使用します。

TDD-LTE通信方式は、2.4GHz(2.5GHz)、3.5GHz、5GHzで使用されており、4G通信の主力の通信帯域として利用されています。



それぞれの通信事業者は、自分に割り当てられた周波数帯域を厳守することで、確実な通話、通信ができます。

なお、周波数帯域の割り当ては総務省が所管官庁で、すべて、総務省で決めています。

この表を見ていると、ドコモ、au、SoftBank どこが有利か、それほど差がないように見えますね。

総務省の結構興味深い資料を見つけたので、リンクをおいておきます。移動通信分野の最近の動向 平成28年1月29日 総務省  総合通信基盤局


700MHz 周波数帯域の比較 WiMAX 比較

700MHz ATP
Band28
下限周波数/
上限周波数
718~748
773~803
利用方式 全てFDD-LTE
NTTドコモ 20MHz
783-793/728-738
au 20MHz
773-783/718-728
SoftBank 20MHz
793-803/738-748
UQ
楽天

800MHz 周波数帯域の比較 WiMAX比較

800MHz Extended CLR
Band26(18) au
Band26(19(6)) docomo
下限周波数/
上限周波数
815~845
860~890
845~850/890~895 ガードバンド。隣接する周波数帯域を利用するシステムとの電波干渉を防ぐためのバンド。詳しくはガードバンドの概要
利用方式 FDD-LTE
FDD-LTE/WCDMA
Rev.A
NTTドコモ 30MHz
Band26(19(6))
875-890/830-845(FDD-LTE/WCDMA)

Band26は19を内包、Band19は6を内包。

Band6は3G(WCDMA)、Band19はLTE-TDD。

19は6を内包となっているが、実際は上り15MHz/下り15MHzを5MHzごとに区切り、A(6)、B(6)を3Gに、C(19)をLTE-TDDに割り当て。

Band6 ドコモの3G(WCDMA)の主力帯域。別名3G(FOMAプラスエリア)。2016春モデルを最後にFOMA対応モデルの販売は終了。3G停波の予定は2025-2030年頃。

プラチナバンドの特徴で、地下、窓の少ないビル内、山間部、新幹線などでもツナガルことが多い。3Gを使用するドコモ端末は800MHzが無いとオワコン。
au 30MHz
Band26(18)
860-870/815-825(FDD-LTE) 20MHz
870-875/825-830(Rev.A) 10MHz

au LTEのメインバンド。
30MHzをFDD-LTE用に20MHz、3G用に10MHzに区切り運用。

au 4G LTE 800MHz(150Mbps/225Mbps)という記述をあちこちで見かけるが、auのメインバンドが800MHz帯であり、700MHz帯(Band28)、1.5GHz帯(Band11)、2.1GHz帯(Band1)も使用している。

800MHz帯(10MHz/10MHz)、700MHz帯(10MHz/10MHz)、1.5GHz帯(10MHz/10MHz)、2.1GHz帯(20MHz/20MHz)で、下り/上り 50MHz/50MHz の帯域を確保している。

Rev.Aは3Gで別名CDMA2000 EV-DO。 3Gを使用するau端末は800MHzが無いとオワコン。

停波の予定は、2010年にリリース。ドコモより停波は早そう。「CDMA 1X」などのサービス終了等のお知らせ

FDD-LTEは、auのLTE主力帯域。人口カバー率99%。 FDD-LTEは、WiMAX 2+の au 4G LTE 800MHz でも使用している。
SoftBank
UQ
楽天

900MHz 周波数帯域の比較 WiMAX比較

900MHz E-GSM
Band8
下限周波数/
上限周波数
900~915
945~960
利用方式 FDD-LTE
WCDMA
NTTドコモ
au
SoftBank 30MHz
945-950/900-905(WCDMA) 10MHz
950-960/905-915(FDD-LTE) 20MHz

30MHzをFDD-LTE用に20MHz、3G用に10MHzに区切り運用。

3G(WCDMA)はソフトバンク3G主力帯域。3Gを使用するSoftBank端末は900MHzが無いとオワコン。

3G停波の予定は不明。
UQ
楽天

1.5GHz 周波数帯域の比較 WiMAX比較

1.5GHz
Lower-Personal Digital Cellular
Upper-Personal Digital Cellular
Band11 au SoftBank
Band21 docomo
下限周波数/
上限周波数
1427.9~1462.9
1475.9~1510.9
利用方式 全てFDD-LTE

1.5GHz帯域は2G(ポケベル、PHS)が使用していた周波数帯域。再編成がおこなわれ現状にいたる。
1.5GHz Band11 Band21 は iPhone等のグローバル端末が未対応のBandであるため、純国産端末に利用は限られる。
NTTドコモ 30MHz
Upper-Personal Digital Cellular
1495.9-1510.9/1447.9-1462.9

Band21 3GPPを使用。

2012年冬モデル以降のすべてのLTE端末に対応。※iPhone7未満のiPhone、スマートフォン for ジュニアシリーズを除く

LTE 下り112.5Mbps/上り37.5Mbpsで運用。
au 20MHz
Lower-Personal Digital Cellular
1485.9-1495.9/1437.9-1447.9

Band11 3GPPを使用。

LTE 下り75Mbps/上り25Mbpsで運用。

現在の利用状況は不明。

SoftBank 20MHz
Lower-Personal Digital Cellular
1475.9-1485.9/1427.9-1437.9

Band11 3GPPを使用。

3G(HSPA+、DC-HSDPA)で、下り42Mbps/上り5.7Mbpsで運用。2017年3月停波。LTEで使用。
UQ
楽天

1.7GHz 周波数帯域の比較 WiMAX比較

1.7GHz Digital Cellular System
Band3(9)
Band3 au
Band9 docomo SoftBank
下限周波数/
上限周波数
1709.9~1784.9
1804.9~1879.9
1839.9-1844.9/1744.9-1749.9 未定
利用方式 FDD-LTE
FDD-LTE/WCDM
NTTドコモ 40MHz
1859.9-1879.9/1764.9-1784.9(FDD-LTE/WCDMA)

Band9として運用。Band3は9を内包。
au 40MHz
1804.9-1824.9/1709.9-1729.9(FDD-LTE/WCDMA)

Band3として運用。
SoftBank 30MHz
1844.9-1849.9/1749.9-1754.9(FDD-LTE) 10MHz
1849.9-1854.9/1754.9-1759.9(W-CDMA/LTE) 10MHz
1854.9-1859.9/1759.9-1764.9(W-CDMA) 10MHz

Band9として運用。Band3は9を内包。
UQ
楽天 40MHz
1824.9-1844.9/1729.9-1749.9(FDD-LTE)
2019年開始

2.1GHz 周波数帯域の比較 WiMAX比較

2.1GHz(2GHz) IMT
Band1
下限周波数/
上限周波数
1920~1980
2110~2170
利用方式 FDD-LTE/WCDMA
FDD-LTE/Rev.A
NTTドコモ 40MHz
2130-2150/1940-1960(FDD-LTE/WCDMA)
au 40MHz
2110-2130/1920-1940(FDD-LTE/Rev.A)
SoftBank 40MHz
2150-2170/1960-1980(FDD-LTE/WCDMA)
UQ
楽天

2.4GHz 周波数帯域の比較 WiMAX比較

2.4GHz BRS/EBS
Band38を含む41
下限周波数/
上限周波数
2570~2620 Band38
2496~2690 Band41

2582-2592 ※地域BWA(WiMAX方式)
2575-2595 ※地域BWA(高度化方式 WiMAX 2.1またはAXGP) 割当なし
上り2500~2570/下り2620~2690 Band7 FDD 欧州、アジア中心に多くの国で使用されている。日本は未使用。
利用方式 AXGP/TDD-LTE
TDD-LTE WiMAX2+

Band38がBand41に完全に内包されています。
地域BWAと、日本では未使用のBand7があり、きれいに整理できていません。
NTTドコモ
au
SoftBank 30MHz
2545-2575(AXGP)
UQ 50MHz
2595-2645(WiMAX2+)
楽天

3.5GHz 周波数帯域の比較 WiMAX比較

3.5GHz CBRS
Band42
下限周波数/
上限周波数
3400~3600
利用方式 全てTDD-LTE/5G Ready
TDD専用帯域
NTTドコモ 80MHz
3440-3480(2019年以降)
3480-3520(準備中)
au 40MHz
3520-3560(準備中)
SoftBank 80MHz
3400-3440(2019年以降)
3560-3600(準備中)
UQ
楽天

5GHz 周波数帯域の比較 WiMAX比較

5GHz
下限周波数/
上限周波数
利用方式
NTTドコモ
au
SoftBank
UQ WiMAX最高の周波数。4G~5Gで利用
楽天


通話で遅延が発生すると、地球の裏側?厳密にはブラジルじゃないけど、例えばブラジルから衛星中継すると、少し音声が遅れて感じますよね。

映像も遅れているのですが、数秒前の映像が映っているので遅れているように見えないだけで、音声も映像も同様に遅れています。

同じように、スマホや携帯電話で通話したら、相手からの音声が遅れてきたら、なんだこれ?になりますよね。

それから、昔、携帯電話やPHSでもよくあった、ブツ、ブツという音、あれは電波が途中で切れかかっている音です。

音声通話主体の時代、実は、4×4MIMOやCAと似たような概念で複数の電波でつながっていたので、そのうち一本が切れると、あのブツという音が出ていました。

完全にすべての電波が切れると、プープープーになって、通話が切れてしまいます。



いまでは、通話が切れることは、ほとんどないですね。

エレベータで地下に潜るとか、電波がこない海上にいるときくらいでしょう。

まとめると、NTTドコモ、au、SoftBankは、プラチナバンド(700MHz~900MHz)は通話に割り当て、パケット通信は周波数帯域の高い帯域を使用するという方針のようですね


DIGNOケータイ2 with WiMAX 2+

WiMAX 2+ を必要としているユーザーは、パケットの上限を気にしながらスマホを使いたくない、プリンターの共有をするためルーター代わりに使う、もうドコモ、au、SoftBankの料金体系にウンザリなど、さまざまな理由があるでしょう。注意)テザリングではプリンターやPCの共有はできません。


筆者ボケも、どうしても譲れない理由があり、通信はWiMAX 2+ をメインに使っていますし、通話はPHSを使っています。

スマホをメインに使わない理由は、スマホ、PC、タブレットなどを、スマホのテザリングに頼ると、あっという間にスマホの電池がなくなります。

ほかにもスマホのテザリングだと家でのプリンターの共有もできなくて不便です。

何より、iPhoneのような板状の形状で通話すると、耳にスマホを押し付けるような形になり、話している内容に雑音が入るし、雑音が入らないように口をスマホに近づけると、耳にぴったりスマホがつかないので雑音で聞きづらい、要するに2つ折り携帯のようにフィットしないのです。



PHSのいいところは、安い、音声クッキリ、シンプル、2つ折りという実に単純な理由です。特に驚くのが、ドコモ、au、SoftBankしか使ったことがない人には決してわからない、音声クッキリです。

PHSは、音声通話以外にSMSは使えないし、e-メールくらいしか使い道がありません。iモードのような便利な機能はなく、お財布携帯も、ワンセグもないです。

ただ、シンプルに通話することだけに特化したのがPHSです。

また、携帯電話やスマホよりも、当たり前のごとくバッテリーの持ちが良いです。普通に使うだけなら、約1週間充電しなくても大丈夫。

重量は軽く、100グラムを切るPHSも多かったです。2つ折りだとちょうど100グラムちょっとくらいです。

伝えたいことを正確に伝えるという意味でもPHSユーザーは多かったのですが、2020年で停波となりサービスが終了します。



そこで、安く、音声クッキリ、シンプルという基準で、どのキャリアのどの機種を買えばよいか?徹底的に調べました。

答えは、YmobileのDIGNOケータイ2になりました。



こだわったのは、2つ折り携帯であるということ。防水、防塵であること。バックグラウンドで勝手に通信するのを停止できること。充電しないで約1週間使えること。軽いこと。

これで調べていくと、DIGNOケータイ2が浮上。結構調べるのが大変だったのが、バックグラウンドで勝手に通信するのを停止できるか?と、VoLTEを使用しているので、VoLTEがパケット課金に影響を与えないか?がなかなか分りませんでした。

結局、バックグラウンドの通信はメニューから止めることができて、VoLTEは完全に音声通話として以外の課金が無いことがわかりました。

実は、PHSユーザーには、YmobileはPHS終了に伴う特典をつけていて、「スーパーだれとでも定額」どのキャリアと何時間話しても無料のオプションが、次回機種変更まで永久無料なのです。

この「スーパーだれとでも定額」が次回機種変更まで無料ということをめいいっぱい生かしたいので、機能はシンプルで壊れにくい、通話しか使わないことでパケット料金を発生させない、できるだけ長く使うことを目的にDIGNOケータイ2を購入する予定です。

なお、PHSは2台あるので、かけ放題の携帯が月額利用料約1000円で2台できあがります。


WiMAX LTE 機種 比較!WiMAXはどこまで速くなれる?

WiMAX 2030年までのロードマップ


440Mbpsがデフォルトの速さになったWiMAX 2+は、現段階でも NTTドコモのLTE 225Mbps、auのLTE 150Mbps、SoftBankのLTE 187.5Mbpsと比較しても2倍以上速いのです。

更に、最新のWiMAXの機種では au 4G LTE 800MHz 150Mbpsが同時に使えるので、440Mbps+150Mbpsで590Mbpsを実現しています。

W05に至っては、最新の通信規格である4×4MIMO 3CA(変調方式256QAM)でWiMAXだけで558Mbps、 au 4G LTE 800MHzを併用すれば、708Mbpsという、モバイルWiFiルーターの中ではダントツの速さを誇ります。



今後、WiMAXはどこまで速くなるのかですが、2020年までに1Gbpsの実現がほぼ確実な状態です。

1Gbpsもあればベストエフォートであっても、速すぎて全開で使う用途がほとんどないでしょう。

2018年現在では、デスクトップ、ノートブックPCのCPUにこだわる人は減ったと思います。

一昔は、80486だとか、Pentium XXだとか、CPUはパソコン購入の代表的な評価指標でしたが、現在、自分のPCは、どんなCPUが乗っているか、厳密に答えられる人はパソコン利用者の10%もいないでしょう。

これは現在提供されているCPUが、マイクロソフトオフィスを使う、Youtubeを見るなどの一般的な使い方ではCPUが原因で処理遅くなることはなくなったからです。

CPUは十分に速くなって、速さが重要な要素ではなくなったわけです。

モバイル通信も同様な道をたどると考えてよいのではないでしょうか。

1Gbpsもあると 、5K用のハイクオリティーな映画を見るくらいしか思いつくものはありません。

2020年以降の速度アップに関しては未定ですが、現段階でも、もう十分に速く、WiMAXを使用して遅くてイライラするという状況はなくなったといえます。

今後は速さより、つながるエリアの方が重要性を持ってくるのでしょう。たとえば、飛行機、地下鉄、船上など、どの通信事業者もつながらない場所はまだまだあります。

WiMAX LTE 機種 比較!WiMAX LTEはどこまで速くなれる? ntt docomo ロゴ  SoftBank ロゴ  YahooWiFi ロゴ

UQ コミュニケーションズがモバイルWiFiルーターで先行し有利な状態ですが、docomo、au、SoftBank、Y!mobile、YahooWiFiは、

WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは違う通信方式の

LTE(Long Term Evolution)で各社しのぎを削るようにジリジリ進化しています。

LTEについて、誤解している人も多いと思いますが、LTEはWiMAXより優位性がある、つながりやすい、これは間違いです

優位性は、電波の周波数帯域と、組み合わせる通信技術で決まるもので、現在、LTEがパケットに使用している周波数帯域は、WiMAXの周波数帯域とほぼ同じです。

LTEがWiMAXより圧倒的に有利なプラチナバンド(700MHz~900MHz)を割り当ててくれば、LTEは有利になります。

しかし2018年段階ではプラチナバンドは音声通話に割り当て、パケット通信には割り当てていませんので、LTEとWiMAXは周波数帯域では優劣はありません

結果、WiMAXもLTEも ほぼ互角と考えてください。

技術的にもWiMAXとLTEは4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)CA(キャリアアグリゲーション)を使用していますので、優劣はありません。

YahooWiFi ロゴ 【 YahooWiFi 】 WiMAX LTE 機種 比較!LTEはどこまで速くなれる?

ポケットワイファイ、モバイルルータの中で有名なのが、 YahooWiFiです。

WiMAXとの違いは、WiMAXの通信方式は、WiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)であるのに対し、YahooWiFiはLTE(Long Term Evolution)を採用しています。

機種は2機種で、

  • 603HW 通信速度 112.5Mbps 612Mbps(FDD-LTE/AXGP/TDD-LTE)
  • 506HW 通信速度 112.5Mbps(FDD-LTE/AXGP)
です。

通信速度は、612Mbps(FDD-LTE/AXGP/TDD-LTE)で、通信エリアの整備は、基地局の整備は2018年4月段階で、関東、関西エリアの整備はかなり進んでいますね。

その他のエリアは、主要都市部およびその周辺市区町村もかなり整備が進んでいます。

112.5Mbps(FDD-LTE/AXGP)のエリアは十分なエリアを整備済みです。

YahooWiFi  603HW】通信速度 112.5Mbps 612Mbps(FDD-LTE/AXGP/TDD-LTE)
603HW white 603HW black

YahooWiFi 506HW】通信速度 112.5Mbps(FDD-LTE/AXGP)
506HW black


612Mbps(FDD-LTE/AXGP/TDD-LTE)の基地局の整備が進んだ場合、4,380円で電波がWiMAX(電波の周波数帯域 2.4GHz、5GHz)より圧倒的に優位性のあるLTE(電波の周波数帯域 700MHz-900MHz帯 プラチナバンドとよばれる)を使い放題になるので、その場合は、WiMAXの優位性は価格のみとなります


と思わせておいて、実はどうやら使用してる周波数帯域は、2.5GHz、3.5GHzで、プラチナバンド(700MHz-900MHz帯)は使用していないようです。

最近のLTEは、700Mhz、800MHz、900Mhz、1.5GH、1.7GH、2GHz、2.1GHz、2.4GHz、2.5GHz、3.5GHz、5GHzといろいろな帯域を持っていて、どの帯域を使っているか厳密に調査しないとわからないので、気を付ける必要がありますね



基地局の整備状況は、Pocket WiFi 603HWの対応エリア で詳しい情報が得られえます。


2018年4月段階では、関東、関西エリアの整備はかなり進んでいますね。その他のエリアは、主要都市部およびその周辺市区町村もかなり整備が進んでいます。


現在WiMAXは、もっとも安いプロバイダのギガ放題で、実質3000円前後ですので、基地局の整備が進みWiMAXと接続エリアが同様になった場合でも、約1500円の違いがあり、あまりオススメといった感じではありません。

YahooWiFi 603HW は、とても先鋭的なモバイルルーターですが、612Mbpsの基地局が整備済みのエリアにお住まいの方で料金は気にしない方には、603HW はとても面白い選択肢です

YahooWiFi  603HW】通信速度 112.5Mbps 612Mbps(FDD-LTE/AXGP/TDD-LTE)
603HW white 603HW black

【 docomo 】 ntt docomo logo   WiMAX LTE 機種 比較!LTEはどこまで速くなれる?

NTT docomoはモバイルWiFiルーターという名前で、モバイルルーターのサービスを展開しています。

通信方式はLTE(Long Term Evolution)を採用しています。

機種は1機種で、

です。

スペックは、3.5GHz + 3.5GHz + 1.7GHz です

700MHz~900MHzのプラチナバンドは使用していません。

NTTドコモは、700Mhz、800MHz、1.5GH、1.7GH、2GHz、3.5GHzの帯域の電波を保有していますが、さすがにNTTドコモでも、プラチナバンドは音声通話に割り当て、パケット通信には高周波数帯を割り当ててきますね。

PREMIUM 4G™ 788MbpsでLTEとしてはまあまあの速度を実現しています。

技術的には、4×4MIMOとキャリアアグリゲーション(CA)の組み合わせで、WiMAX 2+と同じような通信技術を使っています。

周波数帯域3.5GHz + 3.5GHz + 1.7GHzですので、遮蔽物にも強い、高層ビル、高層マンション、地下でも通信可能な無敵のサービスにはなりません

遮蔽物に弱いのは、WiMAXとほぼ同じでしょう

料金を気にしないお金持ちさんなら、試しに ntt docomoのモバイルWiFiルーターを使ってみるのも面白かもしれません。


ntt docomo Wi-Fi STATION N-01J 】通信速度 PREMIUM 4G® 788Mbps
Wi-Fi STATION N-01J W05の通信方式

SoftBank logo 【 SoftBank 】 WiMAX LTE 機種 比較!LTEはどこまで速くなれる?

SoftBankは、モバイルデータ通信として、モバイルルーターのサービスを展開しています。通信方式はLTE(Long Term Evolution)を採用しています。

機種は2機種のみで、

です。
601HWは、YahooWiFiの603HW、501HW は506HW と外観はそっくりですが、スペックもほぼ一緒です。
Pocket WiFi 601HW Pocket WiFi 601HW
SoftBank Pocket WiFi 601HW 】通信速度 612Mbps


601HW、603HW、501HW、506HWは、同じメーカー(ファーウェイ・テクノロジーズ)から提供されているので、同じ機種を、SoftBank向け、YahooWiFi向けに名称を変えているだけと思ってよい程度の誤差しかありません。

WiMAX 比較 キャッシュバックの難易度

GMO キャッシュバックの難易度 激高
GMOとくとくBB キャッシュバックの受け取り方(公式サイトより抜粋)

  1. キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛に「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」を送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。
  2. 基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。
  3. ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合はキャッシュバックを受け取れません。
GMOのキャッシュバックが難易度が高い理由は、

「端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバックに関するメールが来る」

とありますが、11ヶ月目の何日かはわかりません。

また、基本メールアドレス宛とありますが、基本メールアドレスとは「GMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。」とのことです。

自分で現在使用しているメールアドレスは指定できないので、新規に作ったGMOのメールアドレスに、11ヶ月目の何日かはわからない日付にキャッシュバックに関するメールが来ることになりますが、この段階ですでに複雑で、できれば避けたいキャッシュバックの雰囲気がします。

「キャッシュバックに関するメール」が届いてから、よく月の末日までに、受取口座の連絡をしなかった場合、または、受取口座情報に不備がある場合はキャッシュバックを受け取れません。

もはや、キャッシュバックを払いたくないのではないか?と思ってしまうような複雑さです。
 GMO 公式サイトへGo!
BIGLOBE 難易度 高
BIGLOBEのキャッシュバックの受け取り方法(公式サイトより抜粋)

  1. WiMAXを申込みしたら、BIGLOBE会員専用ページ(マイページ)よりアンケートに答える。
  2. サービス開始翌月を1カ月目として、12カ月目までの継続利用を確認後、振替払出証書が郵送される。(※ 郵送に1カ月以上かかる場合がある。)
  3. 振替払出証書は郵便局またはゆうちょ銀行にて換金する。
WiMAX 2+サービス申し込み時に、会員専用ページで住所などを記入すると、サービス利用12カ月目以降に振替払出証書が郵送されてきます。

郵送されてきた振替払出証書に、氏名、住所を記入して押印し、本人確認のための免許書、健康保険証などを持って、郵便局またはゆうちょ銀行で換金します。

他のキャッシュバック難易度が高いプロバイダと比較すると、やや難易度は低いです。

ただし、会員専用ページで間違って住所などを記入してしまった場合、自分では気付かないまま、振替払出証書が送られてきません。

また、振替払出証書の有効期限は6カ月ですので、送付されていたことに気付かずに6カ月以上放置しておくと、無効になってしまいます。

GMOの難易度と比較すると、BIGLOBEのほうが受け取り難易度は低いのですが、それでも、やはり不親切なサービスだなという感じはします。
 BIGLOBE 公式サイトへGo!
So-net 難易度 とっても低い
So-net キャッシュバックの受け取り方(公式サイトより抜粋)

  1. お申し込みから11カ月後の15日にSo-netよりキャッシュバックお受取手続き (ソネット de 受取サービス) のご案内メールをお送りします。
  2. メール内容に沿って手続きを行ってください。
高額キャッシュバックではソネットがわかりやすく親切です。

 ソネット 公式サイトへGo!
UQ WiMAX 難易度 とっても低い
  1. ご契約月の翌々月にお申込み時にご登録いただいたEメールアドレスにご連絡いたします。
  2. ご連絡のEメールに記載されたURLのページからご指定の口座情報を入力ください。
  3. 口座情報ご入力後、原則翌営業日までにご指定の口座にキャッシュバック金額をお振込みいたします。
キャッシュバックではUQ WiMAXが一番わかりやすく親切です。口座情報を指定画面に入力した翌日にキャッシュバック金額が振込みされます。

 UQ WiMAX 公式サイトへGo!



WiMAX エリア 検索

  • ※ピンポイントエリア判定で「WiMAX 2+」の結果をご参照下さい。
  • ※「au 4G LTE」対応機種をご希望の場合は、ピンポイントエリア判定で「WiMAX 2+」、およびサービスエリアマップで「LTE」の結果をご参照ください。
ピンポイントエリア判定で「WiMAX 2+」の結果をご参照下さい。

東京メトロ全駅でWiMAX 2+がご利用可能に!

2018/1/31 東京メトロ全駅でWiMAX 2+が利用可能になりました。

実はWiMAX 2+が利用可能な駅はとても多いです。小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、埼玉高速鉄道、相模鉄道、新京成電鉄、西武鉄道、つくばエクスプレス、東急電鉄、東京モノレール、東京臨海高速鉄道、東武鉄道、東葉高速鉄道、都営地下鉄、北総鉄道、横浜市営地下鉄、横浜高速鉄道、と関東だけでこれだけWiMAX 2+の利用可能エリアがあります。っていうか?つながらない場所ってあるんでしょうか?

UQ コミュニケーションズ ロゴWiMAXのユーザー数(契約件数)は2800万件超え

WiMAX 契約件数

WiMAXの凄さをよく知らない人は、この数字で実際どのくらい便利なのか?イメージが沸くでしょう。

WiMAXは2017年12月段階で28,154,100万ユーザー(契約件数)を超えました。

これは、ドコモ、au、SoftBankに次ぐ契約件数です。

日本国民の総数は、1億2700万人ですので、日本人の約5人に1人がWiMAXを使用していることになります。

ただし、この数字は、企業でWiMAXを大量に導入しているなどの数も入っているので、稼働回線数は2800万件以上ですが、個人ユーザーの数は半分くらいではないでしょうか。

最高速度 440Mbps 対応の基地局は、30,000局を超え、人が生活するエリアで繋がらないエリアは、ほぼゼロになりました。

実際、駅前のスタバや街中でWiFi回線を見ると、WiMAXの回線は必ずいくつかあることが多いです。

WiMAXが携帯電話やスマートフォン並にポピュラーなサービスで、440Mbps という高速通信可能で、ギガ放題なら月間の通信量は100ギガバイト前後までリーズナブルな価格で利用可能という大きなメリットがあるから使用されているのです。

信頼性やサービスの継続性などに疑問を持っている方も、安心して使えるメジャーサービスだと納得して頂けるのではないでしょうか。

UQ コミュニケーションズ ロゴUQ コミュニケーションズはどんな会社?

UQ WiMAXを運営する、UQ コミュニケーションズとは何者か?ちょっと調べてみました。

スマホなどの多くの通信を伴うサービスは、通信事業者の経済力や、新サービスの開発能力、技術者1人1人の技術力など、会社の能力次第で品質がメッチャ変わってきます

「今の時代、そんなことねぇだろ」と考えているなら、大間違いです。

基地局のハードウェアの性能と信頼性の高さ、基地局立地の優位性、エンジニア1人1人の技術力、会社の経済力など複数の視点で通信事業者を比較すると、NTT docomo、au、SoftBank では、圧倒的に NTT docomo が有利です。

圧倒的強さのNTTグループ

NTT docomo の前身であるNTTは、国営企業であり、独占企業でした。当たり前に巨額の黒字決算を続け、10万人もの労働者をかかえるモンスター企業です。

1985年 NTTは民営化され、

  • 1988年 NTTデータ
  • 1992年 NTTドコモ
  • 1992年 NTTファシリティーズ
  • 1997年 NTTコムウェア
  • 1999年 NTT東日本
  • 1999年 NTT西日本
  • 1999年 NTTコミュニケーションズ
に分離されました。

ボケ(サイト管理者)は、長い間システムインテグレーション、通称SI業界で働き続け、最終的には、コンサルタントSEとして、某省や、某研究開発機構のシステムのマネジメント兼プレイヤーとして働いていたので、NTTグループの資産と人材のレベルの高さは、痛いほどわかっています。

たとえば、NTTデータでは、座敷で和服の綺麗なお姉様が、お酌をしてくれて、新鮮で大振りな生のタラバ蟹を食べたいだけ食べれる接待をしてくださる、ありがたぁ~い会社です・・・

いやいや、そうじゃなくて、

NTTデータには、一橋大学卒レベルでは入社できません。一橋大学卒でかつ、教授推薦がないとNTTデータには入社できない のです。

日本の資産(宝)とみなせるレベルの人材を、根こそぎ集められるNTTグループはやはり強大で偉大な存在です。

そのような背景があり、元々通信分野での優秀な研究者や技術者をほぼ独占してきたので、分社化しても、その経済力、新技術の研究開発力、技術力は衰えるどころか増しています。

「じゃあ、au だってもと、KDDだろ」って話ですが、やはり、国内通話のすべてを独占していたNTTと、海外通話を独占していたKDDでは、経営規模そのものが違います。

NTT docomo、au、SoftBank を比較すると、技術力最強、経営基盤最強はやはり NTT docomo です。

SoftBank に至っては、出自がツーカーセルラーグループで、NTT docomo と違いすぎます

そういう意味では、SoftBank の経営努力は驚異的に伸びているといえますが、元々の規模、経済力、研究力、技術力などは、NTT docomo の足元にも及びません。

更に、NTTグループのNTTデータは、国内最強のシステム開発事業者です。当然、NTT docomo にも協力しているわけで、NTTの強さは、分社化しても全く衰えていません。

異端児 UQ コミュニケーションズ

話は、UQ コミュニケーションズに戻って、UQ コミュニケーションズの筆頭株主は、au で 32.26% の株式を保持しています。Intel 17.65%、JR東日本 17.65%、京セラ 17.65% が主な株主です。

つまり、UQ コミュニケーションズとは、一枚岩ではなく、au を筆頭とし、Intel、JR東日本、京セラ 連合といった方が正しいでしょう。

UQ コミュニケーションズの優位性は、au 前身は、KDD、DDIであり、NTTに次ぐ通信事業者であること、JR東日本が入ることで、鉄道網があるところ全てに基地局を作れる優位性、民間企業でも高い技術力を誇る京セラの、いいとこ取りをしているのが、UQ コミュニケーションズです。

通信社会全体が LTE に傾く中で、唯一無二の競争力のある、WiMAXという技術は、こうした背景から生まれてきた異色の技術です。

WiMAXが、他の通信事業者をおさえて、契約件数が2800万件超えという驚異の数字を達成 できたのは、他社のモバイルWifiルーターのサービスは再販しない方針で進んできたのに対し、UQ コミュニケーションズ の UQ WiMAX は、再販することを前提で進めてきた違いがあります。

また、現在の格安SIMとの決定的な違いは、再販事業者も、UQ コミュニケーションズが、UQ WiMAX と同様に、通信、基地局、端末などの管理をおこなうことで、再販事業者も UQ WiMAXと同じ品質のサービスが提供できる点 です。

この UQ コミュニケーションズ の運営方針に対し、格安SIMは正反対の、元となる事業者の回線の一部に接続させてもらうことで、再販用のネットワークを組み、格安SIMとして販売しているため、通信、基地局、端末などあらゆる面で、元となる事業者より、格段に劣った品質になってしまっていることです。

「安かろう、悪かろう」という言葉が格安SIMには当てはまります。

なお、auの連結決算会社である、UQ コミュニケーションズは、業績に多大な貢献をしています。

第10期の決算では、当期純利益は564億円です。

<第10期決算公告>
売上高:2,410億1,000万円(前期比+25.5%)
営業利益:521億1,100万円(同+9.3%)
当期純利益:564億2,000万円(同+33.8%)
利益剰余金:▲330億400万円

WiMAXと関係あるような?

auピタットプランって、実は、自動で料金がアップしたりダウンしたりする、調子こいてスマホ使いすぎると、ヒデブになる危険な契約だったのね。
auピタットプラン
情弱をカモルには、まさにピタットプランだね。

結局、どの通信キャリアもいまいち良くわからない価格体系で、パッキリすっきりシンプルなプランというのはないのだね。
単純に独身者が家族割りとかなしに、単独でスマホを使おうとすると、えらく高いものにつく、具体的には7,000円~12,000円ってところだね。
7,000円~12,000円を高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれだけど、固定電話しかなかったころ、家庭の電話料金は毎月そんなに使っていただろうか?
インターネットができるスマホと、固定電話を同列に扱うのはナンセンスかもしれないが、これが、家族全員バラバラに契約した場合、4人家族なら4万円近い出費で、年間50万円くらいの出費になるね。
こわいよね。マジで。毎月数千円ならショウガナイか・・・と思うんだけど、全部合わせると50万円ってどういうこと???という金額を通信キャリアにお支払することになっている家庭がたくさんあるわけだ。
情弱をカモにするビジネスって本当にえぐいわ。

WiMAX比較と関係ないけれど仮

今は頭の中を空にして、WiMAXとMONEXのことだけ考えよう。MONEXがCoinCheckを子会社にしたのは4月6日。WiMAXの動きはこのとき20位。5月20日で28位で下がってるじゃねぇ。この1カ月、なにをしていたんだろう?
とにかく、今は、頭を空にして、タイプすることに集中して。
CoinCheckは5月20日でも、まだ、金融庁から許可が下りない。
大丈夫。君の努力は必ず報われる。MONEXも大暴騰、WiMAXも超高速、普通に、普通に。
平常心が大事です。とにかく書き続けることが大事です。
大丈夫。だぜ。
落ち着いて落ち着いて。
WiMAXについて書こう。無視しなきゃ治らない。
まずマネックスの松本社長は、コインチェックを買収したのはよいが、既に1カ月以上立っているのに、なんの進捗も出してこないことだ。
投資家は移り気が早い。素早いIRこそ、手の早い投資家から資金を集める最高の手段の1つだが、天才の考えていることはよくわからない。
WiMAXは今季も絶好調で、前期の純利益564億円を確実に上回ってくるだろう。
マネックスが求心力を失ったのは、ライブドアショックだが、そこは、松本社長はもう、忘れてほしいようだ。
SBIの北尾社長は、相変わらず憎たらしい口のききかただが、スプレッドを業界最小にして、最大顧客数を確保すると息巻いている。
SBIに関しては、どうでもいいのだが、おととしから仮想通貨市場に参入するといっておきながら、いままでズルズルと来てしまっているので、ヤルヤル詐欺にしか聞こえない。
仮想通貨事業者はいろいろいるが、どれを比較しても、50歩100歩といった感じで、セキュリティが証券業界または銀行レベルに達している仮想通貨事業者なんていやしない。
そこまでのセキュリティレベルを求めても、時間がかかりすぎるだけだから、ファイヤーウォールブッコンで、さっさと金融庁にセキュリティ対策完了しました!といえばいいのに。
今日はマネックス冴えませんな。売り方にGS、MSがいるんだからそりゃ売り方は強いでしょ。ファンダメンタルズでは、マネックスの長期的成長性は確実なので買い持ち、ストロングホールドでいいんだけど、何せ、コインチェックの認可待ちが長すぎる。
はっきりいって、システムなんてどうでもよくて、セキュリティレベルをあげるならファイヤーウォールぶっこめば済む話なので、なぜファイヤーウォールぶっこんで、認可もらわないのか意味わからない。
5月23日、松本大くんは、コインチェックの全面取引再開は「6月中が目標だ」とのたまった。
ぶっちゃけ遅い。もっと早くできるだろ!ボケ、マネックスがネット証券最大シェアから転げ落ちたのも、価格競争に対応するのが遅すぎてダメダメ評価を受けたのが原因なのに、まだチンタラやるんいかい!ボケと突っ込みたくなった。
今日もマネックスダダ下がり。前日比10円安の661円。735円を付けてから完全横横の調整。売り方有利に見えるが実際はわからない。5/24の信用倍率は、0.98倍。取組としては悪くない。今日の信用倍率で売り方が増えてれば上にいく可能性は大有り。
何がイラつくかというと、松本君の動きの遅さだ。実際水面下で進めてても、情報がでてこない以上、進んでないのと同じ評価になる。


WiMAX 比較のコラム

差し迫る恐怖とWiMAX 比較

隠れる男

気が付いた時、驚くほど素早く行動できた。 追手が近づいた今、手元にあるWiMAXを比較、使用して携帯端末で地図を起動する。 現在地を確認した後、目的地までの距離を把握。 ネットが重いと感じない高速回線に、これほど感謝した過去はないだろう。 瞬間、足音に驚き身を竦めるが気配を押し殺して息を止めた。
遠ざかる足音に安堵し、あたりを見回す。 地面に落ちているコインに目が止まった。 あれは、まさに目印だと直感的に感じた。 あいつはあの場所にいるという確信が持てた。
タブレット端末を起動し連絡ツールで依頼者に現状を報告。 スマートフォンで現在地と目的地までの距離を再確認しつつ、小さなPC端末には必要となるアプリをダウンロードし、同時並行で回線を一気に使用するが速度の遅さを感じさせない。
さすが、WiMAX 比較だ。
これからターゲットの救出に向かうと共に、ある作戦を実行する。 失敗すればこれが最後のミッションとなるだろう。 全ての情報は頭に入った。後は飛び出すタイミングだけだ。 息を整え、頭の中を落ち着かせ、情報を体に染みこませる。 深呼吸をした後、一歩進んだ瞬間、後ろから声がした。 「なんだ、こんなところに隠れていたの?」
汗が、一瞬で全身に広がる。 心臓の音が僕の頭の中を支配した。
新幹線でもWiMAX 比較は使えるの?

新幹線 ビジネスマン

無線通信を行うWiMAXで気になったのが、無線だから速度の出る新幹線では使えないんじゃない?というのでした。
そこでまず調べたのはスマートフォンの規格であるLTEでした。

ドコモのXiは東海道新幹線だと、東海4県(愛知・岐阜・三重・静岡)内の全駅・全区間で繋がり、地下鉄や主要な鉄道路線で繋がるということでした。
ソフトバンクのLTEは新幹線でも繋がるものの、特に普通電車の地下鉄での接続に力を入れているようです。auのLTEは、東北新幹線23駅、秋田新幹線23駅、山形新幹線16駅、上越新幹線13駅、北睦新幹線18駅、東海道新幹線17駅、山陽新幹線19駅、九州新幹線12駅で繋がることが明記されていて、一番接続に力をいれているのが窺えました。
東北新幹線ルートでドコモ、ソフトバンク、auに加えてイー・モバイルの4キャリアでの通信の安定度を測った方がいて、その結果としてはドコモ、au、イー・モバイルが良好で、ソフトバンクだけがトンネル間で繋がらない状況が続いたのでした。
携帯のキャリアは無線接続にかなり力を入れているのでした。

以上から無線でも繋がるんだというのがわかりました。
これを踏まえて、WiMAX 比較について調べてみると、WiMAXでは東海道新幹線、それもN700A・N700系だけ、それも東京~新大阪間だけしか網羅していない事実がわかりました。
あとは東京~新大阪間全駅のコンコース待合室などでもWiMAXを使えるようです。
あとは成田エクスプレスのE259系で使えるものの、トンネル間は通信の対象外となっていました。スーパーひたち・フレッシュひたちのE657系で上野~勝田間でも使えるようです。
都営地下鉄は101駅の駅構内で使え、車内での利用よりも地下鉄・地下街での利用に力が注がれているという印象を持ちました。
とりあえずN700A・N700系に限ってですが、東海道新幹線の東京~新大阪間でWiMAXが対応しているのがわかりました。
高速で走っている車内の中でも使用できるのは凄いと思います。新幹線は最高270km/hで走っているので、その車内で途切れず通信を行うなんてどのような技術を使えばそうできるのか私には想像もできない世界です。
今後、WiMAX 比較も使用可能な路線を拡大していくものと思われます。そうなればドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに並ぶ品質を掲げることができるようになると思いました。
iPhone VS Android VS WiMAX 比較

スマートフォン

そういう話になっているらしい。
最近モバイルモノには疎くてさっぱりキャッチアップ出来てないが、今のところシェアではiPhoneとWiMAXが圧倒的でブランドイメージも圧倒しているが、Appleがアプリの販売をAppleStoreで一元化して独占するために、いろいろプラットフォームやアプリ開発やStoreへの登録審査の締め付けが厳しくなっていることに、アプリ提供側が反発していて、Androidなどの他のプラットフォームに乗り換え始めていると。
Appleの方針は、普通に考えて独禁法にかかりそうだし、日本人は寄らば大樹の陰が好きだが、アメリカ人は縛られるのが嫌いだから、Appleの方針は危ういかも知れない。
iPhoneは小さいWiMAXではなく、独自規格の家電だと言い張れば、独禁は逃れられるかも知れないが、アメリカでは閉鎖的なプラットフォームは大抵失敗するので、どうなるのか注目するべきところだ。
WiMAX 比較して端末を私の体に埋め込んだら

輝く 女性

WiMAXは配線不要で、繋がるエリアであればインターネットに接続できる。そんなWiMAXを比較して自分の体に埋め込んだらどうなるのだろうか。きっと誰よりも知識が豊富で、誰よりも優れた選択ができると思う。

例えばクイズ番組だったら負け知らずになって、確実に賞金を稼ぎまくるだろうし、一躍有名人になる事もできるし、株の投資にしても、誰よりもいち早く情報を集めて、リスクを回避して成功する確率も飛躍的に高まると思う。
学問においても、ビジネスにおいても、生活においても、賢い選択をする事ができるのだから、格段に人生が変わる事だろう。
世の中は情報に溢れてる。日本だけじゃない。世界中だ。

朝の目覚ましに眼が覚めて、寝ぼけながら通勤電車に乗って、職場に着いたら仕事して、定時を過ぎたらお疲れさま。掃除のおばちゃんに早く帰りなと遠巻きに言われて、夜の街にとぼとぼと、疲れた体が家路をたどる。。。誰もが想像できて、誰もが経験するようなごく日常の話し。
しかし、WiMAX 比較した端末を私の体に埋め込む事が出来るとしたら、もしかしたら、いや何かが各段に変わるはずなのだ。

仮に私がWiMAX 比較して一番良かった端末を埋め込んでいたとしよう。
朝目が覚めて通勤電車に乗るまでに、ネット上で新鮮なニュースが直ぐに分かる。いちいちスマートフォンで検索しなくていいんだ。頭の中に情報が入ってくるからね。
そして出社までにネット新聞を読み漁ることだってできる。効率よく仕事だってできる。
出社して仕事をこなしながらでも、他の情報が頭にどんどん入ってくる。お昼時になったら美味しいお店や割引クーポンを発行しているお店を探す事もできるから、人一倍詳しくなれるし、楽しみも増える。
午後の仕事をしながら帰りに面白いアミューズメントを探したりもできる。カラオケ、ボーリング、ゲームセンター、スパ、スポーツなどなど。
そして帰宅途中の時間を活用してツイッターやFacebookとかを使って交流もできる。

生活がまるで変わる。しかも頭の中の言葉だけに反応するバージョンで、キーボードもマウスも要らない。WiMAX 比較後の端末が私の体に埋め込まれているので、イメージを浮かべるだけでWiMAX 比較後の端末が反応してくれて、頭の中の電気信号を変換して通信をしてくれるんだ。
これなら海外旅行に行っても困ることはほとんどない。国の言語を知らなくても、WiMAX 比較した通信網を通して頭の中で翻訳できる。多少の言葉のずれはあるかもしれないけれど、けっこう役立つし使えると思う。
しかも自分だけに役立つわけじゃなくて、家族や友人や恋人にもかなり役に立てることが出来るんじゃないかな。

家族で言ったら節約に関してのお得な情報を伝えるのも可能になるよね。家電製品の一番安いところを直ぐに見つけたりとか、デパートでこんなセールやってる!とか。家族旅行にもお得でいろんなところに行くことが出来ると思う。そして友だちには役に立つ情報を提供できる。
例えばドライブでお出かけのルート案内とか、ライブの情報とか。恋人にはとっておきの情報で、美味しいグルメスポット、観光スポット、ネットだから予約だって出来ちゃう。
自分がまるでインターネットと直結してる感じ。

でもちょっと気になる事が二つあるんだ。

一つはエリアの問題。WiMAXには通じるエリアがあるという。今ではほとんどのところはカバーされてはいるけれど、100%というわけじゃない。
もし通じないところに行ったら、もちろん情報は入ってこない。
例えば山奥に入ってサバイバルするとしよう。WiMAXのエリア内でサバイバルなら、ネットで検索すればサバイバル術が豊富に見つかる。
でもエリア外でサバイバルするとなると、本当にそれこそ命を掛けたサバイバルになって洒落にならなくなる。極端な例えだけど、WiMAXにはエリアの問題があるってことだね。

ロボット

もう一つはデータの速度制限の問題。けっこう持っている人が多いんだけど、使い過ぎると速度制限が掛かってしまうんだよね。 まったく使えなくなる訳じゃないんだ。速度が制限(低速)になってしまうんだよ。例えば3日間で3GB以上のデータ通信をした場合、速度に制限がかかると言った感じ。
まだピンと来ないと思う人も多いから説明しておくけど、例えばパソコンにWiMAXを繋げたとして、3日以内に、2時間ちょっとのデータ配信映画を2本(合計約5時間)を観ただけで、データ量が3GB近くになってしまうから、速度制限の対象になりやすいんだ。 速度制限が掛かった場合は、情報を読み込むまでに重たく感じると思うけど、だいたい1日くらい待てば復帰して通常の速度に戻るからあまり心配は要らないね。

結局のところは端末の名前じゃなくて、通信方法の一つなんだ。そしてWiMAXの通信網って言うのがあるんだよ。 その通信網に入るために「WiMAXの端末」があるんだ。だからもしWiMAXを私の体に埋め込むことができたら、世界中のいろんな新しい情報がどんどん入ってくる。夢のような話しだけどね。でももしかしたら、どこかでひっそり始まっているのかも知れないよ。
ラオスのWiMAX 比較してから普及に携わった留学生との大学生活を振り返る
「サバイディー!」(こんにちは!)
Dさん

ハイテンション 男性

Dさんは、人が気持ちよく寝ているにもかかわらず、勝手に寮の部屋に入ってきては、当時の箱型デスクトップに向かってインターネットに興じていた。
Dさんは、ラオスからの国費留学生だった。
講義が一緒だったということもあり、Dさんとは3つ年齢が離れていたが、仲が良かった。
寝るのが大好きな私を叩き起こしては、無理やりテニスに誘ってくれたのもDさんだった。
正直、この遠慮のなさが、とても好きだ。

日本では、ラオスといってもピンとこない人が圧倒的に多い。
正直、私もDさんに会うまでは、ラオスが東南アジアの一国ということすら、よくわかっていなかった。
「ラオスといえば、ユネスコの世界遺産に登録されているルアンババーンが有名だよ!」
Dさんは、私のインスタントラーメンを勝手に調理し、鍋から直に食べながらそう言ったが、ルアンババーンなんて聞いたこともなかった。

ラオスは、はっきり言って貧しい国だ。いや、「であった」と言った方が適切かもしれない。
いまや、情報エレクトロニクスの分野では目覚ましい発展がある。

かく言うDさんも、大学では情報通信分野のエレクトロニクスを専攻していた。
平たく言うと、パソコンやケータイで使う情報通信技術を勉強していたようで、Wi-FiやWiMAXに精通していた。私には、さっぱりわからない。

自由にインターネットが使えることが楽しいようで、よく部屋にやって来ては、男子学生が誰しも好きな「動画」を見ようとしていた。
パソコンにウイルスが入ったらどうしてくれるんだ、と思っていたが、なんだか憎めない。
東南アジア特有の気質か何か知らないが、なんだか憎めない性格であった。

勲章

そんなDさん、実は超優等生だったことが後に発覚した。
ラオスにも学力選抜試験があるようで、本人曰く、ラオスでトップ5に入り、地元では「神童」と崇められていたそうだ。
自分で言うか!っと思いつつも、そこはやはり国費留学生。
アメリカのフルブライト奨学金を見てもわかるが、実際にそれぐらい優秀でなければ、国からお金をもらって留学なんてできるはずがない。 ましてや、ラオスだ。

パソコンモニターに顔を近づけ、動画を見てニヤニヤしているDさんを横目に、さすが国費留学生は優秀なんだなっと敬服したのをよく覚えている。

ラオスでWiMAXを普及

地球 光速回線

私が卒業してから1年後、そんなDさんも無事卒業し、ラオスに帰国した。

国費留学生だったDさんは、帰国後、国の発展のために働き始めたようで、どうやらWiMAXのR&Dや普及に携わったらしい。
ラオスのような小国になると、インフラ整備は、企業が主体のビジネスではなく、国家プロジェクトになる。
Dさんは、国立研究所で主にWiMAXを始めとした通信網のインフラを研究したようであった。

ラオスは、もともとインターネットの通信インフラが未熟だ。
隣国タイから流れてくる通信回線を拾っては、ようやくインターネットに接続できるようなお粗末な状態であった。
しかし、Dさんの帰国後は、なんとWiMAXが一時的に普及していた。

一般的に、先進国と比べて、途上国では都市部と農村部の間の、いわゆるデジタルディバイドが顕著だ。これは、ラオスも例外ではない。
回線の敷設などハード面のインフラが未熟なラオスでは、WiMAXはとても合理的なものだと思う。
情報通信の発達は、いまや国が豊かになる大前提だ。
あのDさんが、WiMAXを切り口に、国を豊かにするプロジェクトに携わっていたかと思うと、人は見た目じゃわからないと実感する。

しかし、残念ながら、その後ラオスでWiMAXは普及しなかった。
だが、いまやラオス国内ではLTEも使えるぐらい、回線状況は良くなった。
これも、WiMAXやWi-Fiなど、試行錯誤を繰り返した上での結果なんだろう。

都合の良い回線、WiMAX
時折、FacebookでDさんと話をするが、こんなことができるようになったのにも、Dさんが一役買っているかと思うと、ただただ感心する。

そんなDさんに、久しぶりにメッセージを送ってみた。

「貸した8,000円、まだ5,000円しか返してもらってないんだけど?」

あっという間にオフライン。
なんとも都合の良い回線だ。

ショートストーリー WiMAX 比較編

フロイトとユングとアドラーと、そしてWiMAX 比較の話
フロイトは、さきほどから研究室を出たり入ったりしている、ユングのことをいまいましげに眺めていた。

最近のユングは、フロイトには全くお構いなしだ。…少し前までは、彼の学説に心酔してべったり付きまとっていたというのに。
今日も、彼が見たこともないような、黒い物体を大切そうに持って、忙しなくその前を行き来していた。
(なんだ、奴の持っているものは…もしや、私の知らない機器ではあるまいか…)
WiMAX 比較する事も知らないんですか?

画家

「ユングくん。その手に持っているのは何だい?」
フロイトは、とうとうそのことを訊いた。──さっきからとても気になってしょうがなかったのだ。

「ん──どれですか?フロイト先生」
ユングはおや?という表情で見る。

「それだよそれ。君が今、手に持っている、その黒いやつさ」

「あ、これですか?」
ユングは自分が持っていた、フロイトが言う”黒いやつ”を軽く掲げた。

「そうそう、それだよそれ」
「これ、WiMAXですよ」

「…WiMAX 比較?」
「そう、WiMAXです」
「え……えぇ?…え?…WiMAX 比較…?」

「ちょっと待ってください。フロイト先生!もしかして…」
途中まで研究所でひっそりとふたりのやりとりを傍観していたアドラーが会話に参加してきた。

「先生、WiMAXも知らないんですか?」
アドラーはとてもびっくりした!という表情でそう投げかける。

「アドラー君、そういう言い方は良くないよ。フロイト先生、またトラウマ創っちゃうから。そして、リピドーが迸っちゃうから」
ユングはアドラーにそうたしなめる。

「コホン!!んーあー…──ああ、WiMAXか。なんだそうか、WiMAXだったのか、それ」
大きく咳払いをしたあと、そう応えた。

「ああ、さすがに、フロイト先生もWiMAXは知ってましたか」

「失礼な。知ってるさそれくらい。…それで、その…それは、何に使うんだ?」

「は?」「へ?」
ユングとアドラーは同時に聞き返した。

「知ってるんじゃないんですか?WiMAX」
「もしかして、知らないんですか?…WiMAX」
「だから、知っていると言っている!!…無意識的に!!」

「無意識的に?なにそれ?」
「…つまり、知らなかったってことさ」
ユングはあきれ顔でアドラーにそう答えた。

「そうだ!…その黒い物体は、シンボルとして私の意識に投影され、これまでの人類の集合的意識から……」
そう言い、顔を紅潮させながらWiMAX 比較に関しての説明をし始める。

パレット 絵具

「…リピドーが迸ってるね」
アドラーはあきれ顔でユングにそう伝えた。

「君の『目的論』で導いてあげたらどうだい?」
ユングは嘲笑の表情を浮かべながら、アドラーにそう返した。
───そして、フロイトは、WiMAX 比較に関するでたらめの説明をしながら、そんな反抗的な態度を取る2人の生徒の様子を苦々しく睨んでいた
実力以上に自身を大きく見せるべきではない

神様 おじさん

フロイトがユングのWiMAX 比較とやらに関心を示すのには訳があった。
ユングがWiMAXを取り出すとき、彼はいつもPCとセットで使っていたのだ。

(…おそらくあの、WiMAXという機械は…PCの動作を助ける何かしらの働きをするものだろう…恐らく、とても便利な…)

「…ぐぬぬ…私の知らない機器を使うなんて…それだけは、ダメだ!!」
ユングとアドラーが退室した研究室でひとり、そう呟いた。なぜなら、この研究室でPC教室を開いており、生徒であるユングとアドラーに毎月10,000円を課していたから。
生徒の2人が、PCに関してフロイトの知らないことを知っているという事態は、彼にとって許すまじきことだった。

「…あいつら…最近は、俺の学説はもう古いとか言って、独自の学説を発展してきてるからな…そのうえ、PCも自分たちの方がスキルが上とか勘違いし出したら、毎月の謝礼も払わないと言いかねないぞ」
それだけは絶対に避けねばなるまい、と思った。2人からの謝礼は、フロイトの大事な、現在ほぼ唯一の収入源だったからだ。

『…フロイトよ…』

ふと、天井から彼を呼ぶ声が聴こえてきた。

「!!…その声は、ニーチェおじさん!?」

ニーチェおじさんと呼ばれた声は、姿を見せずに、依然として声だけが、天井の方から聞こえてくる。
『そうだ…。お前は、お前の実力以上に、お前自身を大きく見せるべきではない』

「!…どうして、それを…」

『…ありのままのお前を…あのふたりに、見せてやるのだ…今お前が、してやれることを、あのふたりに、してやるのだ…』

「!!…ニーチェ…おじさん…」
…それっきり、声はしなくなった。
マックス違いのWiMAX

キメ顔 コアラ

翌週、ユングとアドラーは研究室に召集された。

「フロイト先生、どうしたんですか?こんな朝早く…」
「また変な夢観たんですか?…それで夢診断で…」

「…違う違う。実はな、私も手に入れたんだよ。…そのユング君に劣らない、立派な…MAXを」

「MAX?…WiMAXのことですか?」
「先生もWiMAXを手に入れたんですか?」

「…いや」
そう言って、苦笑しながら首を振った。

「…残念ながら、私にはそのWiMAXを手に入れるだけの実力がなかった…『プロバイダはどこに入りますか』やら『ルーターはどうしますか』やら言われて、手も足も出なかった。…それは認めよう。
 ──だがしかし!!」
いつになく、強い眼光でユングとアドラーの2人を見据えた。

「私は思ったのだ!!!…ならば、WiMAX 比較しなくとも、私なりのMAXで良いんじゃないかと!!」

「先生なりのMAXだって!?」
「一体、どういうことだ…」
フロイトの様相にさすがのふたりも焦り始めている。───そして彼は、研究室奥の扉に向かって、話しかけた。

「…準備は良いかい?…MAXよ」

その投げかけに反応するかのように、扉の奥から、軽い物音が聴こえてきた。

「え!?」
「『MAX』って呼んだ!?WiMAXじゃなくて?」
「もしかして、先生の言う『MAX』って…!?」
「あの… 熟女になっても今なお色あせない、沖縄出身セクシー4人組の…!?」
「私の…若いころの青春を彩った写真集の実物を、フ、フロイト先生が…つつつ…連れてきたってこと!?」

「フフフ、そう興奮しなさんな。今逢わせてやろう」
そう言って、奥の扉を開ける。

「ちょちょ、ちょっ!!…せ、先生?…私、まだ心の準備が…」
「えええ…本当に?本当に?あの、WiMAXじゃない、MAXのリナちゃんに会えるのこれ!?」

───…扉の先に立っていたのは、まぎれもない、
   あの有名な、芸能人の…───

「ふわああああああ…」
「は、はじめて…みた…」

───…札束ネタで有名で、
   かつ奥さんが美人タレントの…───

「あ…あ…あず…」
「東MAXじゃないですかあああああああ!!!WiMAXじゃない~」

───…東MAXこと、
    Take2東貴博だった …───

………

……



「ハッハッハッハ!…どうだい。驚いただろう」
フロイトは満足そうに、二人の弟子に笑いかけた。

「…驚いたっていや、驚きましたけどね」
「ええ。人間って、こんなにガッカリするもんなんだなってことに驚きました」

「…まあ、先生らしくて好きですよ。…ああいう、次の展開を絶対読ませないような、サプライズを考えちゃうとことか」
「サプライズすぎますよ…一体、僕ら二人に見せるために、東MAXにどれだけ出演料払ったんですか?WiMAXで良かったのに・・・」

「フフフ、それは、内緒だよ」
フロイトは二人の愛弟子に優しく笑いかけた。

あきれ顔 男性

…だが、二人は知っていた。

…彼が長年肌身離さずに大事にしていた、彼が唯一身に着けている高級品である腕時計を、今日はしていないことを。
…そしてその腕時計は、今頃近所の質屋にあろう。
…質屋で得たお金は、WiMAXではなく東MAXを連れてきた出演料で殆ど費やしてしまったであろうことを。

そして二人は、自分たちの師匠に向かって、『ホントこいつしょうがねーなー』といった表情を、…幾ばくの愛情も含めて…、向けるのだった。
それぞれの深層心理
多くの文献では、フロイトとユング、フロイトとアドラーは学説の違いから、一生回復する訳のない仲違いをし、ユングもアドラーも、彼の元を去っていったと記されている。

だが、一方において、ユングもアドラーも、晩年になってフロイトをこう振り返って、彼をとても懐かしがっていたと、一部の書籍では紹介されている…

ぽかん 女性

「あのオヤジ、サイコーにイかしてたよ。…だって、WiMAXにかけて、東MAX連れてきちゃうんだぜ!?」 
 by Alfred Adler(アルフレッド・アドラー)

「…見てていつも飽きさせなかったよね、彼って。彼のリピドーは常にMAXだったよね、きっと!!」
 by Carl Gustav Jung (カール・グスタフ・ユング)



「あのバカ弟子どもが、呆気にとられてポカーンと口を開けているところを見るのが、何よりもの楽しみだったわ。ガッハッハッハ!!」
 by Sigmund Freud (ジークムント・フロイト)
キミだけのパラダイス WiMAX 比較
長い上り坂を自転車で漕ぎ、少し暗いトンネルを抜けると眼下に広がる景色が心地よい風と共に迎え入れてくれる。
「今日も気持ちいなぁ~」
溢れんばかりの笑顔で校門を潜り抜けた時間は9時を既に過ぎた時間だった。
教室の後ろのドアをそっと開け、這いつくばるように席に座る。漫画だったら見つかりそうなものだが、希美は見つからずにすんなりと自席に座れた。
(ば・か)
声を出さず口を動かして希美に話しかけたのは、斜め前の席にいる田山朗だ。あいつはいつだってWiMAXを比較するのが趣味の変わり者だ。
未来

片思い 女性

高校に入って三年間、希美はずっと田山と一緒のクラスで、女子に人気のある田山を紹介してほしいなどという橋渡し役を何度も頼みこまれていた。
うんざりしていたのもあるが、確かに田山はイケメンといえるタイプの風貌であるがゆえに仕方がないのかもしれないと若干諦めている部分もある。
ただ、田山は隣のクラスにいる桜井のことが好きなのは知っていた。WiMAXを比較するより好きなのだ。

でもそれは、どれだけ求めてもかなわない恋だということを希美は感じていた。

高校も三年となれば受験に向けてスタートしている時期だが、希美は進路に悩んでいた。
田山はいつも通りお節介の如く世話を焼き、様々な大学のパンフレットを用意しては希美に渡すことを続けていた。けれど、希美はどれもが同じに見え実感できない将来という漠然とした不安に押しつぶされそうになっていた。

「あんたは、どうするの!」

家に帰れば母親がいつも怒鳴り口調で問い詰めてきた。
お前の将来はどうするんだと突然答えを出せと言い出すのだ。今まで、あれしろ・これしろと命令して従わせ敷いたレールを歩かせることをしてきた両親だったが、最後の最後でその役割を放り出したのだ。
「じゃぁ、あの大学にしようかな」と一度だけ希美は口にしたことがあった。ところが、両親揃ってお前には無理だ・そんなところに行って就職はどうなる!無駄な学費を払いたくないなどと頭ごなしに否定してきた。
そういった希美が抱える家庭の事情を、田山は知っていた。
以前田山は希美の近所に住んでおり家族ぐるみの付き合いがあったが、父親の転勤で一度地元を離れた。その後、高校受験を機に地元に戻ってきたのだが希美は一層内にこもるような性格になって、WiMAXをいじってばかりいたため田山は心配でたまらないのだ。

そんな家庭で育ってきた希美にとって将来というものに期待も希望もなく、自由という言葉を知らないためまったく想像のつかない無駄な時間に思えていたのだ。真剣に将来を考える友人たちや、その家族の話がまるで嘘のように感じ「大学を親と見に行ったの!」という話をキラキラした目で語るクラスメイトの気持ちが理解できなかった。

「そろそろ、真面目に考えろ」

進路 悩む女子高生

授業中にWiMAXを比較したり小説を読んでいた希美の頭を出席簿で叩いた音と同時に、担任教師の怒号が響いた。クラス中が希美に注目する中、希美はじっと教師の目を見て答えた。
「真面目に考えたところで、どうせ否定するんでしょ?だったらどうすればいいか、あんたが教えてよ」
けれど、どの大人も「自分の将来くらい自分で考えろ!」と怒鳴り散らすだけで答えは出さなかった。希美に答えを渡せば親に報告することくらいは教師もわかっているだろう。
そうなれば、誰がそんなことをいったのかと揉めた場合、担任教師へ矛先が向く。揉め事の発端となった言葉を放つことがデメリットだと考えている教師の思考はダダ漏れであり、比較的子どもでも、自己都合しか考えない大人の態度から余計に将来に対して冷めた気持ちが増えていた。
微妙な二人

図書室

「図書館に行こうよ」
突然、隣のクラスの桜井が廊下でWiMAXをいじりながら話しかけてきた。
とても驚いた。特に今まで交流がなかったはずだが、どうやら桜井は田山の気持ちに気づいていて対処に困っている様子だった。
「どうして、急に?」

桜井はいいにくそうに「先生の声が、こっちのクラスまで聞こえたから」と答えた。
「あー、嘘?マジで?」
「うん。私も、ちょっと前に同じことを担任にいわれてへこんでてさ。田山君がいつも希美は希美はって話してたから、あなたのことは知ってたの」
「私も桜井さんのこと、知ってる」
「どうして?」
「なんでかな?」

廊下の窓を桜井が開けた。
野球部の元気な声と吹奏楽部の自主練の音が溢れこんで入ってきた。

「あぁ、もうすぐ夏休みだね」

3ヶ月が過ぎて・・・
桜井奈央と図書館通いをし始めて3ヶ月が過ぎようとしてた。デジタルから遠ざかりWiMAXは使わなくなった。
お互いに仲良くなって放課後だけ図書館で勉強をしたり、本を読んだり、図書館の庭でくだらない話で盛り上がっていた。
将来を確認したり比較する作業といったような形で始めた図書館会議は、偶然田山に見つかった。

「なに、やってんの?」

思わぬ声の主に顔をあげ、田山の顔を見て二人は固まった。
「いや、別に」
示し合わせたかの如く答えがきれいにハモってしまい図書館というのに爆笑してしまった二人は、笑いのツボが去る様子がないため慌てて部屋を飛び出した。

「あー、びっくりした」

まだ背中の端に笑いのカスがついているかの如く、背中は小刻みに揺れ腹筋は鍛え上げられていく途中のようだった。
「なんでそんなに笑うんだよ」
少々むくれた顔の田山は、何が何だかわからないといった表情だった。
イオ

スケッチブック

そんなある日、桜井が風邪をひき学校を休んでいた。仕方なく希美は自転車を漕いでひとりで図書館に本の返却をしに行ったのだが、図書館の入り口で食パンを咥えた変な男性学生を見かけた。
ボーっと何かを見ているのだ。
だが、その目線の先には何もない。
気になって自転車を降りて歩いて男子生徒に近づいた。
じっと目線の先を見てやっと気がついた。
「あ、子猫」
その声に男子生徒は飛び上がるほど驚いたらしく声も出せずに、後ろに飛びのいて転げた。
「あ、ごめんごめん。驚いた?」
転んだ男子生徒に手を差し伸べると、口をパクパクとさせながら「驚いた」という言葉を絞り出したように話した。男子生徒の側にはWiMAXとスケッチブックが落ちていた。
それにはとても上手に書かれた先ほどの子猫が描かれていた。
「なにこれ、超うまいじゃん」
「そうかな?」
そういってはにかんだ男子生徒の横顔を見た瞬間、希美の心臓は大きく音を1度鳴らした。
そんな様子を遠くから田山は見ていた。

メールのやり取りを始め希美にとって衝撃的な事実が発覚した。彼がまだ中学二年生であるという年齢だった。まさか年下だとは思わず、それも中学生だったというのは非常に衝撃的だった。
少年の名前は、イオといった。それが本名かどうかもわからないが、名前を聞くと少年はイオと名乗ったのだ。
「イオって、将来は何になりたいとかあるの?」
メールで聞いてみると、すぐに返事があった。
「箱がありすぎる未来を1本に絞りたくはない。何でもやりたいし、何でもしたくない」
「どういう意味?」
「時間が足りないよね。絶対数的に。人間の生きている時間の中で自分がやりたいことがやれる時間って」
イオは学校にあまり登校しておらず、フラフラとWiMAXでネット通信して絵を描いては図書館に通う日々だということがわかった。そんな状態であるにもかかわらずイオの両親は特にイオの行動を咎めることもなく、何かを極めるか見つけるかは重要ということでイオ自体を受け入れているらしい。

学校に行かなくてもいいがテストの点数を確保するというのが条件で、腹立たしいくらいに勉強をしなくても比較的呑み込みの早いイオは、学年トップレベル保持しているらしい。
学校に行かない理由を聞くと、「勉強が将来どういったことに役立つのか?」という質問に対し大抵は「お前のためだ」という抽象的な答えしか返ってこないことが気に食わないそうだ。
年末が近づいてきたある日、思わぬタイミングで雪が降り始めあっという間に積もってしまった。しかし、図書館の中にこもりっぱなしだった希美は気づかず勉強をし続けていた。その頃にはイオも希美もお互いの隣に座るような仲になっていたものの、それ以上の発展というのは特になかった。

勉強する女子高生

お互いに背中合わせのような関係になっていた。
足踏みしている。
その言葉がぴったりと合うほど、距離感を測っていた。
その日に限ってイオは来なかった。
何かあったのかと思ったものの、センター試験目前だったためWiMAXをネットにつないで勉強を必死にしていた。
結局は大学進学を考えている希美だったが志望校は未定だ。
キミが好きなんだ!

泣きながら電話 女子高生

「帰るのか?」
声がするほうに振り返ると田山がいた。
「あれ?いたの?気づかなかった」
少し離れた場所にいた田山が、一気に距離を縮め希美の腕を掴み壁に押しつけた。
「ねぇ、もうオレと付き合わない?」
「なにいって…」

田山が消え入りそうな声で、泣き声をごまかしていることに気づいた。
「あんた、本気で言ってんの?」
田山は思い切り希美を抱きしめキスをしようと顔を近づけた。
「やめて!」
希美は田山を思い切り付き飛ばした。
「いってぇ…」
急いでその場から離れた。
何より、震えて怖かった。
WiMAXを持っていた希美はイオに連絡した。
「今から会える?」
「どうしたの?急に」
雪が降り積もる中、図書館に戻りたくなくて外灯の下でイオが来るのを待った。
イオの姿が見えて希美は駆け寄り抱きついた。
「お願い、離さないで」
「田山さんがキミでもいいやって襲ってきたんでしょ?」

その言葉に驚き顔をあげると、そっとイオは希美にキスをした。
希美はあまりのことに、走り出した。
恥ずかしさや嬉しさ、色々な気持ちが爆発してしまいその場にいられなくなったのだ。
驚いたイオは慌てて追いかける。
見失ってWiMAXを使いiPhoneで現在地を確認しながら希美を見つけた。

ハート

「逃げるなよ!キミが好きなんだ!」
「そんな大切なこというなら、名前で呼んでよ!」
「希美って書くんだろ!だったら、キミじゃんか!」

冷たい雪が降り積もり吐息が白くなるほど寒い中、二人の頬と心は赤く染まっていた。
WiMAX 比較について質問したら勘違い男に粘着された

仕事でパソコンもインターネットも使っているわりにはWiMAXというものがわからない毎日を過ごしていました。
みんなWiMAXを 比較していろいろ知っているようだったので恥ずかしくて周りの人には聞くことができないまま時は過ぎました。
当時、ツイッターをしていたのですがツイッターで家電量販店に勤めているという人と相互フォローになり、仲良くなりました。
ネットなら気兼ねなく聞ける!と思い、さっそく家電量販店に勤めているフォロワーに質問してみたところ教えてはくれたのですがイマイチわからず・・・。

結局わかんないから適当に話を終わらせようと思ったのですが、終わらせてくれないのです。
家電量販店に勤めているフォロワーは、自分が男であること、肥満体型であること、30代であること、変わった名前であることなど自分のことをぺらぺらと話すのです。

結論から言うと、とんでもない勘違い男でした・・・。
WiMAX 比較した結果、疑問を質問をしただけでなんと彼女認定されていたのです。
なぜか会う話になっていたので、全力でお断りしました。
お断りしたら当然のごとく逆ギレですよ。

バレバレの別アカウントで別人を装ってリプしてくるわ、私のツイート内容に関する文句をDMで送ってくるわ、私のツイート内容に絡めたエアリプをしてくるわ、引用RTした上で批判してくるわ・・・とんでもない地雷男でした。
ものすごい勢いで攻撃してくるかと思ったら、今度は「相談に乗ってほしいんだけど・・・」と明らかに私のことを他人に置き換えただけの相談をしてきたり本当に危ない人という感じでした。

勘違い男ってだけでも無理なのに、もう本当に無理なところばっかりだったんです。
家電量販店で接客業してるわりには接客に関する言葉も知らないし、言葉の使い方も間違ってるし、なんか可愛い子ぶってるのも無理でした・・・。
だって、肥満の30代(しかも後半)のおじさんが「ごめんなさいでした☆」とか「ありがとうでした☆」とか言ってるんだもん・・・無理ですよ。
他のフォロワーさんがドン引きするレベルの粘着でしたが、私も別のアカウントを取得して鍵付きにして今は平和にしてます。

頭を抱える女性

いやー、まさかWiMAXからこんなとんでもない男が釣れるとは思いませんでしたよ。
その後、WiMAXについては理解することができました。
勘違い男と違ってわかりやすーく説明してくれる人がいたもので、本当によかったです。

妖怪ウォッチのコマさんがきっかけでWiMAXを比較して買うことになった

子どもに人気の妖怪ウォッチですが、しれっと大人である私もハマっています。
子どもたちはゲームとして好んでいるようですが、私はアニメとして妖怪ウォッチにハマっています。
アニマックスだったかキッズステーションだったか忘れたのですが、妖怪ウォッチの再放送があったんですよね。
そのときは全然意識していなくて、作業用BGMみたいな感じで聞き流していたのですがふと気になってアニメを見たのです。
ちょうどコマさんが人間の女の子に片思いしてる話でした。
あのエピソードのコマさんめちゃくちゃ可愛いんですよ。
それで一気にハマってしまって、アニメも毎週チェックするようになったんです。
コマさんがアニメに登場する場合にはたいていの場合シリーズものとして出てくるのですが、その中に「コマさんと行くはじめての~」というシリーズがあるんです。

それでコマさんがWiMAXをたくさん比較して買ったんですよ。
もともとWiMAXは気になっていたので、コマさんが買うなら私も買ってみようということで買うことにしました。
近所にちょうどよくWiMAXのお店があったので本当に助かりました。
しかも、そこのWiMAXのお店のオーナーさん?店長さん?だかの偉い人が妖怪ウォッチ好きだったんですよ。
受付とかにも妖怪ウォッチのグッズがチラホラ置いてあったり・・・。
ただ、WiMAX 比較販売店のお偉いさんはコマさんではなくジバニャンが好きだった模様。
私はコマさんとその弟のコマじろうが好きなのです。
でも、妖怪ウォッチという共通点があったおかげかそのWiMAX販売店ではものすごくよくしてもらっています。

まぁ、オープンしてそんなに時間も経ってないし、そこまで繁盛しているわけでもないから仲良くしてくれてるだけなのかもしれませんけどね。
でもお客さんも増えてきたし、そこで仲良くできる人も増えてきました。
コマさんとコマじろうが好きという人にはまだ出会えてないですけど、なぜか妖怪ウォッチにはわりと詳しい人が多いので話すときには全然困りません。
妖怪ウォッチの話がここまで通じるWiMAXは他にはないと思っているので、このWiMAXしか使えないという感じです。
長く通っていきたいので、お客さんがもっと増えてくれるといいな。
WiMAX 比較販売店の経営もやっぱりいろいろと大変みたいですよ。

長続きしてほしいものです。
WiMAXの受信不調解消へ、専用ケース配布

リコールにはしないようだが、この件に関して、CEOは謝罪会見する予定だそうだ。
なんか半年ばかり前のトヨタ車暴走問題と似ているような気もする。
実際にWiMAXの受信状態には不安定な部分もあるらしいが、実用性でそんなに困るようなレベルではないっぽい。

だが、アメリカの大手消費者批評雑誌やサイトは、WiMAX 比較の購入は推奨しないとコメントしており、これらのメディアの記事はかなり影響力があるので、Appleが早急に根本的な対策を発表しないと、火が大きくなる可能性は高い。

マイクロソフトは、WiMAX 比較はAppleにとってのVistaになると、自分のとこで不評ひんぴんだった失敗OSを引き合いに出して、自爆ネタをやりながら皮肉っていた。
品質的な問題なのか、政治的な問題なのかは分からないが、Appleにとって逆風なのは確かだ。
Appleが、サムソンやLGのパーツ使うのやめて、アメリカや日本のメーカーから部品調達しますと方針変更したら、あっさりバッシングは止まるかも知れない。
もしくはサムソン財閥が、攻撃的な拡販戦略を撤回して、協調的に市場をシェアしましょうという方針になれば良いのかも知れない。

■WiMAXの受信不調解消へ、専用ケース配布
(読売新聞 - 07月17日 10:20)
浮気疑惑のある彼氏のWiMAX 比較した携帯電話を見ることは罪になるか
■ケース【彼女がケータイに登録してある女の名前をすべて消した!】
「オレの浮気を疑い、勝手にWiMAXを比較してケータイを見た彼女が女性の名前で登録してあった番号を全部消してしまった! 就職活動に必要な連絡先とかもあったのにどうしてくれるんだよ! 人の携帯って勝手に見てもいいものなのか!? これって犯罪じゃねーの?」(21歳男)

■裁判員の判決
浮気していたか、していないかが問題。もし、浮気をしていたのだったら「無罪」ということで!

■弁護士の見解
人のWiMAX 比較した挙句、ケータイを勝手に見たというだけでは難しい。「電子情報の損壊」という罪状がありますが、それは業務上の場合。このケースにはあたりません。ただ彼が何か具体的に金銭に換算できるような損害を蒙った場合は、民事での損害賠償の可能性はあるでしょう。

人の電子情報を勝手に消したら犯罪にきまっとるやんけ。浮気してるかどうかに関係なくWiMAX 比較も関係なく、重要な用事に必要な情報を消したら犯罪。

ここに書いてある裁判員の判断内容が、事象ベースじゃなく、感情ベースになってるのが実にしょーもない。浮気してたんだから消されて当然ってのは、借金したりギャンブルしたりする人間には人権がないと言っているのと同じこと。

そういうのはエスカレートしていけば、WiMAX 比較するだけではなく、酒飲みタバコ飲みにも人権はないとかそういうレベルの議論になってしまう。

弁護士の見解にも誤解を招く表現がある。
業務上過失の「業務」というのは、商業行為のことではない。

『業務上過失致死傷の業務とは、人がその社会生活上の地位に基づいてWiMAX 比較と反復継続して行う行為で、他人の生命、身体に危害を加える恐れのあるものをいいます。そして公私を問わず、また収入や利益をともなうかどうかを問わないとされています。 従って、自動車の運転の場合、営業のための運転はもちろん、通勤や買物、食事、レジャーなど営業目的でない運転もすべて業務上とされます。無免許であっても反復継続して運転していれば業務上とされるのです』

だそうで、責任能力がある人が、他者の生命身体を傷つけた場合は、ほとんど「業務上」ということになる。
車で人を怪我させたら、全部業務上に当てはまる。

WiMAXでつなげて、電子情報を取得し損壊した場合は、社会的生命を傷つけたということになるのだろう。
公文書や、銀行口座の情報を損壊したら完全にアウトだろう。
顧客名簿や、学校の生徒名簿でもアウトじゃないだろうか。

趣味で集めてきたテキトーな情報ではなく、当人にとって財産と成り得る情報や、他者との関連性つまり社会的地位を定義する情報を損壊したら、それは社会的生命を傷つけたのだから、業務上の罪にあたる気がする。

今まで一回もWiMAX 比較してケータイを操作したことのないおばあちゃんが、間違って孫のケータイとWiMAXを比較した電話帳を削除してしまいましたという場合は、業務上に当たらなさそうだが、WiMAXとケータイを所有していて、操作方法も知っている者が、意図的に他者の電話帳を削除したら、それは業務上に当たるだろう。

ひそかにダイエット
フィットネスクラブが趣味 兼 生活の一部と化している、サイト管理者のボケです。

フィットネスクラブは21歳からいきはじめ、仕事が忙しくてダメだ、行く時間ねぇってなって、職場の近くのテッィプネス、帰り道の駅のルネサンス、地元のフィットネスと最大3か所に行ってますた、病的にフィットネスクラブが好きです。

エグザス、ティップネス、ルネサンス、ワウディ、ザ・スペース、地元すぎて語れないL・・・、などなど、たぶん、セントラルとかも行ったことあるよなぁ????。

数々のフィットネスクラブに通っていたボケですが、フィットネスクラブフェチにしかわからないであろう、あの、行かなかったときのダルさ、行ったあとの爽快感、朝フィットネスクラブに行けば、仕事のパフォーマンス200%増し、夜行けば、睡眠はバッチリ熟睡、翌朝は全快になる効果は、フェチにしかわからないかもしれません。

そこまでフィットネスクラブっていいか?って思う人も多いと思います。たぶん、通っている頻度と期間、トレーンングの内容、のどれかが薄いのだと思います。

なぜなら、ボケと知り合ってしまったためにフィットネスクラブに行った人は多数いますが、続いている人は、もう、フィットネスクラブなしでは生きられない。引っ越し、マンションの購入、フィットネスクラブ中心に考えるようになります。

最近のお気に入りは、ザ・スペースで、ほぼ毎日行っています。

このザ・スペースは、元々ワウディだったけど、ワウディ撤退で、ハードは全部そのままザ・スペースが引き継いだいわゆる、オーナーチェンジフィットネスで、ジムエリアのマシン、フリーウェイト、スタジオ×2、岩盤浴、ジャグジー、シャワーム、サウナ、と文句のつけようがない、唯一残念なのは、プールが無い、満足度の激高フィットネスです。

しかも、駅前物件じゃないので空いてる。

マシントレーニング主体だったのですが、最近、フリーウェイトに目覚めて、ベンチプレスが日課です。チンキング(けんすいね)100回が目標です。

フリーウェイトに目覚めた結果、1つだけ問題が起きています。細マッチョが基本なのですが、結構マッチョになってきてしまい、これ、ビジュアル系目指してるボケにとっては大問題じゃね????になってます。

フィットネスクラブは、マジで行ったほうがいいよ。これ、マジ、大マジな話で、肉体年齢は確実に若返るっていうか若い状態を維持できます。やる気になれば、体脂肪率なんて10%軽く切れます。ボケはどこまでやれるか、去年の秋トライしたんだけど、体脂肪率7%という驚異の数字まで落としました。

体重も58キロから、怖くて言えねぇ、40キロ台まで落ちました。

あと、どの辺鍛えて、とか、部分的に鍛えれば、超理想的な肉体に、結構簡単い成れるんですわ。以上。


「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 支払総額 比較  2019年12月6日
36カ月の支払総額 キャッシュバックを受取失敗したときの支払総額 キャッシュバック金額 公式サイト
No1 GMO 2年 66,954円 101,004円 34,050円 サービス終了
No2 ソネット 121,680円 0円 公式サイトへGo!
No3 GMO 115,060円 152,160円 37,100円 公式サイトへGo!
No4 Broad WiMAX 128,626円 0円 公式サイトへGo!
No5 DTI WiMAX 126,670円 0円 公式サイトへGo!
BIGLOBE 126,310円 156,310円 30,000円 公式サイトへGo!
UQ WiMAX 144,680円 157,680円 13,000円 公式サイトへGo!
nifty 121,140円 151,140円 30,000円 公式サイトへGo!
カシモWiMAX 134,048円 0円 公式サイトへGo!
3WiMAX 廃止 廃止 廃止

「Flat ツープラス ギガ放題3年)」プラン 月額料金 比較  2019年12月6日
36カ月の平均月額料金 キャッシュバックを受取失敗したときの平均月額料金 キャッシュバック金額 公式サイト
No1 GMO 2年 2,789円 4,208円 34,050円 サービス終了
No2 ソネット 3,380円 0円 公式サイトへGo!
No3 GMO 3,198円 4,226円 37,100円 公式サイトへGo!
No4 Broad WiMAX 3,572円 0円 公式サイトへGo!
No5 DTI WiMAX 3,518円 0円 公式サイトへGo!
BIGLOBE 3,508円 4,341円 30,000円 公式サイトへGo!
UQ WiMAX 4,102円 4,380円 13,000円 公式サイトへGo!
nifty 3,365円 4,198円 30,000円 公式サイトへGo!
カシモWiMAX 3,723円 0円 公式サイトへGo!
3WiMAX 廃止 廃止 廃止
Wi2ワイワイ君全プロバイダーを表示する

注意)キャッシュバック、月額料金だけで判断すると、故障の補償やその他のオプションサービスで泣く可能性があるので、金額だけでなくサービス全体を見て判断するのがポイントです。

  • WiMAX 比較 第2位 GMO キャッシュバックが37,100円が強烈! 2019年12月6日

    WiMAX 比較 第2位 GMO

    GMOとくとくBBは、とにかくキャッシュバックがスゴイ。

    12月現在では、キャッシュバック最大で37,100円でキャッシュバック 業界No1。

    キャッシュバック37,100円はスゴイんですが、GMOの本当に安いプランは「ギガ放題 2年プラン」です。

    「ギガ放題 2年プラン」のキャッシュバックは32,400円で、ギガ放題 月額実質料金を計算すると、2,789円のブッチギリの安さ!

    「ギガ放題 2年プラン」は激安だったのであっという間に売切れのサービス終了になってしまいました。


    GMOとくとくBB キャッシュバックの受け取り方(公式サイトより抜粋)

    1)キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛に「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」を送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

    2)基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。

    3)ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合はキャッシュバックを受け取れません。
    GMOのキャッシュバックの受け取り方を簡単に説明すると

    • 1.GMOとくとくBBでWiMAXを契約する際、GMOとくとくBBが運営するGMOとくとくBBのメールアドレスを作成する必要があります。
    • 2.作成したBBのメールアドレスに11か月目に「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」が届きます。
    • 3.「キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メール」の指示に従い、キャッシュバックの振り込み先口座を登録すれば完了です。
    • 4.キャッシュバックの振り込み先口座を登録があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。
    • 5.ご指定口座確認のご案内メールの送信日より翌月の末日までにお受取口座(金融機関名、支店名、口座種別、口座番号、口座名義)のご連絡をいただけなかった場合、またはお受取口座情報に不備がある場合、キャッシュバック特典は適用されません。鬼だ ((+_+))
    ポイントは、メールの届く日が、11か月目の何日か?わからないところです。普段使うメールアドレスとも異なるアドレスなので、うっかり忘れる可能性大です。

    GMOはソネットのような「22カ月目以降は機種変更0円で最新機種に変更できる」といった神対応サービスはありません

    2年契約でも、24カ月目には新たに契約して、最新機種に乗り換える必要があります。

    GMOのWiMAXルーター(WiMAX機種)ごとのキャッシュバック 2019年12月6日
    機種契約年数キャッシュバッククレードルセット
    キャッシュバック
    ハイスピードプラスエリアモード
    (au 4G LTE)
    W063年32,000円クレードルは存在しません無料
    WX053年32,000円29,000円無料
    W053年37,100円33,100円無料
    Speed Wi-Fi HOME L023年31,050円無料
    WiMAX HOME 013年31,050円無料

  • WiMAX 比較 第1位 ソネット So-net ギガ放題 36カ月 月額固定 3,380円 ギガ放題がキャッシュバックなしでも安い! 2019年12月6日

    WiMAX 比較 第1位 ソネット So-net

    ソニーグループのソネットは会員数は200万人以上の大手プロバイダです。

    「光ファイバー」から「WiMAXなどのモバイル通信」まで料金や地域、利用・住居形態に合わせた多彩なサービスを提供しており、安心して利用できます。

    ソネットを第1位に押す理由は、ギガ放題の月額料金が36カ月固定3,380の驚異的な月額固定料金を実現しているところです。

    キャッシュバックがなくても、合計36,000のキャッシュバックに相当する割引をギガ放題 月額基本料金だけで実現しています。

    さらに、うれしいサービスがコレデモか!と言わんばかりに付いてきます。

    • キャッシュバックなしでも、ギガ放題 36カ月 月額固定料金で3,380という驚異的な安さ!
    • ギガ放題 月額固定3,380なので、キャッシュバックを受け取る必要もない!キャッシュバック受け取りのわずらわしさから解放されよう!
    • アフターサービスが充実で安心。

      ソネット安心サポートでインターネットやパソコンの疑問を電話(21時まで)、リモートサポートで解決。初心者も安心して使えるサービスが1年間無料!
    • セキュリティソフトのカスペルスキー 500円/月が1年間無料!
    • 22カ月目以降には新機種を無料でプレゼント!
    • 申し込み日の翌日発送。機種が届いてからすぐに使える。
    ソネットのキャンペーンは、

    受け取り難易度が高いキャッシュバック キャンペーンではなく、ギガ放題月額料金そのものが安いキャンペーンです。




このページの先頭へ