WiMAX通信速度制限 超危険 ハイスピードプラスエリアモード‎の通信速度制限は7ギガ超で128Kbpsに

WiMAX通信速度制限 超危険 ハイスピードプラスエリアモード‎の通信速度制限は7ギガ超で128Kbpsに

WiMAXの通信速度制限のまとめ

契約形態:ギガ放題の通信速度制限
通信速度制限発生条件通信速度制限内容通信速度制限解除方法
通信量が直近3日間で10Gバイトを超過した場合 ネットワーク混雑時間帯(18時頃~翌2時頃)概ね1Mbps(YouTube動画の標準画質レベルが視聴可能な速度)で通信) 通信速度制限を受けた翌日に解除
通信量が月初からハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+ と au 4G LTE を併用)で7Gバイトを超過した場合 翌月の初日まで、ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+ と au 4G LTE を併用)および、ハイスピードモード(WiMAX 2+ 440Mbps or 558Mbps)は 128Kbpsに通信速度制限 通信速度制限を受けた翌月の初日に解除
WiMAX 2+ ギガ放題 の通信速度制限をまとめてました。

ハイスピードプラスエリアモードの通信速度制限を受けると、ハイスピードモードも同時に「128Kbps に通信速度制限」というのは、かなり厳しいですね。

ハイスピードプラスエリアモードの通信速度制限には十分に注意して使用する必要がありそうです。

10GBってどのくらい? | データ量10GBの目安

データ量10GBの目安

通信速度制限がかからない利用イメージ

WiMAX 通信速度制限がかからない利用イメージ

通信速度制限がかかる利用イメージ

WiMAX 通信速度制限がかかる利用イメージ

1日に大量のデータ通信をした場合の通信速度制限イメージ

WiMAX 1日に大量のデータ通信をした場合の通信速度制限イメージ


契約形態:フラット7ギガの通信速度制限
利用回線 通信速度制限 発生条件 通信速度制限 内容 通信速度制限 解除方法
ハイスピードモード、ハイスピードプラスエリアモード 月初からの通信量が7ギガを超過 128Kbps に通信速度制限 通信速度制限を受けた翌月初日に自動解除


ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+ au 4G LTE)のそんなバナナ・・・な罠

WiMAX 2+ は、WiMAXと同様に高速だが遮蔽物・障害物に弱い電波(2.5GHz帯、5GHz帯)を使っています。

高層ビルの上層階、高層マンションで窓のない部屋、地下鉄、大規模ショッピングモールなどで、外から電波を取り入れる場所、例えば窓が開かない建物など、WiMAX 2+が苦手とする遮蔽物・障害物です。

そこで、遮蔽物・障害物に強いプラチナバンドの電波を使用したハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)を使いたくなるのは、前述のような建物の中などです。

au 4G LTE 800MHzはプラチナバンドと呼ばれ、どんな場所でも、とても良くつながります。

でも、実はとても注意して au 4G LTE 800MHzを使わなくてはならない罠が、WX04、W05、L01sのハイスピードプラスエリアモードには組み込まれています。

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)のひと月の通信上限は7Gバイト。これを上回ると自動的に、通信速度制限の128Kbpsになります。通信速度制限は月末まで解除されません。

でも、ハイスピードモード(WiMAX 2+)があるから、W06、W05(558Mbps/75Mbps)または WX05、WX04(440Mbps/50Mbps)の通信は生きていると思いますよね。

なんと、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)に通信速度制限を受けると、ハイスピードモード(WiMAX 2+)も同時に通信速度制限の適用を受け、128Kbps程度に減速され、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)の通信制限が解除される次月まで、ハイスピードモードW06、W05(558Mbps/75Mbps)または WX05(440Mbps/50Mbps)128Kbpsに通信速度制限を受け続ける という、はぁ????それは????詐欺?????ですか・・・

という鬼のようなオシオキになるのです。

この同時制限、おそらく、WiMAXルーターの問題ではなく、基地局側で制限は同時にしか掛けられない仕様の機器が入っていると推測できます。(SEですので、通信機器くらいはわかります。)

いい加減、早くなんとかしてくれないものでしょうかねぇ。

なお、ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE 800MHz)を6.9Gバイトまで使用して、ハイスピードモード(WiMAX 2+ 440Mbps/50Mbps or 558Mbps/75Mbps)に戻し、そのまま、ハイスピードモードで月末まで使った場合は当然セーフです。

通信速度制限の対象にはなりません。

au 4G LTE 800MHzを使いたくなる局面は、一般の人にはあまり縁がありませんが、外からの電波の入りにくいサーバルームとかで、au 4G LTE 800MHzが使えない WiMAX 2+ は 役立たずの死にたいです。

au 4G LTE 800MHzならなんとかツナガルレベルの強固なサーバルームなんて東京に数千とあるわけで、上限を気にしながら使うのはとても不自由です。

身近なところでは、巨大なイオンの中心部に近い場所だと電波が切れることがあります。au 4G LTE 800MHzなら楽勝でつながります。



なお、UQ コミュニケーションズに問い合わせた質問と、回答です。

質問) え~と、au 4G LTE 800Mhzで 7ギガ 使い切った場合の制限を受けた時、WiMAX 2+ も 128Kbpsまで落ちるのでしょうか?

回答) ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+ + au 4G LTE)を 7Gバイト まで使用した場合は、ハイスピードモード(WiMAX 2+)に変更してもギガ放題でもその月は128Kbpsの通信速度制限となります


質問) ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+ + au 4G LTE)を6.9Gバイトまで使用し、ハイスピードモード(WiMAX 2+)に戻し、月末までハイスピードプラスエリアモードを使用しなければ、ハイスピードプラスエリアモードも、ハイスピードモードも通信速度制限を受けませんか?

回答) はい、ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX 2+ + au 4G LTE)を6.9Gバイト まで使用し、ハイスピードモード(WiMAX 2+)に戻し、月末まで使用し続ければ、通信速度制限は受けません

・・・なるほど、寸止めOKという仕様ですね。

・・・・スッキリ理解できました。ありがとうございました。乙

「ワンタイムHS+A」が超便利
WX05
WX05には、「ワンタイムHS+A」という機能があり、ハイスピードプラスエリアモードの速度制限がかかる7ギガを超過することを防ぐ機能があります。

具体的には、「ワンタイムHS+A」で、指定したハイスピードプラスエリアモードの通信量に達すると、自動的にハイスピードモードに戻すという機能です。

ハイスピードプラスエリアモードは7ギガを超過した場合、ハイスピードプラスエリアモード、ハイスピードモードの両方を128Kbpsに速度制限してしまい、月末を超えないと解除されないという、WiMAX 2+最大のワナがあります。

この、最大のワナを回避できる優れた機能が「ワンタイムHS+A」です。

この機能は、WiMAX 2+ルーター全機種に搭載してほしいです。



このページの先頭へ